バンカーリングおすすめまとめ!装着する位置や外し方も画像で紹介

電車内でも使っている人をちょくちょく見るようになったスマホアクセサリーの「バンカーリング」。バンカーリングの主な用途はスマホが手の中から落ちないように、人差し指もしくは中指をバンカーリングに通して手とスマホを半固定させる使い方となります。

その他にもスタンド機能として使えるバンカーリングも存在していたり、ユニークな形をしたかわいいバンカーリングなど、様々な商品が販売されています。そこで今回の記事では、私が実際に何個か使ってみて、これならおすすめできるというバンカーリングを紹介します。また、バンカーリングはどの位置に装着するのが最適なのか、そして外し方一つでスマホにキズがついたり変形してしまうことがあるので、それを防ぐ方法も紹介していきます。

スポンサーリンク

iPhoneにもピッタリなおすすめのバンカーリング

3個ほどバンカーリングを購入して使ってみたのですが、その中で2つは使いやすいかなと感じるものがあったのでその商品の紹介と、購入してはいませんが、これなら結構良さそうなんじゃないかという、個人的なおすすめのバンカーリングを紹介します。ご参考になったら幸いです。

1.【KRY】スタンド機能付きバンカーリング

おすすめ度:★★★★★

私が購入したバンカーリングの中で一番使いやすかったのがKRYのスタンド機能付きのバンカーリングです。300円で購入できるわりには結構良かったですね。箱と中身はこんな感じです。バンカーリングの他にリングフックも同梱されています。私が購入したカラーはシルバーですが、このバンカーリングは全部で8種類のカラーが用意されているので、自分のスマホにピッタリのおしゃれなカラーを選択することが可能です。

今回このバンカーリングをiPhone 7に装着するのですが、スマホのカラーがジェットブラックだったので黒色にしたほうがもっとおしゃれだったかなと若干後悔しています。ですが、シルバーもおもったよりいい色が出ているのでちょっとだけポジティブになれました。では実際にiPhone 7に取り付けていきます。実際に装着するとこんな感じ。

ちょっと背面が指紋汚い…しっかり拭いておけばよかった。横から見るとこんな感じ。ちなみに私は理由があってクリアケースを付けています。クリアケースをつけるというのが実は今回のポイントです。それについては後々説明いたします。

バンカーリングの装着位置

装着する位置ですが、スマホの真ん中よりちょっと下に取り付けています。理由はスマホを持ちやすくするためです。この位置にバンカーリングを取り付けると持ったときにこんな感じで持ちやすくなります。ちょうど小指がスマホの下端に位置にくると個人的には持ちやすいので、バンカーリングの装着位置に迷っている人は、一度真ん中より少し下につけてみてください。

このバンカーリングはリング部分が丸ではなく、ちょっと削ったような形をしているのがわかるかと思います。これがスタンド部分となるところです。実際にこのリングをスタンドと見立ててスマホを立てかけてみましょう。それがコチラの画像になります。

縦向きにも横向きにも立てかけることが可能です。バンカーリングの位置を少し下にズラシていますがスタンド機能は問題なく使うことができています。個人的にはやはりこの位置がバンカーリングのベストポジションですね。これはぜひ真似して欲しい!

そして最後に紹介するのが、同梱されてきたリングフックの使い方です。フックの使い方は簡単です。好きなところに貼り付けて、そこにスマホのバンカーリングをかけるだけです。すると、こんな感じでスマホを固定することができます。

これを利用すると、車内にリングフックを取り付けてスマホを立てかけてナビとして固定して使えますし、専用のスマホスタンドも購入する必要がありません。リングフック自体が小さいので色々な箇所に貼り付けることができます。粘着力も高いので中々落ちてこないところもグッドです。300円ほどでこれほどバンカーリングを使い倒せるのは今回紹介したKRYのバンカーリングだけです。一番のおすすめなのでバンカーリング選びに悩んでいるのでしたら購入も視野に入れてもいいでしょう

良いところばかり話しても信憑性がないのでデメリットと感じる部分もお話します。このバンカーリングですが、デフォルトの状態だとリング部分が結構固いです。ですのでくるくる回すのに少しだけ力が必要です。使っているうちに馴染んできてだんだん固さは取れてきますが、少しの間だけ我慢が必要にはなってきます。

2.定番のバンカーリング

おすすめ度:★★★★☆

バンカーリングといったらコレ、というくらいド定番のバンカーリングです。これも先程のKRYバンカーリング同様におすすめはできます。しかし、値段は2000円近くと結構高いのが若干ネックなところです。機能的には2つのバンカーリングで差はないので、正直な所安い方を選んだほうがいいのかなと思います。

ですが、コチラのバンカーリングには一度バンカーリングを外しても再び取り付けることが可能になる機能が備わっています。粘着力がなくなったとしても、一度水洗いして乾かしてあげると再び粘着性を取り戻しスマホに取り付けることが可能です。この機能はKRYのほうには説明がなかったので、おそらく不可なのでしょう。

何度も付け直しを考えて少し高いバンカーリングを購入するか、それとも安さだけで選ぶのかが購入する際の分かれ目となりますね。カラーは全部で5種類用意されています。デザインもiPhoneなどにつけても違和感のないようにおしゃれな感じとなっていました。

3.おしゃれでかわいい猫型バンカーリング

おすすめ度:★★★★☆

こちらのバンカーリングは取り付け部分が猫の形となっており、おしゃれでかわいいバンカーリングだなと感じました。男性はちょっと抵抗があるかもしれませんが、女性だとかわいいデザインの個性的なバンカーリングは需要があると思います。

機能自体は今まで紹介したバンカーリングとほぼ同じです。レビューを見る限りでは一度貼ったら何度も貼り直しはできないような書き込みがありました。こちらもデフォルト状態では少しリング部分が固いようですので慣れるまで時間がかかるかもしれません。

バンカーリングの外し方と注意点

最後にバンカーリングの外し方と、バンカーリングを付ける前の注意点や外すときの注意点をご紹介します。

まずバンカーリングをつけるのでしたら、ケースに入れてから使うことをおすすめします。理由は、バンカーリングを外すときにスマホが歪んでしまう可能性があるからです。バンカーリングの取り付け部分は結構粘着性の強いシールとなっているので、引っ張ったときに背面にかなりの負荷がかかります。

そのせいで取り外したら背面が歪んで液晶が浮いたり、指で押すとベコベコとなってしまうことが多いのです。ですので私は冒頭のほうでもクリアケースをつけてからバンカーリングを装着すると話しました。バンカーリングをつけるのでしたらTPU素材のクリアケースがおすすめです。

手帳型などのPUレザーだと剥がしたときに革もそのままベリベリと剥がれる可能性があります。ですがTPU素材のケースですと、剥がしてもかなりキレイに外すことができます。外し方ですが、リングを真上に引っ張るのではなく、端っこから剥がすようにして斜め向きに力を入れて剥がすようにしてください。

こんな風に傷一つなくキレイに外すことができます。ぜひバンカーリングをつける際はTPU素材のクリアケースを使ってみてください。スマホを裸の状態にして取り付けることは絶対におすすめしません。TPU素材のクリアケースは下記のようなもののことを言うので、是非参考にしてください。

最後に

以上が、おしゃれでかわいいおすすめバンカーリングの紹介と、バンカーリングの取り付ける位置や外し方の注意点の紹介でした。電車でスマホをよく弄るという人は、スマホを落とさないためにも、一度試しにバンカーリングをつけてみてはいかがでしょうか。

  AQUOS SERIE mini SHV38におすすめなケース・フィルム特集!お宝手帳型ケースが最も熱い
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

出島

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。