ドコモ dカード

dカード・dカード GOLDの違いを比較!特典や還元率が高いのは?

投稿日:

dカードとdカードGOLDを検討している人の中には、違いがわからず悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

dカード GOLDはゴールドカードだから良さそうだけど、年会費がかかるから不安…と感じている人もいるでしょう。

dカードとdカード GOLDどちらの方がお得に使えるのか、違いを比較しながら解説していきます。

dカードとdカード GOLDの違いは明白!

dカードとdカード GOLDの違いを表した画像

dカードとdカード GOLDでできる内容を見比べてみると、違いは明確です。

dカード GOLDはdカードにもあるサポート内容の金額を充実させた上で、更にサービスの内容を増やしています。

dカード GOLDは年会費10,000円(税抜)がかかりますが、その分サービス内容や補償金額の充実を考えれば、利用価値の高いカードと言えるでしょう。

dカードとdカード GOLDの違い

  • dカード GOLDはポイント還元率が高い
  • dカード GOLDは最大10万円のケータイ補償がついている
  • dカード GOLDは旅行に便利な付帯サービスが充実している

このようにdカード GOLDは、dカードにはないお得なサービスが満載です。

クレジットカードの機能だけではなく、付帯サービスも使えるカードを利用したい人はdカード GOLDがおすすめです。

dカード GOLD公式サイトはこちら

dカードとdカード GOLDの違いを比較

実際にdカードとdカード GOLDにはどのような違いがあるのでしょうか?様々な面からどちらがお得に使えるのか、徹底的に比較してみました。

年会費はdカードがお得

dカードとdカード GOLDでは年会費に大きな違いがあります。dカードは年会費永年無料に対し、dカード GOLDは年会費10,000円(税抜)かかります。

年会費のかからないクレジットカードを使いたいならば、dカードの方がお得です。しかし、dカード GOLDも使い方によっては年会費を実質無料にできます。

dカード GOLDを年会費をかけずに使う方法が知りたい方は下記をご覧ください。

dカード GOLDの年会費は高い?2年目も実質無料で使う方法を紹介

審査基準はdカードの方が緩い

dカードとdカード GOLDの違いは審査基準にもあります。

dカードは18歳以上(高校生不可)から申し込みができるので、未成年でも気軽に作れます。年会費も無料なので、アルバイトをしている大学生でも作れるでしょう。

専業主婦も作れるカードなので、収入面はそこまで見られません。誰でも簡単に作れるカードとして、間口の広いカードです。

dカード GOLDは満20歳以上(学生不可)、安定した継続収入が必要です。クレジットカードヒストリーも見られるので、初めてクレジットカードを作る人は審査に落ちる確率が高いでしょう。

ポイント還元率が高いのはdカード GOLD

dカードと違いポイント還元率が高いdカード GOLD

dカードとdカード GOLDどちらも、通常のショッピングポイント還元率は1%です。

しかしdカード GOLDは、ドコモの利用料金1,000円(税抜)に対して10%ポイント還元されます。

例えばドコモの利用料金が10,000円(税抜)で12ヶ月使ったとしましょう。

10,000円(税抜)×12ヶ月=1,000×12=12,000ポイント

つまりドコモのスマホを使っているだけで、何もしなくても年会費以上のポイントが貯まるということです。

他にもdカード GOLDは特約店で5%、dカードポイントupモールで通常より最大10.5倍のポイントが貯められます。

dカード GOLDを持っているだけで、ざくざくポイントが貯められますね。

ケータイ補償が充実しているのはdカード GOLD

dカードとdカード GOLDどちらにも、ドコモのケータイ補償がついています。

しかし金額や補償期間を比べると、dカードとdカード GOLDのサービス内容は大きく異なります。

保証金額 保証期間
dカード 最大10,000円 1年以内
dカード GOLD 最大100,000円 3年以内

dカードのケータイ補償は、端末が壊れたり盗難にあったりした時に、同じ機種を買い替える場合に適応されるものです。

今やiPhoneの機種代金は10万円を超えるものがほとんど、Androidでも最新端末ならばそれなりの値段がします。

そのことを考えると、dカードの1年間最大10,000円の補償は弱く感じます。

万が一の時のためにケータイ補償を充実させておきたいと考えるのであれば、dカード GOLDの方が安心です。

dポイントクラブの上位ステージが達成できるのはdカード GOLD

dポイントクラブには5つのステージがあり、ドコモ回線の利用年数やdポイント獲得数に応じてステージが決まります。

dカードとdカード GOLDの違いの一つのステージ

 

dポイントクラブステージは上記の表に書かれている基準で上がっていきます。

プラチナステージに行くと、映画や遊園地などの施設を優待価格で楽しめたり、ホテル宿泊やJALの空港ラウンジを無料で使えたりする特典の抽選を受けられます。

dカードにはないdカード GOLDの違いで感じられるプラチナクーポン

 

dカード GOLDは、ドコモ利用料金の1,000円(税抜)ごとの10%還元だけで1年間で10,000ポイント獲得できます。

それ以外にもローソンやスタバなどの特約店や、ポイントupモールを使って通販で買い物をすれば6ヶ月で10,000ポイントは夢ではありません。

使えば使うほどにお得な優待特典が受けられるので、dカード GOLDを使うメリットは大きいです。

dカード GOLDはサービスが充実している

dカード GOLDはdカードにはついていない付帯サービスが充実しています。

ゴールドカードならではのサービスが豊富なので、よく旅行に行く人や支払いをクレジットカードでまとめている人はお得に使えるでしょう。

海外保険・国内保険付き

dカード GOLDならば、安心して旅行を楽しめます。

dカード GOLDの旅行保険は、旅行先でケガや病気になった場合の治療費、事故を起こした賠償金、携行品損害などが対象

海外旅行で多い盗難被害、ホテルの備品を壊した際にも補償が受けられます。

  • 海外旅行保険:最大1億円
  • 国内旅行保険:最大5,000万円

安心の海外緊急サポート

海外旅行中にdカード GOLDを紛失したり盗難にあったりした場合も安心です。現地のオペレーターに連絡をすれば、暫定的な緊急カードを届けてくれます。

すぐに連絡しておけば、盗難にあってもカードを使われる心配がありません。

  • dカード:発行手数料10,000円(税抜)
  • dカード GOLD:発行手数料0円

海外旅行時に使えるVJデスク

dカードとdカード GOLDの違いとしてあげられるVJデスク

dカード GOLDならば、慣れない海外旅行も安心です。VJデスクなら、現地の情報を伝えてくれたり、様々な手配をしてくれたりします。

  • ホテルやレストランのおすすめ情報
  • 交通機関の最新情報
  • レストランやレンタカーの予約・手配
  • 現地ガイドや通訳の手配
  • 空港とホテルの送迎の手配

VJデスクではこのように、海外旅行時の様々なことを代行してくれます。

個人旅行で楽しみたい方や、出張に行く時などに便利です。これだけサポートしてくれるのに、ほぼすべてのサービスが無料で使えます。

海外旅行を楽しみたいけれど、言葉が不安、現地で何が起こるかわからず心配な人は、dカード GOLDを持っておけば海外旅行も挑戦しやすいですね。

お買い物あんしん保険

お買い物あんしん保険は、dカード GOLDを使って購入した品物が、盗難や破損などの損害を受けた場合に補償される保険です。購入日から90日間が対象です。

dカード GOLDで買い物をしたものであれば、どこで購入したものでも年間300万円の補償が受けられます。

dカードにもお買い物あんしん保険はついていますが、国内で購入した場合は3回払い以上かリボ払いが対象です。

海外ではどの支払い方法でも補償が受けられますが、年間補償限度額は100万円。実はdカード GOLDの補償金額は、安価なプラチナカードと同等の価値があります。

空港ラウンジが利用できる

dカード GOLDは、対象の空港ラウンジが無料で使えます。空港ラウンジはオープンスペースの待合室とは違い、無料でソフトドリンクが楽しめたり、スマホの充電ができたりします。

出張で使う場合は、パソコン作業を進められるので待ち時間が無駄になりません。

場所によってはモーニングサービスがついていたり、ゆったりと寛げるソファー席があったりするので、待ち時間を優雅に過ごせます。

dカード GOLDで使える空港ラウンジや、空港ラウンジ特典の詳細を詳しく知りたい人はこちらをご覧ください。

dカードGOLD空港ラウンジ特典とは?メリットや利用方法紹介

100万円以上使うとお得な年間利用特典

dカード GOLDはカードを使うほどにお得な特典があります。

年間100万円、200万円以上の利用で、それぞれクーポン券がもらえます。年間利用額特典でもらえるクーポン券の内容と値段は下記の通りです。

dカードとdカード GOLDの違いとして大きい年間利用額特典100万円
dカードとdカード GOLDの違いとしてあげられる年間利用額特典200万円

 

年間100万円以上使うだけで、これら5つのクーポン券がもらえます。さらに2020年7月1日からは、新たにメルカリで使えるクーポンも追加されます。

ショッピングから公共料金などの支払いを全てクレジットカードでまとめている人ならば、自然と100万円以上使っている人も多いでしょう。

年間利用額特典のために支払いをまとめるようになれば、毎月の支払管理もしやすくなるのでおすすめです。

dカードとdカード GOLDを選ぶ判断基準は?

dカードとdカード GOLDの違いを比較する画像

dカードとdカード GOLDでできる内容を比較しました。

それぞれの利点はわかりましたが、実際dカードとdカード GOLDを選ぶ時には、どのようなところから判断すればいいのでしょうか?選ぶ時の判断基準を解説します。

ドコモユーザーか

dカードとdカード GOLDどちらを使うかは、ドコモ回線を利用しているかどうかで判断しましょう。

ドコモユーザーの場合は、dカード GOLDを所持しているだけで、利用料金1,000円(税抜)に対して10%のポイント還元が受けられます。

ポイントが貯められるだけではなく、最大10万円のケータイ補償も受けられます。

ドコモユーザーは、dカード GOLDを持っているだけでお得なので、持たない手はありません。

旅行頻度は高いのか

dカード GOLDは旅行時に安心できるサービスが満載。旅行保険や海外旅行時に便利なVJデスク、空港ラウンジ利用特典など旅行好きに嬉しい特典がたくさんあります。

出張に行く機会が多い人や、海外旅行に行くのに不安を感じている人など、年に数回でも旅行に行く人はdカード GOLDがおすすめです。

年間の利用額が100万円以上か

dカード GOLDには100万円以上の利用でクーポン券がもらえる特典があります。

支払いをクレジットカードでまとめて、年間100万円以上を超えている人はdカード GOLDがおすすめです。

ただ自分が普段使うお金をdカード GOLDで支払っているだけで、特典を受けられるのはかなりお得ですよ。

比較結果:dカード GOLDの方がお得

dカードとdカード GOLDの違いを比べてお得を感じた女性

dカードとdカード GOLDを様々な面で比較していきました。

  • dカード GOLDはポイント還元率が高い
  • dカード GOLDケータイ補償金額が充実
  • dカード GOLDはdポイントクラブステージ上位に上がれる
  • dカード GOLDは付帯サービスが豊富

これらの項目で比較した結果、補償金額の充実度、サービス内容の充実度で考えるとdカード GOLDの方がお得に使えるのがわかりました。

dカードとdカード GOLDどちらを使うか迷っている人は、dカード GOLDを使うのがいいでしょう。

dカードとdカード GOLDを選ぶ判断基準で、dカード GOLDを使った方がお得な人に当てはまったのならば、dカード GOLDを選ばない手はありません。

dカード GOLD公式サイトはこちら

dカードからdカード GOLDの切り替えもできる

dカードをすでに使っているけれど、dカード GOLDに変えようか迷っている人はアップグレードがおすすめです。

入会条件からdカード GOLDを持てない人は、先にdカードに入会するのがおすすめです。

dカードを使っていれば、dカード GOLDを使える年齢になった時にアップグレードしやすいです。

勿論入会審査は必要ですが、クレジットカードヒストリーを貯められるので、dカード GOLDの審査が通りやすくなります。

アップグレードについて詳しく知りたい人はこちらをご覧ください。

dカードからdカード GOLDへの切り替えアップグレードの審査期間や注意点を紹介

dカード GOLDは入会特典もお得

dカードとdカード GOLDの違いとして上げられる入会キャンペーン

dカード GOLDはdカードと比べて入会特典もお得です。今ならdカード GOLDに入会するだけで13,000ポイントもらえます。

ドコモのケータイ料金dカード払い設定で1,000ポイント+入会~入会翌月末・翌々月末の利用料金に対して25%ポイント還元+リボ設定で2,000ポイント=13,000ポイント

実は入会特典だけで初年度の年会費を実質無料にできるのです。

初年度はドコモ利用料金で貯めたお金に+13,000ポイントもらえるので、ポイントでお得に買い物もできますね。

dカード GOLD公式サイトはこちら

-ドコモ, dカード
-ドコモ

Copyright© DigitalNews365 , 2020 All Rights Reserved.