Google

Google Chromeのキャッシュクリア・場所の確認・移動方法

投稿日:

本記事では、Google Chromeのキャッシュクリア方法と、キャッシュの保存場所を確認・保存先の移動方法を紹介します。キャッシュを削除することで、ウェブサイトの情報などが最新のもの、または表示の問題が解決することがあります。

なお、シークレットウインドウを使ったり、「CTRL + F5」、「SHIFT + F5」でリロードするとキャッシュの状態が無視されて読み込まれます。特にシークレットウインドウは検索履歴やキャッシュが残らないので、プレゼンなどでGoogle Chromeを使う際は活用をおすすめします。

スポンサーリンク

キャッシュクリア方法

Google Chromeのキャッシュ削除方法は、大きく分けて2つあります。

設定からのキャッシュ削除方法

Google Chromeに溜まったキャッシュを一気に削除するのでしたら、設定からの削除が最もおすすめです。

1.右上の「・・・(メニュー)」をクリックし「設定」をクリック。

2.設定画面最下部にある「詳細設定」をクリック。

3.「閲覧履歴データを消去する」をクリック。

4.「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れ、「データを消去」をクリックするとキャッシュが削除されます。

なお、期間に関して特にこだわりがない場合は基本的に「全期間」で大丈夫です。ある一定の期間のキャッシュだけを削除したい場合は、1時間、24時間、7日、4週間の中から期間を選んでキャッシュクリアをしてください。

また、詳細設定タブではもっと細かくクリアする範囲を選ぶことができます。

閲覧履歴データの消去画面は、「CTRL + SHIFT + DEL」を同時押しするとすぐに開きます。Macの場合、「コマンド⌘ + SHIFT + DEL」キーの同時押し。こちらの方が早くアクセスできるのでショートカットを覚えておくと捗ると思います。

現在のページのみキャッシュ削除する方法

現在開いているページのCSSやJSを再度読み込み直したい場合、キャッシュが作られていると何度リロードしても画面表示が変化しないこともあります。その時はキャッシュクリアすべきですが、先ほど紹介したやり方だと「特定のページのキャッシュ削除ができない」のがデメリット。

そこで、現在開いているページのキャッシュクリアをする方法について紹介します。

該当WEBページを開いたら、「F12」を押します。F12キーを押すとコンソールが画面下部や右側に開かれるはずです。

次に、Google Chrome左上の「リロードボタン」を右クリックし、「キャッシュの消去とハードの再読み込み」をクリック。

この一連の流れで、現在開いているページのキャッシュのみがクリアされます。なお、F12でコンソールを開いていない場合右クリックしても反応がありません。必ずF12キーでコンソールを表示してからキャッシュを削除しましょう。

キャッシュ保存場所の確認方法

Google Chromeのキャッシュ保存場所は、デフォルトだと次のURLをエクスプローラーに打ち込むことで確認できます。

C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\Cache

「<ユーザー名>」の部分は、お使いのパソコンで変わります。例えば、パソコンログイン時のユーザー名が「abcde」さんであれば、「C:\Users\abcde\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\Cache」と打ち込みましょう。エクスプローラーに打ち込むと、Google Chromeのキャッシュが下記のように確認できます。

キャッシュは、上記フォルダに入っているファイルを消すことで削除することも可能です。

キャッシュ保存先を別フォルダに移動する方法

デフォルト状態では、キャッシュフォルダを探すのに多少時間がかかるのは間違いありません。もしもう少しわかりやすい場所にGoogle Chromeのキャッシュを保存したい場合は、新しく別フォルダを作成し、キャッシュを移動するのがおすすめです。

まずはキャッシュ移動先のフォルダを新規作成しましょう。ここでは、「C:\Chrome Cache」を作成することにします。

次に、Google Chromeのショートカットアイコンを右クリックし、「プロパティ」をクリック。

ショートカットタブの「リンク先」の文字列最後尾に、「--disk-cache-dir="C:\Chrome Cache"」と引数を入力して「OK」をクリック。「--disk」の前に半角スペースをいれることをお忘れなく。

変更の最終確認を促されますので、「続行」をクリックして完了です。

これで、Google Chromeをショートカット経由で起動した時に、キャッシュ保存場所が「C:\Chrome Cache」に移動します。なお、根本からキャッシュ保存する場合、コマンドプロンプトからの操作が必要になるのであまりおすすめはしません。

保存場所をもとに戻すには

再度Google Chromeのショートカットからプロパティを開き、リンク先のパスから「--disk-cache-dir="C:\Chrome Cache"」を削除してください。

Google Chromeのブラウザを再起動すると、キャッシュの保存場所が元に戻るので確認してください。

まとめ

ここまで、Google Chromeのキャッシュクリア、保存場所の確認、保存場所の移動について紹介してきました。

正直なところ、キャッシュ保存場所を移動するメリットはそこまでありません。Cドライブの容量がいっぱいなので移動するという考えもありですが、キャッシュは多く溜まったとしても1G程度ですし、そこまで溜めるには多くの日数を要します。月に1回など、適度にキャッシュクリアさえすれば容量の圧迫にもならないと思います。

スポンサーリンク

-Google
-Google Chrome, キャッシュクリア

Copyright© DigitalNews365 , 2019 All Rights Reserved.