iPhone/Android/ガジェットレビュー/ポケットWiFiなど、IT関連情報を365日お届けしています。

DigitalNews365

ドコモ

dカード GOLDのメリット・デメリット/誰も言わない真実について

更新日:

ドコモが発行する「dカード GOLD」。ドコモユーザーであればあるほど使いやすいクレジットカードのため、これからdカード GOLDを発行しようか迷っているドコモユーザーも少なくないのはないでしょうか。

しかしクレジットカード全般に言えることですが、きちんとメリット/デメリットを把握しておかないと損得がハッキリと分かれてしまいます。

そこで本記事では、dカード GOLDの本当のメリット/デメリットについて紹介していきます。

スポンサーリンク

dカード GOLDのメリット

dカード GOLDは年会費がかかるクレジットカードなだけあり、様々なメリットが存在します。

【1】ドコモのスマホ代を10%還元

ドコモのスマホ代の支払いをdカード GOLDで行う場合、ポイントを10%還元してもらえます。つまり、毎月9,000円のスマホ代を支払っているならば、次のようにdポイントが貯まることになります。また、dカード GOLD未保有の場合のdポイントについても記載します。

dカード GOLD保有dカード GOLD未保有
例)毎月のスマホ代が9,000円の場合
9,000円 × 10% × 12ヶ月 = 年間10,800のdポイント
例)毎月のスマホ代が9,000円の場合
9,000円 × 1% × 12ヶ月 = 年間1,080のdポイント

上記を見て分かる通り、dカード GOLDは「1,000円につきdポイント100ポイント貯まる」ので、dカード GOLD未保有の方と比べて、年間9,720のポイント差が生まれます。

なお、10%還元の注意点もあります。それに関しては、記事後半のデメリット部分にて説明しています。

10%還元してもらうためには、dカード GOLDをdアカウントと紐づけておく必要があります。

【2】ドコモ光の利用料も10%還元

ドコモのスマホ代だけでなく、dカード GOLDでは、ドコモ光の利用料も10%還元してくれます。こちらもスマホ代同様に「1,000円につき、dポイント100ポイント貯まる」用になっています。

dカード GOLD保有
例)毎月のドコモ光代が4,800円の場合
4,000円 × 10% × 12ヶ月 = 年間4,800のdポイント

また、シェアパックの代表回線の人も10%還元の対象となっています。

毎月の支払いをdカード GOLDにするだけで、年会費以上のdポイントを得られる事があるので、ドコモユーザーと相性は抜群と言えます。

10%還元してもらうためには、dカード GOLDをdアカウントと紐づけておく必要があります。

【3】ローソンでの買い物で最大5%還元

dカード GOLDはスマホやドコモ光の支払いだけでなく、通常の店舗で使う場合にもお得な特典があります。例えば、ローソンで買い物をする場合は、dポイントが最大5%還元となります。これはクレジットカード業界でも最大級の還元率となっています。

最大5%還元の仕組みは次の通りです。

dカード提示(1%) + dカード決済(1%) + dカード GOLD決済特典(3%) = 5%のdポイントを還元

dカード GOLDはどこの店舗で使っても、dポイントが100円(税抜)につき1ポイント貯まります。そして、ローソンで利用するとさらに3%還元という特典がつくメリットがあります。

「最大」と書いているのは、一部対象外の商品やサービスがあるためです。ただ、ほとんどの商品で3%還元の特典が付きます。

【4】dカード特約店で使うとポイント還元率UP

dカードには「特約店」という店舗が存在します。dカード特約店とは、その店舗でdカードを利用すると、別途1%以上のポイントを還元してくれるお店のことを指します。

例えば、マツモトキヨシやタワーレコード、ドコモ系列のネットショップなどでdカード GOLDを使うと、ポイントが上乗せされます。

1点気をつけたいのは、iD決済でポイントが貯まるお店と、クレジットカードのみの決済でポイントが貯まる店があることです。

【5】iD利用でキャッシュレス

dカード GOLDにはデフォルトで「iD」がついてきます。iDとは、スマホやクレジットカードを専用の端末にかざすだけで決済ができる電子マネーサービスです。

iD決済に対応している店舗に行く場合、財布がなくてもスマホのみのキャッシュレス決済できるというメリットがあります。

最近はApple Payの登場で、日本でもiDを始めとした電子マネー決済が浸透しつつあります。時代に乗り遅れないようにするという意味でも、1枚iD機能がついたクレジットカードを持っておくのも良いでしょう。

【6】貯まったポイントの使い道が多数

dカード GOLDを利用して貯まったポイントは、様々な事に利用することが出来ます。

例えば、スマホ代の料金、データ量のチャージ、ドコモ商品との交換などのドコモサービスに利用できたり、dポイント加盟店のローソンやマクドナルドの支払いにdポイントを使えたりします。

さらに、JALマイルと相互交換、Pontaポイントと相互交換も可能。2,000ポイントで2,000円分のiDキャッシュバックできたりと、利用の仕方は様々です。

【7】ケータイ補償がついてくる

携帯会社ならではのメリットとして、ドコモの「ケータイ補償」特典がついてきます。

dカード持つ人のみが対象のサービスで、もしスマホを紛失したり故障させてしまった場合、端末の購入から3年間以内であれば、最大10万円分の補償をしてくれます。

例えば、80,000円で購入したドコモのスマホを、購入して2年で紛失してしまった場合、同一機種・同一カラーのスマホをdカード GOLDで購入したら、後から80,000円キャッシュバックしてくれます。

補償キャッシュバックの内訳ですが、dカード GOLDの毎月の利用料金から補償金額を減額する方式を取っています。なので、一度自腹で購入した翌月に、その購入分の金額を打ち消す形になります。

なお、dカード GOLDの請求額が補償金額に満たない場合は、差額分の金額を決済用の口座に振り込んでくれます。

【8】28の国内空港ラウンジを利用無料

dカード GOLDを持っている方は、全国28の空港でラウンジを利用することが可能です。

空港のラウンジでは、フリードリンクや軽食、新聞や雑誌などをゆったりとしたソファーで楽しめます。ちょっと高級な待合室のようなイメージです。

また、ラウンジ内には有料のシャワールームもあり、飛行機に乗る前にちょっとスッキリしたい人に人気です。

【9】海外旅行保険/国内旅行保険つき

海外旅行や国内旅行をしている際、スマホが盗難された、ホテルの備品を汚してしまった、怪我をして現地で治療をしたという場合、dカード GOLDの旅行保険を利用することが出来ます。

飛行機ではよくある、天候悪化のための運転見合わせ時にかかる思わぬ別費用も、dカード GOLDさえあれば補償をしてくれます。海外旅行の場合最大1億円までの補償、国内旅行だと最大5,000万円となっています。

【10】家族カード1枚目は年会費無料

dカード GOLDは、本人の年会費は10,000円(税別)かかりますが、家族カードを発行する場合、1枚目は年会費無料となります。

2枚目以降は無料とはいきませんが、年会費たったの1,000円(税別)で利用できるのもメリットの一つ。

【11】学生でも申込みできる

クレジットカードの種類によっては、学生は申し込みすらできないところもあります。学生OKでも、年齢は20歳以上じゃないとダメという場合も。

しかし、dカード GOLD場合は、学生で継続的な支払能力があると判断されたら、20歳以上でなくてもdカード GOLDに申し込みすることが可能です。

学生のうちからゴールドカードを持てるのは、ちょっとしたステータスになるかもしれません。

dカード GOLDのデメリット

dカード GOLDにはメリットがある反面、もちろんデメリットとなる面もあるので紹介していきます。

【1】年会費が10,000円(税抜)

まずネックとなってくるデメリットは、年会費が10,000円(税抜)かかってしまうことです。

年会費の引き落とし日はいつ?

ちなみに年会費の支払いはいつになるかと言うと、加入した日によって若干変化します。

カード加入日締め日年会費引き落とし日
4月1日 ~ 15日4月15日5月10日
4月16日 ~ 30日5月15日6月10日

上記のように、カード加入日によっては締め日が月を跨ぐ場合があります。その締め日によって年会費が引き落としされる日も異なります。

dポイントで年会費の支払いをする

dカード GOLDでは、「dポイントでドコモの利用料金を支払うことが可能」です。これを使うことで一年間スマホ代の支払いとして貯めていたポイントを年会費に割り当てることが出来ます。

年会費の引き落とし月は、利用料金がいつもより10,000円高くなるため、そのタイミングでdポイントを10,000円分使ってしまえば、年会費をペイ出来てしまいます。

dポイントをスマホ代だけで10,000ポイント貯めるのは難しいですが、普段の買い物や自宅回線をドコモ光にしてdカード GOLDを利用するだけで、ポイントがザクザク貯まっていきます。

【2】入会条件の「年齢」が若干厳しい

dカード GOLDの入会条件は、20歳以上と決まっています。

もし高校を卒業してすぐに働く場合18歳からとなるため、dカード GOLDを利用することができません。仮に18歳でも大学生であれば、dカード GOLDに申し込む事ができます。

【3】dポイントの期限が4年

dポイントの保有期限は4年と決まっています。

あまりデメリットには感じないと思いますが、案外ポイントを貯めたまま放置している人もいるので、年に1回の年会費にdポイントを使うと良いでしょう。

【4】10%還元は1,000円毎

最後のデメリット、というよりも注意点になります。

dカード GOLDはスマホ代、ドコモ光の代金を「10%還元」となっていますが、実際は、「1,000円毎に100ポイント」と表現するほうが正しいです。なので、毎月のスマホ代が6,900円だった場合、次のようになります。

dカード GOLD保有
例)毎月のスマホ代が6,900円の場合
6,000円 × 10% × 12ヶ月 = 年間7,200のdポイント

つまり、900円分のポイントが入らない事になります。100円程度の誤差ならまだいいですが、900円となると、90ポイントも損するように感じてしまいます。

もし、端数がもったいない場合は、ドコモのdマガジンやdヒッツ、dアニメなどをオプションとしてつけると良いでしょう。これで桁数が繰り上がり、6,900円の所7,200円まで調整でき、ポイントも100ポイント分増えるようになります。

dカード GOLDの入会キャンペーンは見逃せない(2018年7月16日時点)

dカード GOLDは、度々入会キャンペーンを行っています。例えば、dカード GOLDの入会とエントリーなどで、最大13,000円分のiDキャッシュバックを行っていたりします。

iDにキャッシュバックされた場合、iDを使って買い物した請求額からキャッシュバック金額を引いてくれます。

例えば、1ヶ月のdカード利用料金が4,000円で、iDキャッシュバックが5,000円ある場合、4,000円分のキャッシュバックを使って請求額を相殺して0円に。さらに残ったキャッシュバック金額は翌月以降に繰り越しできる様になっています。

こういった入会キャンペーンをたまに行っているので、dカード GOLDの入会を検討している方は、一度申し込みページをチェックしてみることをおすすめします。10,000円分のiDキャッシュバックが貰えたら、実質1年目の年会費は無料のようなものです。

ドコモユーザーと相性抜群のdカード GOLD。ドコモ光とセットでもおすすめですので、身の回りをドコモで固めてお得に利用してみてはいかがでしょうか。

▼ 期間限定入会キャンペーン実施中

-ドコモ
-dカードゴールド, noads, デメリット, メリット

Copyright© DigitalNews365 , 2018 All Rights Reserved.