ソフトバンク回線のb-mobile S、U-mobile Sの料金プランや口コミ評判の紹介!今のところイマイチな印象

2017年3月22日、ついにソフトバンク回線を利用した格安SIMがワイモバイル以外でも販売されることになりました。今回ソフトバンク回線に対応した格安SIMを提供することとなったMVNO事業者は、「b-mobile(日本通信)」で、この他にもドコモ回線に対応した格安SIMを販売しております。

以前からソフトバンクの回線を使わせてくれという交渉をしていたようですが、ついに実現となり期待感が自然と膨らんでしまいます。そこで今回の記事は、ソフトバンク回線を使ったb-mobile S 開幕SIMの料金プランやメリット、デメリット、ユーザーの口コミ評判などをご紹介します

スポンサーリンク

b-mobile S 開幕SIMとは?

b-mobile S 開幕SIMとは、b-mobile(日本通信)が2017年3月22日から販売を開始した格安SIMの一つで、今までソフトバンクのiPhoneやiPadはSIMロックを解除しないと、他の格安SIMで使うことはできなかったのですが、このb-mobile S 開幕SIMですと、ソフトバンクのiPhone、iPadはSIMロック解除なしで利用できることになりました。

今までSIMロック解除のために、R-SIMなどを使って下駄を履かせていた人もb-mobile S 開幕SIMを使うとソフトバンクのiPhone、iPadを利用できるようになったのは嬉しいはず。私もソフトバンクのiPhone5をSIMロック解除せずに契約を解除してしまったため、そのまま文鎮としてただの置物状態になっていましたので、これを機会にSIMを挿してみようか少し考えています。

b-mobile S 開幕SIMのメリット

b-mobile S 開幕SIMのメリットはなんと言ってもソフトバンクのiPhone、iPadを利用できることです。また、ソフトバンク回線を使っているMVNO事業者はほとんどないので、b-mobile S 開幕SIMは通信速度も他のMVNO事業者よりも速いと予測が立ちます。メリットをまとめると次の通り。

  • ソフトバンクのiPhone、iPadを利用できる
  • ソフトバンク回線を使っているMVNO事業者が少ないので、通信速度は比較的速いと予想

b-mobile S 開幕SIMのデメリット

では逆にデメリットはどこだろう、と考えた結果、次の点が挙げられました。

  • iPhone、iPad以外が使えない
  • テザリングが使えない
  • データ通信のみ(2017年3月22日現在)
  • iPhone用、iPad用のSIMがある

ちょっと不便な点が多いのが残念な所。色々とソフトバンク側からも注文がつけられたのもあると思いますが、やはりiPhone、iPad以外は使えないというのが一番大きなデメリットかなと感じています。さらにテザリングも利用できないので、出先でノートパソコンなどを広げて作業もできません。

あとは現時点ではデータ通信のみ(2017年3月22日)となっています。のちのち音声通話に対応すると書いていますが、果たしていつになるのかはまだわかりません。2017年内だと良いですね。また、注意してもらいたい点に、iPhoneとiPadのSIMカードは併用して使うことができないことが挙げられます。

iPhone用のnanoSIMを購入して、simサイズ変換アダプターを使えばいいじゃないかと思ったのですが、公式サイトでも、次のように明記されています。

iPhone用のSIMカードをiPadに入れてご利用できません。逆にiPad用のSIMカードをiPhoneに入れてご利用できません。

利用できる端末について

現在b-mobile S 開幕SIMで利用できる端末は次のとおりです。いずれも動作確認はiOS10.2.1で行ったようです。

<ソフトバンクのスマホ>

  • iPhone5
  • iPhone5s
  • iPhone5c
  • iPhone6
  • iPhone6Plus
  • iPhone6s
  • iPhone6s Plus
  • iPhoneSE
  • iPhone7
  • iPhone7Plus

<ソフトバンクのiPad>

  • iPad Air
  • iPad Air2
  • iPad mini
  • iPad mini2
  • iPad mini3
  • iPad mini4
  • iPad Pro
  • iPad
  • iPad2
  • iPad3
  • iPad4

b-mobile S 開幕SIMの料金プラン

 データ通信
1GB880円
3GB1580円
7GB2980円
30GB4980円

1GB、3GB、7GB、30GBの4つのデータ容量から料金プランを選択することが可能です。いきなり30GBまで飛ぶのがちょっと微妙ですが、5000円で30GBと考えると、ギガモンスターと較べても3000円も安いことになります。ただし、データ通信のみとなっているのであくまでもサブSIMでしか使えないかもしれません。

毎月のデータ量を使い切ると、速度制限で最大200kbpsまで落ちます。また、データ通信SIMなので解約金はゼロとなっております。料金プラン自体はそこまで安くはないのですが、唯一ソフトバンク回線が使えるという強みがあります。

ちなみに支払い方法はクレジットカードのみとなっています。

b-mobile S 開幕SIMのAPNプロファイル設定方法

iPhoneの場合、APNプロファイルを手動入力できずにインターネット経由でダウンロードしてインストールしなければなりません。ですので、Wi-Fi環境が必要となってきます。手順としては、次の3ステップ。

  1. Wi-Fi接続してSafariからb-mobileの「プロファイル設定方法」ページにアクセス
  2. アクセスページのURLをクリックするか、QRコードを読み込んでプロファイルをダウンロード
  3. 手順に沿ってインストールして完了

b-mobileのAPNプロファイル設定方法ページは公式サイトのサポートページに載っていますので、詳細は下記ページを御覧ください。

公式サイト:b-mobile

b-mobile S 開幕SIMの口コミ評判

これは仕方がない評価だと思います。あわよくばソフトバンクから乗り換えようと思っていた人も少なくないと思います。それで音声通話SIMが存在せず、データ専用SIMだけというのはちょっとだけ残念な印象、ってのは私も感じました。

b-mobileはAmazonでもパッケージの取扱をすると予定があるとTwitterで話していました。また、b-mobileではなく、U-mobileでも開幕SIMが存在しています。U-mobileについて詳しく見ていきたいと思います。

U-mobile Sとは

基本的にb-mobileと変わりありません。というよりも全く同じです。U-mobileは日本通信と協業したサービスを展開しているので、このように同じようなプランが存在します。なお、U-mobileでは、2017年3月22日~2017年4月30日の間、iTunesカード10000円分プレゼントキャンペーンを行っています。

なので、b-mobileで契約するよりもU-mobileで契約したほうが断然お得なのです。あくまでも抽選にはなりますが、U-mobileだとU-NEXT Wi-Fiも使うことが出来るのでb-mobileよりはメリットが多いです。私が契約するのでしたらU-mobile Sにすると思います。

公式サイト:U-mobile S

U-mobile SのAPNプロファイル設定方法

これも基本的にはb-mobileと変わりありませんが、一応U-mobile Sを使うのでしたら、U-mobileの公式サイトで提供しているAPNプロファイルをダウンロードしてインストールするようにしましょう。APNプロファイルの詳細は公式ページからご確認ください。

公式サイト:U-mobile SのAPNプロファイル設定

最後に

以上が、ソフトバンク回線を使ったb-mobile SとU-mobile Sの料金プランや口コミ評判の紹介でした。今のところU-mobile Sのほうが良さそうな気はするので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

  格安SIMでショートメール(SMS)を使う方法
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪