Google

Google Chromeをダークモードにする方法

投稿日:

2019年3月12日にリリースされたGoogle Chrome 73から、ブラウザの背景を黒色にできるダークモードがサポートされる様になりました。ただし、デスクトップ版のみのサポートでアプリには対応していません。

本記事では、Google Chromeをダークモードに設定する方法を紹介。ダークモードにすることで目に優しくなるので、個人的にはオススメします。

ダークモードのメリット

一般的に液晶ディスプレイなら白背景、有機ELなら黒背景の方が消費電力が少なくなると言われています。ですが個人的には、液晶・有機EL関係なくダークモードをオススメしています。その理由はたったひとつ。

白背景に比べて黒背景の方が眼に優しく、眼の疲れも軽減してくれるからです。

白背景の場合なんとなく画面にギラつきを感じた経験はないでしょうか。パソコンを使い慣れている人や開発者だと、コンソールなどが黒背景で緑文字を使っていることがある様に、黒背景だと長時間画面を見続けても眼の疲れが白背景よりも軽減されると言うユーザーが多いのも事実。個人的には黒背景の方が文字が見やすいなとも感じます。

Google Chromeをダークモードにする方法【Mac編】

執筆時点では、Macのダークモードにしか対応しておりません。後ほどWindowsへのアップデートも予定されています。

まずはMacをダークモードに設定する

1.左上のメニューバーの「メニュー」をクリックし、続けて「システム環境設定」をクリック。

2.「一般」をクリック。

3.外観モードから「ダーク」を選択してウインドウを閉じます。これでMac自体のダークモードは完了です。

Google Chromeのアップデートを行う

ユーザーによってはMacの外観モードをダークにしただけで、Google Chromeもダークモードになっているかもしれません。実は特にブラウザ側からの設定は必要なく、Macの外観モードをダークにするだけでChromeにも反映されるのです。

Google Chrome 73以前はMacをダークモードにしても反映されなかったのが、73からは反映される様にサポートされています。もし、Chromeのバージョンが73以前の場合は、次の手順を踏んでアップデートを試みてください。

1.Chromeブラウザを開き、「ヘルプ」→「Google Chromeについて」と順番にクリック。

2.現在のバージョン、および自動アップデートがスタートします。

アップデート完了後ブラウザの再起動が完了すると、ダークモードが反映されます。バージョンも73以降になっているか確認してみてください。

まとめ

今回紹介したGoogle Chromeのダークモードでは、アドレスバー、タブバー、ブックマークバーが黒基調に変化する様になります。すでにお気付きのユーザーもいるかもしれませんが、実はシークレットモードと全く同じ色になっています。

そのため、今開いているブラウザが通常のものか、それともシークレットモードなのかが若干わかりにくいのがデメリットと感じました。

スポンサーリンク

-Google
-,

Copyright© DigitalNews365 , 2019 All Rights Reserved.