5G

ドコモの5G対応機種はいつごろ発売?2020年春モデルをチェック!

更新日:

これからは5Gの時代になると聞いたことがありませんか。

5Gというのは新しい移動通信方式のことで、現状の100倍近くの通信速度が望めると言われています。

しかし、いったいいつから使えるようになるのか分からない方も多いと思います。そこでこの記事ではドコモユーザー向けに、いつからドコモで5G対応機種が販売されるのか説明します。

このコラムを読んで、ドコモの5G対応スマホを購入してください!

ドコモの5G対応スマホはいつ発売?


5G対応のスマホが販売されるのは間違いないのですが、いつ販売されるのでしょうか。ここではドコモ5G対応スマホがいつ発売されるのか、説明します。

2020年のサービス提供開始を目指す

ドコモの公式ホームページには2020年のサービス開始を目指すと書かれています。
そのため、現在ドコモでは、2020年のサービス開始に向けて研究開発を進めています。

また、2020年のサービス開始に向けて、ドコモショップで体験会を実施したり、体験イベントを開催したりしています。

2019年9月20日からドコモショップで5Gの体験ができる!

ドコモショップでは5Gの体験ができるようになっていますが、まだ全国どこのドコモショップでも体験できるというわけでありません。

東京・埼玉・愛知・大阪とまだ限られた地域のみで体験できる状態です。今後、体験できるドコモショップは増えていくと思われます。

東京ソラマチで5G体験ができる!

東京ソラマチでは「PLAY 5G 明日をあそべ」という体験会が開催されており、ドコモの5Gが体験できます。ドコモ一社で行っている体験会ではなく、他社と一緒に行っています。
例えば、ゲームはもちろんのこと、VR体験も無料でできます。他にも遠隔操作や遠隔合奏もできます。5Gでどのようなことができるのか体験する場所としては最適です。

東京ビックサイトで2020年1月イベント開催!

東京ビックサイトでドコモはイベントを開催します。ドコモが毎年開催しているイベントですが、今年は5Gに注目されています。
5Gは特別展示として「5Gが拓くロボットの進化と人の可能性」「5Gによって支えられる新時代のエンターテインメント」が開催されます。

ドコモが5Gに力を入れて、他の技術と連携することを視野に入れていることがよく分かります。

冬春モデルでは5G対応機種は無し

ここまでドコモが5Gを開始するために積極的に進めているのは分かったと思いますが、冬春モデルでは5Gに対応した機種は発表されませんでした。

しかし、2020年サービス開始を予定しているわけですから、今後、5G対応の機種が発表されることが予想されています。

ドコモの2020年冬春モデルをチェック!

ドコモは2020年の冬春モデルを発表しています。先ほども述べたように5G対応の機種ではなく、4Gの集大成という位置づけです。

冬春モデルでは、スタンダードモデルが「Galaxy A20 SC-02M」と「AQUOS sense3 SH-02M」の2機種、ハイスペックモデルが「Xperia 5 SO-01M」「Galaxy Note10+ SC-01M」「AQUOS zero2 SH-01M」の3機種です。
それぞれのモデルを簡単に紹介してみます。

「Galaxy A20 SC-02M」

価格が19440円という格安で、初心者に使いやすいスマホだと言えます。簡単モードに切り替えることもできるので、年配の方でも使うことができるでしょう。

スペックは劣りますが、スマホをメインにさまざまなアプリを使うことが無い人なら問題ないでしょう。

「AQUOS sense3 SH-02M」

価格は2万8800円で「Galaxy A20 SC-02M」よりも高いですが、その分、性能も優れています。AQUOSは人気機種なので、注目されています。

バッテリーも長持ちしますので、機種代は抑えたいが、性能もそれなりに欲しいという方にはオススメでしょう。

「Xperia 5 SO-01M」

「Xepria 5」は、「Xperia 1」よりも画面が小さくなり、スペックも抑えています。ただし、画面が小さくなった分、片手で操作しやすくなり、性能もそれほど差があるわけではありません。
価格は7万9920円で、購入しやすい価格になっているのではないでしょうか。

「Galaxy Note10+ SC-01M」

約6.8インチの大画面で、付属のSペンで文字や絵をかくことができます。メモ帳代わりに使うことができるのは便利ですね。
手書きでメモしたものをワードに変換して、他の人と共有することも可能です。カレンダーに手書き入力もできます。これがあれば手帳はいらないかもしれませんね。

価格は11万160円でそれだけ機能が充実しているということでしょう。

「AQUOS zero2 SH-01M」

AQUOSのハイスペックモデルは8万円台での販売予定です。その特徴はタップをされているのに、それが認識されないことを防ぐ仕様になっています。
普段の操作だけであれば、そうした機能は必要ありませんが、アクションゲームなどをする人にとっては、タップしても認識されないのはストレスです。

スマホでゲームをする人で、タップしても認識されないストレスを感じている人にはおすすめの機種でしょう。

ドコモに5G対応モデルが発売されたらなにができる?

ドコモの5Gモデルはまだ発表されていませんが、5G対応のモデルが発売されると何ができるのでしょうか。ここでは5G対応モデルでできることを紹介します。

高速・大容量通信が可能に

スマホが5Gに対応することで、高速で大容量通信が可能になります。例えばYoutubeなどの動画を快適に視聴することができます。
それだけではありません。例えばスポーツ観戦でいろいろなアングルから映像を送り、それをスマホで受信することが可能です。

これまで容量に制限があって配信できなかったコンテンツを受信できるようになるわけです。VRなどもスマホを通して視聴可能です。

低遅延で遠隔操作が可能に!

工事現場で機械を動かす場合、必ずそこに人が乗り込まなければなりませんでした。
これまでも遠隔での操作が可能でしたが、どうしても通信の遅延の問題があり、反応が鈍いという欠点があったわけです。

しかし、5Gに対応することで、遠隔操作で機械を動かすことが可能になります。
それは5Gが低遅延を実現しているからです。

遠隔でもリアルタイムに機械を操作できるのであれば、危険な場所での操作は機械のみに行わせ、人間は遠隔で操作することも可能になります。

こうしたことが大がかりな設備が必要になるわけではなく、スマホだけで実現できるようになるというわけです。

多数端末接続で情報を集約できる

多数端末接続は同時に接続できることで、あらゆる情報を集約して共有できます。
例えば、家電をスマホに接続して情報を共有したり、屋外の設備との情報共有も可能です。

例えば、屋外にある監視カメラとの連携も可能になりますので、危険な情報を共有できます。
また、スマホを使って自動車の自動運転を制御することも可能です。

こうした技術を使うことで、自動車の完全自動運転も実現できる可能性があります。

WiFiはいらなくなる? 通信量の制限は無し?

先ほど述べたように、5Gによって高速で大容量通信が可能です。そのため、今後WiFiもいらなくなるのではないかという人もいます。
また、これまでは通信制限がありましたが、そうした制限も無くなるかもしれません。

これは実際に5Gにならないと分かりませんが、今後、通信業界が大きく変わるのは間違いないでしょう。
その際には携帯会社によってサービスも変わる可能性がありますので、ドコモ以外のサービスがどのようになるのか、参考にした方が良いでしょう。

まとめ

ここまでドコモの5Gについて説明してきました。
まだ5G対応の機種は販売されていませんが、2020年のサービス開始に向けて今後対応機種が発売されるのは間違いありません。

この記事で紹介した5Gを体験できる場所で5Gについて理解し、5Gでできることを参考にして、今後発表される機種を選ぶようにしましょう。

ワイモバイルの5Gについて知りたい方はこちらへ

ワイモバイルは5Gに対応する?国内で対応するキャリアは?

続きを読む

-5G

Copyright© DigitalNews365 , 2020 All Rights Reserved.