iPhone/Android/ガジェットレビュー/ポケットWiFiなど、IT関連情報を365日お届けしています。

DigitalNews365

「iPhone XS」どのカラーを買う(買いたい)?

View Results

Loading ... Loading ...

au

au/2017~2018年冬春モデルスマホおすすめ機種ランキング

投稿日:

本記事では、auの2017年冬、2018年春モデルに発表された機種をおすすめ順に紹介しています。

各端末のスペックを比較した上で個人的な主観もあるランキングなので、ご参考程度に見て頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

2017~2018年冬春モデルおすすめ機種ランキング

【1】SAMSUNG/Galaxy Note8 SCV37

auの2017年~2018年冬春モデルでは最も高スペックな端末です。ディスプレイはGalaxy S8同様にベゼルレスデザインを採用しており、コンパクトながら大画面を実現。

さらにディスプレイには液晶ではなく有機ELを採用しており、従来の画面よりも鮮明な映像が楽しめるようになりました。

NoteシリーズでおなじみのSペンも搭載。今回のSペンはペン先が0.7mmと、一般的に売られているボールペン程度の細さにまで改良され、4096段階の筆圧感知でより正確に書きやすくなりました。

画面がオフの状態でもSペンを使えば簡単にメモを取ることができ、端末だけではなくSペンにも防水/防塵性能が備わっているため家事をしながらでも気軽にメモを残すことが出来ます。

デュアルレンズを使った手ブレ補正やライブフォーカスにも注目です。

画面サイズ6.3インチ 2,960×1,440(QHD+)
OSAndroid 8.0
CPUMSM8998
2.35GHz/クアッドコア+1.9GHz/クアッドコア
内蔵メモリ (RAM/ROM)6GB/64GB
バッテリー容量3,300mAh
メインカメラ広角:約1,220万画素
望遠:約1,220万画素
サブカメラ約800万画素
その多対応機能microSDXC/Bluetooth5.0/テザリング/
ハイレゾ/防水・防塵/フルセグ・ワンセグ/おサイフケータイ
大きさ/重さ約75 × 163 × 8.6mm/190g

【2】LG/isai V30+ LGV35

スペック的にはGalaxy Note 8と全く引けを取らない端末です。ディスプレイも同じく、有機ELを使った高精細な映像を楽しめる様になっています。LGと言ったら有機ELテレビのシェア数も多く、画面の綺麗さは折り紙付きです。

さらに、F値1.6を使ったメインカメラのガラスレンズ、広角レンズのデュアルカメラを使うことで、暗い場所でも自然さが残る明るい写真撮影ができるようになりました。F値1.6はスマホの中でもかなり絞られた値となっています。

その他ハイレゾやフルセグ/ワンセグ、おサイフケータイなどの基本的なオプション機能も備わっています。

画面サイズ6.0インチ 2,880×1,440(QHD+)
OSAndroid 8.0
CPUMSM8998
2.35GHz/クアッドコア+1.9GHz/クアッドコア
内蔵メモリ (RAM/ROM)4GB/128GB
バッテリー容量3,300mAh
メインカメラ約1,650万画素
広角:約1,310万画素
サブカメラ約510万画素
その多対応機能microSDXC/Bluetooth5.0/テザリング/
ハイレゾ/防水・防塵/フルセグ・ワンセグ/おサイフケータイ
大きさ/重さ約75 × 152 × 7.4mm/158g

【3】SHARP/AQUOS R compact SHV41

AQUOS R Compactは、2017年夏モデルに登場したAQUOS Rのフラグシップモデルです。性能的にはミドルレンジモデルと言えますが、コスパやデザイン面、ディスプレイの特徴さを加味して第3位とさせていただきました。

液晶の形が従来のAQUOSとは異なるフリーフォームディスプレイを採用。この技術を利用することで、ベゼルレスの実現と本来ならば四つ角となる部分が角丸になりました。持ちやすさと手に馴染むフィット感覚が好評です。

液晶には従来通りIGZOディスプレイを搭載し、なめらかな画面スクロールと高精細な映像を楽しむことができます。コスパが非常に良いので、ハイスペック端末に手が出せないという方におすすめです。

画面サイズ4.9インチ 2,032×1,080(FHD+)
OSAndroid 8.0
CPUSDM660
2.2GHz/クアッドコア+1.8GHz/クアッドコア
内蔵メモリ (RAM/ROM)3GB/32GB
バッテリー容量2,500mAh
メインカメラ約1,640万画素
サブカメラ約800万画素
その多対応機能microSDXC/Bluetooth5.0/テザリング/
ハイレゾ/防水・防塵/ワンセグ/おサイフケータイ
大きさ/重さ約66 × 132 × 9.6mm/140g

【4】Sony/Xperia XZ1 SOV36

au2017~2018年冬春モデルのハイスペック御三家の一つであるXperia XZ1。スペック的にはisai V30+やGalaxy Note8に引けをとりません。ですが、大きさの割に小さなディスプレイやいつもと変わらないデザインがユーザーからも少々飽きが来ている感じ。

そんな中でXperiaに搭載されているSonyのカメラはやはり別格です。被写体の動きを自動検出して、人の目では追えない動きを先読みし撮影できるMotion Eyeカメラシステムをメインカメラに搭載。また、スーパースローモーション撮影で1秒あたり960コマの映像を撮影可能に。

カメラにこだわりのある人、やっぱり国産メーカーが安心という方におすすめの端末です。

画面サイズ5.2インチ 1,920×1,080(FHD)
OSAndroid 8.0
CPUMSM8998
2.45GHz/クアッドコア+1.9GHz/クアッドコア
内蔵メモリ (RAM/ROM)4GB/64GB
バッテリー容量2,700mAh
メインカメラ約1,920万画素
サブカメラ約1,320万画素
その多対応機能microSDXC/Bluetooth5.0/テザリング/
ハイレゾ/防水・防塵/フルセグ・ワンセグ/おサイフケータイ
大きさ/重さ約73 × 148 × 7.4mm/156g

【5】Huawei/nova 2 HWV31

auでは初となるHuawei端末。nova 2は5.0インチのオーソドックスなディスプレイサイズや、デュアルレンズを搭載したことによるポートレートモードによる撮影などが特徴的な端末です。

本モデルは日本独自のフルセグ/ワンセグ、おサイフケータイには対応しておらずグローバルモデルのnova 2をそのままauで発売するイメージに近いです。防水/防塵も備わっていないため、スペック的にはローエンド~ミドルレンジモデルの間くらいの機種となっています。

背面には生体認証である「指紋認証センサー」が搭載されています。

画面サイズ5.0インチ 1,920×1,080(FHD)
OSAndroid 7.0
CPUKirin659
2.36GHz/クアッドコア+1.7GHz/クアッドコア
内蔵メモリ (RAM/ROM)4GB/64GB
バッテリー容量2,950mAh
メインカメラ広角:約1,200万画素
望遠:約800万画素
サブカメラ約2,000万画素
その多対応機能microSDXC/Bluetooth4.2/テザリング/
大きさ/重さ約69×142×6.9mm/143g

【6】SHARP/AQUOS sense SHV40

IGZOディスプレイを搭載したAQUOS sense。同時期にAQUOS R compactが発売されましたが、スペック的にsenseの方が劣ってしまいます。

AQUOS senseには濡れた手でも問題なく快適な操作が可能な水に強いIGZOディスプレイを搭載しており、スクロールノイズも少なくどんな場面でもきれいな映像を楽しむことが出来ます。また、IGZOディスプレイを搭載することでバックライトの消費電力も大幅に下げられるため、バッテリーの節約にも繋がります。

画面サイズ5.0インチ 1,920×1,080(FHD)
OSAndroid 7.1
CPUMSM8937
1.4GHz/クアッドコア+1.1GHz/クアッドコア
内蔵メモリ (RAM/ROM)3GB/32GB
バッテリー容量2,700mAh
メインカメラ約1,310万画素
サブカメラ約500万画素
その多対応機能microSDXC/Bluetooth4.2/テザリング/
防水・防塵/おサイフケータイ
大きさ/重さ約72 × 144 × 8.6mm/148g

【7】au/Qua Phone QZ

auブランドモデル「Qua Phone」シリーズの最新作「Qua Phone QZ」。

濡れた手でも操作できる高い防水性と、うっかり落としても大丈夫な耐衝撃性を兼ね備えた機種です。今回のQZはカラーバリエーションが「チョコミント」「カシスピンク」「シトラスレモン」「インディゴ」と鮮やかな4カラーが用意されています。

ディスプレイには「Dragontrail X」と呼ばれる傷つきにくく割れにくいガラスを採用。このガラスが耐衝撃性の秘密でもあります。

画面サイズ5.0インチ 1,920×1,080(FHD)
OSAndroid 8.0
CPUMSM8937
1.4GHz/クアッドコア+1.1GHz/クアッドコア
内蔵メモリ (RAM/ROM)3GB/32GB
バッテリー容量2,600mAh
メインカメラ約1,300万画素
サブカメラ約500万画素
その多対応機能microSDXC/Bluetooth4.2/テザリング/
防水・防塵/
大きさ/重さ約72×145×8.7mm/136g

【8】KYOCERA/BASIO3

スペック的にはQua Phone QZとほぼ変わりありませんが、BASIO3にはワンセグが搭載されています。

スマホを初めて使う方に向けた端末で、プリインストールされているアプリでは「スマホの使い方練習アプリ」が搭載されており、画面操作の仕方、文字入力の仕方、電話の使い方、地図の使い方などが学べるようになっています。

ホーム画面も従来のUIと異なり、大きめのアイコンが並んでいます。スマホが初めてのお子さんやシニア向けの端末としておすすめです。

画面サイズ5.0インチ 1,920×1,080(FHD)
OSAndroid 7.1
CPUMSM8937
1.4GHz/クアッドコア+1.1GHz/クアッドコア
内蔵メモリ (RAM/ROM)3GB/32GB
バッテリー容量2,940mAh
メインカメラ約1,300万画素
サブカメラ約500万画素
その多対応機能microSDXC/Bluetooth4.2/テザリング/
防水・防塵/ワンセグ/
大きさ/重さ約71×144×9.9mm/150g

【9】KYOCERA/TORQUE G03

とにかく高い耐水性と耐久力が売りの「TORQUE G03」。

米国国防総省の調達基準の19項目をクリアし、京セラ独自の耐海水試験にもパスした壊れにくさをとことん追求した端末です。耐海水試験とは、日本沿岸部を想定した海水で水深1.5Mに約30分間沈める試験です。これをクリアした端末だからできる、水中モードでの海中撮影も注目機能の一つです。

その他、耐衝撃性の独自試験では高さ1.8mからコンクリートや鉄板に落とし基準をクリア。また耐荷重試験としてボディ全体に100kgの荷重を均等にかける試験もクリアした堅牢性の高さ。

多少無茶しても壊れない端末が欲しい人、様々なシーンで撮影がしたい方におすすめできる端末です。

画面サイズ4.7インチ 1,280×720(HD)
OSAndroid 7.1
CPUMSM8953 2GHz
オクタコア
内蔵メモリ (RAM/ROM)3GB/32GB
バッテリー容量2,940mAh
メインカメラ約1,300万画素
ワイド:約200万画素
サブカメラ約500万画素
その多対応機能microSDXC/Bluetooth4.2/
テザリング/防水・防塵/
大きさ/重さ約71×145×13.6mm/198g

au2017~2018年冬春モデル/まとめ

以上、au2017~2018年冬春モデルのおすすめ機種の紹介でした。

ハイエンド端末が欲しい場合は、「Galaxy Note 8」「isai V30+」「Xperia XZ1」。コスパが良くそこそこスペックも良い端末が欲しい場合は「AQUOS R Compact」を選ぶのが無難でしょう。

特に今回のAQUOS Rシリーズはユーザー評価も高く満足度が高い一品です。

スポンサーリンク

-au
-2018年, au, おすすめ, 冬モデル, 春モデル

Copyright© DigitalNews365 , 2018 All Rights Reserved.