Bluetoothで車・カーナビとiPhoneを接続し音楽を聴く方法!スマホなら基本的になんでもOK

今までずっとCDに音楽ファイルを焼いて、車の中でそのCDを再生して音楽を聞いていた私ですが、今のカーナビならBluetooth接続が出来て非常に便利だとか。便利だとは思いますが、やっぱり気を付けたい使い方とかもあるわけで、その点に関してBluetoothの機能や使い方などを紹介していきます。

また、iPhone 7やiPhone 7 Plusはイヤホンジャックがなくなったので、なおさらBluetoothを使った方が良い場面が増えました。今回は、iPhone7を使って車のカーナビとBluetooth接続して音楽を聴く方法も紹介します。また、車・カーナビなどがBluetoothに対応していない場合の対処方法も合わせてご紹介していきます。

スポンサーリンク

車でBluetooth接続するメリット

車の中でBluetoothを使う場面は音楽を聴くときだけと思われがちですが、意外と他にも使い方はあります。例えば、次のBluetoothのプロファイルを車の中ではよく使います。

  • HFP(HandsFreeProfile):ヘッドセット等の通話機能。車の中で使うと、車に搭載sれているスピーカーやマイクを使ってハンズフリーで通話をすることが可能になります。
  • A2DP(Advanced Audio Distibution Profile):音声を転送する機能。これを使うことで車の中で音楽を聴くことが可能になります。
  • AVRCP(AudioVideoRemoteControlProfile):音声コントロールのリモコン機能。このプロファイルがあると、iPhone等のスマホから音声コントロールをすることが可能になります。音量の調整や音楽のスキップなどはこのプロファイルが使われています。

以上3点が車の中で主に使われるBluetoothのプロファイルたちです。このプロファイルが含まれているBluetoothのバージョンは、Bluetooth3.0以上でしたら全てに含まれています。昨今のBluetoothはマウスやキーボードなどを除き、ほぼBluetooth4.0以上なのであまり気にしなくても良い部分かもしれませんが、一応車のカーナビ・カーオーディオとスマホの対応Bluetoothは確認しておいてください。

ハンズフリーは、iPhone・スマホを耳に当てずに服のポケットに入れたままでも、車に搭載されているスピーカーやマイクを使って通話することが出来ます。しかし、車で通話する際は、車に搭載されているスピーカーやマイクを使わずに、下記のようなBluetoothヘッドセットを使って通話をしている人が多いです。

ちなみにこのBluetoothヘッドセットは、電話が来た時に「YES」と応えれば通話開始になり、「NO」と応えれば通話拒否になる機能があります。

また、A2DPとAVRCPについてですが、こちらは車のカーナビ・カーオーディオに接続したら勝手に2つ同時に接続されます。2つ同時に接続されると、車のスピーカーから音楽が流れるのはもちろんのこと、iPhone・スマホや音楽プレイヤーなどから音量の調整や曲のスキップ・早送りなどを操作することが可能です。

逆もまた然りで、カーナビやカーオーディオから曲のスキップ・早送りなどもおこなえるようになります。

Bluetoothのバージョンによるプロファイルの違いなどは下記記事を参考にしていただけたら幸いです。

Bluetoothのバージョンの違いを説明。イヤホン等の選び方には注意を

2017.01.03

スポンサーリンク

車でBluetooth接続するときの2つの注意点

車でBluetooth接続する際は2つの点に注意しましょう。

iPhone・スマホのバッテリーの消耗

まずは、iPhoneやスマホのバッテリーですね。Bluetooth接続をしていると、結構バッテリーが消耗しがちです。ですので、シガーソケット経由で充電しながら使うのもいいのですが、結局は有線接続になってしまい、無線であるBluetoothのメリットが薄れてしまいます。

ですが、iPhoneに入っている音楽を聴きたいだけでしたら充電しながらでもいいので、「車の中でiPhoneに入っている音楽を聴く」という目的にはマッチしています。なので私は、充電しながら接続しちゃっていいのではないかと思います。完全に無線にしてしまうと、もしかしたら運転中にスマホを弄ってしまう可能性もありますからね。

シガーソケットを使いたくない人は、モバイルバッテリーを持っておきましょう。いずれにせよ、Bluetooth接続をして音楽を再生するとバッテリーの消耗スピードは早くなるので、どうにかして充電する術は持っておいた方が良いかと思います。

カーオーディオやカーナビはBluetooth対応か

これが一番重要なのですが、デフォルトで車に搭載されているカーオーディオやカーナビでは、Bluetoothに対応していないものもあります。例えば、「ハンズフリーには対応しているけど、音楽の転送には対応していない」なんてのは、稀にあります。

また、古いカーナビだと、そもそもBluetooth接続に対応していないものも存在します。そういった場合はどうしようもないので、カーナビ・カーオーディオを新たに購入するか、別の方法でiPhone内の音楽を再生するかを試みるしかありません。Bluetooth対応していない場合の対処方法は、記事の後半でご紹介していますのでそちらを参考にしてください。

iPhoneをカーナビとBluetooth接続してみる

では、車でのBluetooth接続のメリットや注意点をご紹介したので、実際にiPhoneをカーナビとBluetooth接続をしてみます。今回のカーナビはエスティマのオプションで取り付けた純正カーナビです(NHZN-X62G)。Bluetoothの一覧画面を開いて、「新規登録」を押します。

すると、カーナビがBluetoothの登録待機状態となりますので、次はiPhone側の設定を行います。

iPhone側のBluetoothをオンにします。オンにするには、【設定 > Bluetooth】の画面まで遷移してください。オンにすると、「CAR MULTIMEDIA」と表示されますので、そちらをタップしてください。

ペアリングをタップ。これでペアリングが完了しました。実際にカーナビの方を見てみましょう。

カーナビの画面も「転送が終了しました」という表記があります。これが表示されればBluetooth接続完了です。

車のカーナビにBluetooth接続できない出来ない場合

以下の点を確認してください。

  • カーナビのBluetooth対応バージョン
  • A2DPとAVRCPに対応しているか

最低限この2点は必ずチェックしましょう。モノによってはハンズフリーのBluetooth接続対応という場合もあります。

これらを満たしていて、接続が出来ない場合は、次の方法をお試しください。

  • iPhoneの再起動
  • Bluetoothのオン/オフを繰り返す
  • iOSのアップデート

iOSのアップデートはもしかしたら諸刃の剣になる可能性もあるので推奨はしていません。iOSのアップデートをしてからBluetoothが繋がらなくなったという報告をたまに見たりしますので。ですが、アップデートで解消される場合もありますので、ダウングレードできるように準備してからアップデート作業を行った方が無難です。

スポンサーリンク

Bluetoothに対応していない場合の対処方法

車のカーナビやカーオディオがBluetoothに対応していない場合は、次の方法でiPhoneに入っている音楽を聞くことが可能です。

  1. ステレオミニプラグを使う
  2. トランスミッターを使う

1.ステレオミニプラグを使う

ステレオミニプラグを使いましょう。これはカーナビやカーオーディオにもよりますが、モノによっては、AUX端子を取り付けることが可能です。カーナビのの右下などの端っこについている場合があるので、AUX端子を接続できるホールがあるか確認してください。

このホールにステレオミニプラグを挿すことで、iPhone内で再生されている音を車のスピーカーで聴くことが可能になります。古いカーナビでもついていることがあるのでまずはトランスミッターを使う前に試してみましょう。

ステレオミニプラグはあまり長くない方がいいです。長すぎるとコードが邪魔なので、1m~2mのケーブルを選びましょう。音質にこだわりたいのであれば、程よい値段のケーブルを購入する必要がありますが、正直音質はスピーカーにもよるので、そこまで気にしてケーブルを選ぶ必要はないかと思います。

2.トランスミッターを使う

AUX端子を接続できそうな場所がない場合は、トランスミッターを使うしかありません。主流なのは、シガーソケットに射し込んでBluetooth接続ができるタイプのトランスミッターです。

これに接続すれば、iPhoneで流れている音を全てスピーカーで流してくれます。音楽だけでなく、iPhone内の音は全て聞こえるので、通知音も鳴ります。今回紹介したトランスミッターはUSBケーブルを2つまで挿すことが可能で、充電しながら音楽を流すことも可能です。

おすすめの音楽アプリやサービス

最後に、音楽を聴くときにおすすめのアプリやサービスをご紹介します。毎回毎回iPhone内に入っている音楽を聴くだけじゃ絶対に飽きてくると思いますので、そういった時は音楽アプリなどを使いましょう。

音楽アプリなどを使うメリットは、

  • 色々な曲を聴くことが可能
  • 音楽をiPhone内に保存する必要がないのでストレージの節約になる

逆にデメリットは、

  • 通信費がかかる
  • バッテリーを消費する
  • 電波の悪いところだと音が途切れる

になりますね。

これらのメリット・デメリットを踏まえて、私が使いやすかったと思う無料の音楽アプリが「Spotify」です。

こちらは無料で大量の音楽を聴くことが可能で、通信費もそこまでかからないのが魅力です。スマホの通信量がオーバーして、低速モードになった場合でもSpotifyですと、最初の起動や画面遷移はちょっともっさりしますが、音楽を再生し始めるとあまり気にせずに聞くことが可能です。

最近はドライブに欠かせない音楽アプリになってきました。ドライブ用の曲やJ-POP、EDM、ジャズなどのジャンルによって再生リストも分けられているので、自分の好きな音楽ジャンルを楽しむことが可能です。

プライムミュージックも使えます

Amazonのプライム会員だと使えるサービスですが、こちらも音楽数が多いので使い勝手がかなり良いですね。予め再生リストも用意されているので、あとはこれをローカルにダウンロードするだけでiTunesで音楽を楽しむことが出来ます。

事前にダウンロードしておけば、通信費や通信環境に左右されずに音楽を聴くことが出来るのでおすすめです。Amazonプライム会員になると、配送料が安くなったり、Amazonプライムビデオが見放題だったりと、年間3900円でAmazonを使い倒すことが出来ます。

Amazonプライムミュージックについての詳細はコチラ

最後に

以上が、Bluetoothで車・カーオーディオをiPhoneで接続して音楽を楽しむ方法、Bluetooth接続時の注意点の紹介でした。

Bluetoothは便利ですので、ぜひご活用してください。

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

出島

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。