iPhone/Android/ガジェットレビュー/ポケットWiFiなど、IT関連情報を365日お届けしています。

DigitalNews365

「iPhone XS」どのカラーを買う(買いたい)?

View Results

Loading ... Loading ...

ApplePay ドコモ

Apple Payでdカードを使うとお得な理由とは?VISAが使えないというのは嘘です

更新日:

Apple Payのサービスが開始されて、コンビニやスーパー等での支払いにiDやQUICPayなどの電子マネーを使う機会が増えました。今までのおサイフケータイはAndroidのみだったのですが、iPhoneでもFelicaチップが搭載されておサイフケータイとして使えるようになったのは嬉しいですね。

そんな中でApple Pay対応のクレジットカードが様々あるのですが、その中でもドコモユーザーからは「dカード」および「dカード GOLD」が注目を集めています。

この記事では、なぜ今「dカードが注目を集めているのか」と、「dカードを使うとお得な理由」をまとめています。

iPhone持ちでなくても、ドコモユーザーの方はdカードを作っておいて損はありません。ぜひ、この記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

Apple PayにdカードのVISAが使えないという噂

2016-10-25_162413

これは嘘です。

Apple Pay対応クレジットカードの中にVISAが入っていないから、dカードVISAも使えないだろうと思われがちですが、実は提携しているクレジットカードならばVISAカードでも使うことが出来ます。逆に提携していないクレジットカードの場合は、MasterCardとJCBしか使えません。

VISAが使えないというのは、Suicaアプリやオンラインでの利用ができないというだけです。Suicaチャージができないだけで電子マネーとして実店舗で利用することは可能なのです。ただし、後述していますがポイントをガンガン貯めるなら、VISAではなくMasterCardが良いでしょう。

Apple PayでVISAでも使えるクレジットカードは次の通りです。

  • 楽天カード
  • dカード
  • ビューカード
  • 三井住友カード
  • au WALLET クレジットカード
  • オリコカード
  • イオンカード
  • Softbank
  • セブンカード
  • TS CUBIC CARD
  • クレディセゾン

ドコモユーザーからdカードが注目を集めている理由

今、Apple Pay対応のクレジットカードの中では「楽天カード」と「dカード」に注目が集まっています。その中でもドコモユーザーからは特にdカードが人気で、今までdカードを持っていなかった人も新規契約し始めています。

ドコモユーザーから人気がある理由は、日常的にApple Payを使うとポイントがザクザク貯まることに尽きます。ドコモのdカードはiD(アイディー)に対応しているので、iD対応の店舗でiPhoneをかざすだけで買い物ができます。

さらにdカード GOLDにすることで、dアカウントとカードを紐付けると毎月のドコモ携帯電話料金や、ドコモ光の利用料金の10%がポイントとして還元されます。

例を出すと次のような感じでポイントが貯まります。

サービス名月額料金還元率獲得ポイント
ドコモ光4,00010%400ポイント
ドコモケータイ8,00010%800ポイント

両方のサービスを使うと毎月1,200ポイント獲得することができます。

dカード GOLDの年会費が10,800円なので、毎月の携帯料金やドコモ光の支払いをdカード GOLD経由で行うと、年会費を余裕でペイできる計算となっています。この仕組みがドコモユーザーに非常にウケていて、Apple Payを使うなら携帯料金の支払いと同時にdカードを契約してしまおうという人が多いのです。

dカードがお得な理由

dカードがお得な理由は前述でほとんど書きましたが、改めてまとめると次の通りです。

  • 携帯料金やドコモ光の支払いでポイントがザクザク貯まる
  • Apple Pay経由でiDを使ってポイントが貯まる
  • 還元率が1.0%~10%とありえないレベル
  • dカード特約店で利用するとさらに1.0%ポイントを還元

基本的に100円につき1ポイント貯まるのがdカードです。この数値はポイント還元率が高いほうです。200円につき1ポイントの0.5%という会社も結構多いです。それでは最後に、dカードとdカード GOLDの違いを見てみましょう。

dカード

カード名還元率ポイント有効期限電子マネー年会費
dカード1.0%24ヶ月iD無料

dカードはVISA / MasterCardの選択ができます。Suicaチャージも考えているならば、MasterCardを選択しましょう。

dカードの年会費は初年度無料ですが、2年目以降は1,250円かかります。しかし、1回でもショッピングサービスの利用があれば年会費は無料となります。ショッピングサービスの中には携帯電話の料金やETCなども含まれているので、ドコモを契約している人ならば毎月の携帯料金をdカードで支払えば年会費は実質無料となります。

しかし、残念ながらdカードでのドコモケータイの支払いやドコモ光で得られるポイントは1000円につき10ポイントです。ステージを上げる方法は、6ヶ月間で貯まったdポイント獲得数とドコモ回線の利用期間が重要です。ステージレベルとステージ条件一覧は次の通りです。

ステージステージ条件
1stステージドコモ歴:4年未満
dポイント獲得数:600pt未満
2ndステージドコモ歴:4年以上
dポイント獲得数:600pt以上
3rdステージドコモ歴:8年以上
dポイント獲得数:1,800pt以上
4thステージドコモ歴:10年以上
dポイント獲得数:3,000pt以上
プラチナステージドコモ歴:15年以上
dポイント獲得数:10,000pt以上

ドコモ回線を新規契約した人にとって、ステージアップが厳しいのが現状。しかし、既にドコモ歴が長い人であれば6ヶ月間のdポイント獲得数を10,000ポイント維持するだけでプラチナステージを維持できます

なので、全ての支払いをdカードにするとポイントも貯まりやすくステージも維持しやすいでしょう。

dカード GOLD

カード名還元率ポイント有効期限電子マネー年会費
dカード GOLD1.0%~10%24ヶ月iD10800円

dカード GOLDはVISA / MasterCardの選択が出来ます。Suicaチャージも考えているならば、MasterCardの選択をしましょう。

dカード GOLDの年会費は税込みで10,800円となります。年会費を含めると損だなと感じてしまうかもしれませんが、dアカウントと紐づけした上で毎月の携帯料金をdカード GOLDで支払うだけで、年会費を簡単にペイできてしまいます。

毎月の携帯料金やドコモ光の支払いが9,000円だとすると、毎月900ポイント貯まるので、12ヶ月で換算すると10,800ポイントとなります。これで年会費が簡単にペイできてしまうので、dカードよりdカード GOLDを選択する人が多いのです。

更にdカード GOLDではdカードにはない特典が様々存在します。

  • 空港ラウンジの無料利用
  • 国内・海外旅行保険
  • dカード GOLDデスク

dカード GOLDは年会費だけがネックですが、その部分はドコモケータイの支払いで簡単にペイできるので心配ありません。dカードではなく、dカード GOLDが多く選ばれるのにはきちんとした理由があったのです。

今ならdカード GOLD入会者限定キャンペーンも

年末までにdカード GOLDに入会すると、最大13,000ポイントもらえるキャンペーンを実施しています。

特典は3種類あります。

  1. 入会でiD2,000円分キャッシュバック
  2. ケータイ料金をdカード GOLDにするとiD1,000円分キャッシュバック
  3. 翌月末まで20,000円以上利用するとiD8,000円分キャッシュバック
  4. 翌月末までに「こえたらリボ」と「キャッシングリボ」を設定するとそれぞれiD1,000円分、合計2,000円分キャッシュバック

特典1.はdカード GOLDに申し込みするだけでdポイントがもらえます。

ドコモケータイ利用料金、電子マネーチャージは対象外
スポンサーリンク

最後に

以上が、「Apple Payでdカードの利用がお得な理由」の紹介でした。

ドコモユーザーであれば、dカードの効果を最大限に発揮できます。オススメはなんといってもdカード GOLDです。これを機に検討してみてはいかがでしょうか?

 

★Suicaのオートチャージは現在VIEWカードのみ!

参考Apple Payで使えるポイント還元率が良いクレジットカード特集

スポンサーリンク

-ApplePay, ドコモ
-Apple Pay, dカード, iPhone

Copyright© DigitalNews365 , 2018 All Rights Reserved.