Androidスマホのアプリの完全削除方法/無効化や非表示との違いも

日常生活を送るうえで、スマートフォンのアプリは欠かせない存在になってきました。家計簿をつけたり、通勤・通学のルートを調べたりと様々な場面で役立ちます。

だからといって、あれもこれもとインストールすると、スマートフォンの動作を遅くしてしまう原因になります。使わないアプリはアンインストールするのがオススメです。

そこで本記事では、Androidスマホからアプリを完全にアンインストールする方法を紹介します。

削除/無効化/非表示の違い

アプリをAndroid上から見えなくする方法は3つあります。

  • 削除
  • 無効化
  • 非表示

しかし、それぞれ仕様が異なります。まずは、この3つの違いについて簡単にご紹介させて頂きます。アプリを完全に削除するだけでいいという場合は、この章は読み飛ばしてください。

アプリの削除

削除はスマホにインストールしたアプリを端末から完全に消去します。

ゲームアプリの場合は、そのままデータが削除される恐れがあります。改めてインストールしても、アプリ内にあったデータは復旧しません。

ちなみに、GooglePlayで購入した有料アプリの場合、アンインストールした後にインストールしても、追加で料金が発生することはありません。

アプリの無効化

アプリの無効化とは、スマホを購入した時点でインストールされているアプリを起動しないようにし、画面に表示されないようにする設定です。

プレインストールされているアプリはアンインストールすることができず、無効化した場合はシステムに不具合を起こすかのうせいもあるため注意が必要です。

アプリの非表示

非表示とは、ホーム画面やアプリの一覧から対象のアプリを隠しつつ、アプリのデータや使用はそのまま可能となる設定です。

使用しているアプリを他人に隠したいときに便利です。

Androidアプリの完全削除方法

Androidスマホからアプリをアンインストールする方法は、スマホを使って削除する方法とGoogle Play上から消す方法の2種類あります。今回はそれぞれの削除方法を「SONY Xperia SO-4J」を実例に説明します。

【1】Androidスマホから削除する方法

まずはAndroidのホーム画面から、「設定」をタップします。次に、「アプリと通知」の項目をタップします。

「アプリと通知」では、自分のスマホにアプリがどれだけインストールしているかを知ることが出来ます。

次に「アプリ情報」をタップしてください。すると、現在、自分のインストールしているアプリが一覧となって表示されます。右上のメニューボタンを押すと、スマホ本体に初めからインストールされているアプリを表示できます。

アプリ一覧から、アンインストールしたいアプリをタップします。あとは「アンインストール」をタップすればアプリの削除は完了です。

上記の方法以外にも、ホーム画面にあるアプリのショートカットを長押しすると、アプリ情報とアンインストールが表示されます。

アンインストールをタップすれば、アプリがスマホ上から削除されます。

【2】Google Playから削除する方法

アプリのアンインストールはGoogle Playからでも可能となっています。

Google Playを開き、アンインストールしたいアプリを検索します。インストール済みの場合、上記のようにアンインストールの選択肢が表示されます。

あとは「アンインストール」をタップして削除完了です。

残ったゴミデータを削除するには

ここまでアプリの削除の方法を紹介しましたが、実は完全に削除されたとは言い難いです。というのも、アプリを削除しても、そのアプリがインストール際に作成された、データ保存用フォルダなどが残されているケースがあります。

再びインストールした時に、設定する手間を省くために残されるため、容量は少ないです。

だからといって放置したのが積み重なると、意外と容量を取ってしまいます。一度アンインストールしたアプリを使うというケースも少ないため、消去するのが最善です。

そんな時に役立つのが「Advanced Mobile Care」というアプリです。

インストールして開くと、中央にスキャンのボタンがあります。タップすると不必要なファイルをスキャンしてくれます。

最後に「修復」ボタンをを押せば、スマホ内のゴミデータが削除されます。

「Advanced Mobile Care」以外にも、スマホ内の掃除をしてくれるアプリはあります。自分にあったアプリを探すのもオススメです。

Google PlayストアでDL

スマホからアプリを削除できない理由

アプリのアンインストールを行っても、アプリが残ってしまう場合、考えられる原因が2つあります。

【1】プレインストールされたアプリのため

スマホから標準でインストールされているアプリは削除できません。非表示にするとシステムに不具合を起こす危険性もあります。それでも削除したい場合は、無効化という手段があります。

設定アプリを開き、「アプリと通知」→「アプリ情報」と進みます。プレインストールされているアプリを選択し、「無効化にする」をタップするとアイコンの表示は消えます。

【2】アプリが不具合を起こしている

プレインストールしたアプリではなく、自分でインストールしたアプリが削除さえ出来ない場合は、アプリ自体が不具合を起こしている可能性があります。

まずはスマホを再起動して、一度リセットをしましょう。それでもダメな場合は、スマホをセーフモードで起動してアンインストールをしましょう。

セーフモードの起動方法は、ご使用のスマホのマニュアルをご確認ください。セーフモードになると、上記のような画面が表示されます。あとはこの状態で該当のアプリをアンインストールして、セーフモードを解除します。

最後に

以上、Androidからアプリを完全削除する方法についての紹介でした。

便利だからといって、アプリを大量にインストールしていると、容量を圧迫してしまいます。電力の消費も多くなり、スマホに余計な負荷をかけてしまうため、こまめに整理するのがスマホを長く使う秘訣です。