CHUWI12.3型ノートパソコンの実機レビュー!コスパ良しのスタイリッシュな一品

このページでは、中華製ノートパソコンの一つである「CHUWIの12.3型ノートパソコン(CHUWI LapBook 12.3)」のレビューをしています。

最近の中華製ノートパソコンは品質もかなり良いのでノートパソコン購入の選択肢として入れておくのは有りかと思います。高性能ながらお求めやすい値段となっているのも中華製ノートパソコンの特徴。その魅力について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

CHUWI LapBook 12.3のスペック

まずは簡単な基礎スペックから紹介していきます。

名称 CHUWI LapBook 12.3
OS Windows 10
CPU Intel Celeron N3450
ディスプレイ 12.3インチ(16:9 2736 x 1824)
メモリ 6GB
ストレージ 64GB(SSD)
光学ドライブ なし
グラフィックボード Intel HD Graphics 500
Wi-Fi 802.11b/g/n/ac (Wi-Fi対応)
ビデオ 2K対応(最大2736 x 1824まで対応)
接続 USB3.0ハブ x2、miniHDMIポート x1
サイズ 29.30 x 20.00 x 1.50 cm
重さ 1.0430 kg
Bluetooth 4.0
価格 約45000円

今回紹介する「CHUWI LapBook 12.3」は約45000円程度で購入できるノートパソコンですが、基礎スペックに関してはまずまずといったところです。軽く触ってみた感じでは、メモリ量も多いせいか特に不自由なくネットサーフィンやエクセルでの編集作業などができたので、仕事などの場面でも使えるノートパソコンかと思います。

また、ディスプレイ12.3インチの2Kスクリーン(IPS)を採用しているので画面解像度が大きく、ノートパソコンではありますが、繊細な映像や迫力のある映像を楽しむことが出来ます。

ディスプレイ自体は2Kスクリーンですが、4K動画に対応しているグラフィックボードを使っているので問題ありません。デザイン面に関してもMacBookに少しにているところがいい感じ。

ただしCPUを見て分かる通り、あまりゲームには向いていないかなと感じます。そのあたりをドラクエ10のベンチマークテストソフトで計測してみたので記事の後半でお伝えしたいと思います。

CHUWI LapBook 12.3のレビュー

外観チェック

早速CHUWI LapBook 12.3の外観からレビューしていきます。まずは外箱からチェック。今回のCHUWI LapBook 12.3はGearBestGearBest経由での入手となります。いつものパッケージの中から取り出すと正方形の外箱が出現。

箱の中からノートパソコン本体や付属品を取り出しました。本体の他にACアダプタが付属しているのみとなります。

このACアダプタは日本のコンセントにハマらないタイプなので、コンセントの変換プラグを別途購入する必要があります。このノートパソコンには変換プラグは付属していません。ちなみにCHUWIのコンセントプラグは中国・EUで使われているタイプとなります。

ノートパソコンの厚さはどの程度なのかチェック。だいたいiPhone7を2台重ねたくらいの厚さでしょうか。そこまで厚くないので嬉しいところです。

ノートパソコンの側面部分をチェックしてみます。側面に両サイドにUSB3.0ポートが1つずつ、電源、miniHSMIポート、microSDカードスロット、イヤホンジャックなどがついています。基本的なものは全て揃っていますね。

実際にノートパソコンを開いてみると中々カッコイイ。やっぱりちょっと前のMacBookAirに似ているかなと言う印象。外観はそこまで悪いと感じませんでした。

ちなみにコチラがMacBookAirとCHUWIノートパソコンの比較画像です。やっぱろソックリな気がする。MacのロゴやWindowsのロゴを隠すと間違う人がいるかもしれません。

最後にキーボードの配列はこんな感じです。日本語キーボードではないので慣れは必要ですが、日本語も問題なく打ち込めますので安心してください。

以上が、CHUWI LapBook 12.3の外観レビューでした。かなり見た目はいい感じだと思います。

キーボードのストロークも丁度いい深さですし、タッチパッドも結構使いやすくなっていました。あとは軽くベンチマークを測定して、ゲームに耐えうることができるのかをレビューしていきます。

CHUWI LapBook 12.3のベンチマーク

ドラクエ10のベンチマークソフトを使わせていただきました。

果たしてドラクエ10は問題なく動くのかを「最高品質」「フルスクリーン」で測定。その結果がコチラ。

案の定と言いますか、やはりドラクエ10などの3Dゲームをプレイするのは難しいノートパソコンとなっています。

ネットゲームが快適に動作するノートパソコンですと、軽く10万円近いお値段はするので仕方がないかなと思います。残念ですが、CHUWI LapBook 12.3は3Dゲームなどには向いておらず、ネットサーフィンや書類整理などに使うパソコンかなと思います。

最後に

以上が、CHUWI LapBook 12.3の実機レビューでした。

YouTubeも問題なく視聴することができたので、ゲームをしない人にとっては非常におすすめできるノートパソコンです。

見た目もMacBookAirにどことなく近いので持ち歩いてもダサくないのが素晴らしい。

このノートパソコンはGearBestにて販売していますので、気になる方はぜひちぇっくしてみてくだささい。

GearBest似て販売中

GearBestのクーポンコード一覧と使い方まとめ【2017年6月27日最新】

2017.04.25

 

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。