Apple payで使えない・使えるクレジットカードの種類をまとめてみた

このページでは、Apple Payで使えないクレジットカードの種類をまとめています

iPhone 7からApple Payが利用できるようになり、iPhoneでもようやくコンビニなどで電子マネーでの支払いが可能になりました。そのApple Payですが、様々なクレジットカードやプリペイドカードを登録することができて便利な反面、まだApple Payに対応していないクレジットカードも多々存在します。

とは言っても、主要なクレジットカード会社とは連携しているので、そこまでナーバスになる必要はありません。では早速、Apple Payで使えないクレジットカードは何なのか、逆に使えるクレジットカードは何なのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

Apple Payとは

Apple Payとは、現在(2017年2月5日)iPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2で使えるFelicaを利用した決済機能です。Androidではおなじみの「おサイフケータイ」と置き換えることもできます。

Apple PayではSuicaやクレジットカード、プリペイドカードの3種類のカードを取り込むことができ、Suicaを取り込んだら改札にiPhoneをかざすだけで通れるようになります。Suicaカードを事前に持っていなくても、AppStoreにて提供されているSuicaアプリから新規購入することが可能です。Suicaに関しての詳しい記事は下記をご参考ください。

iPhone 7-Suicaの登録方法からオートチャージのやり方まで全て紹介

2016.10.21

Apple Payにはクレジットカードとプリペイドも取り込むことができ、これらの対応しているカードをApple Payに追加することで、カードを使った決済が可能になります。従来通りにカードのポイントも貯まるので、デメリットと呼べるところがないのが特徴です。

なお、AppleではApple Payで使えるクレジットカードを現在増やしている最中ではありますが、まだ使えないカードも多く存在します。とりあえず使えるクレジットカードはどれなのかを次章で確認していきましょう。

Apple Payで使えるクレジットカードの種類

今回は日本で使えるクレジットカードの種類を一覧としてまとめました。ただし、QUICPay、またはiDに対応しているものだけをピックアップしました。公式ではApple Payに対応していると掲載しているものの、企業側が対応を発表していないカードも省略しています。

QUICPayに対応iDに対応いずれかに対応
KDDIFFGカード東北しんきんカード
おきぎんJCBJFR カード秋田銀行
オリエントコーポレーションNTTドコモむさしのカード
クレディセゾンイオンフィナンシャルサービス東邦銀行
JCBソフトバンク・ペイメント・サービス高知カード
セブン・カードサービスペルソナ北陸カード
セブンCSカードサービスやまぎんカード中国銀行
とちぎんカード・サービスゆうちょ銀行しんきんカード
トヨタファイナンスりそなカード
ビューカード阿波銀カード
ユーシーカード横浜銀行
愛媛JCB関西クレジット・サービス
楽天カード紀陽カード
宮銀カード京葉銀カード
京銀カードサービス近畿しんきんカード
広島銀行九州しんきんカード
高島屋クレジット三井住友カード
三菱UFJニコス三井住友トラスト・カード
静銀セゾンカード三重銀カード
第四JCBカード四国しんきんカード
池田泉州JCB四国銀行
東邦カード七十七カード
肥銀カード秋田国際カード
福井銀行青森銀行
北洋銀行荘内銀行
髙島屋クレジット大東クレジットサービス
アメリカン・エキスプレス・カード但馬銀行
アプラスカード池田泉州VC
エポスカード筑邦銀行
ジャックスカード中国しんきんカード
ポケットカード東京クレジットサービス
ライフカード東邦クレジットサービス
南都カードサービス
八千代クレジットサービス
福岡銀行
北都銀行
セディナカード

以上が、Apple Payで現在(2017年2月5日)使えるクレジットカード一覧でした。Apple Pay公式ページにあるデータを拝借したのですが、もしかすると公式ページには載っていないけど、実は使えるクレジットカードもあるかもしれないので、確認したい場合はカード会社へお問い合わせをしましょう。

また、使えるクレジットカード一覧に載っていても、カードの種類によっては対応していないものもあります。もしApple Payの登録に失敗する場合は一度カード会社にお問い合わせしてみるのがいいでしょう。

一覧を見てわかったことをチェックポイントとしてあげておきます。

  • JCBならどのクレジットカードでもOK
  • 大手3キャリアのドコモ・au・ソフトバンク独自の支払いに対応している
  • 地銀でもQUICPayやiD対応のクレジットカードが多い

2017年3月1日 Apple Payに7社対応

2017年3月1日に7つのクレジットカードがApple Payに対応となりました。追加されたクレジットカードは、アメリカン・エキスプレス・カード、アプラスカード、エポスカード、ジャックスカード、セディナカード、ポケットカード、ライフカードとなっています。

それぞれQUICPayに対応しているのが、アメリカン・エキスプレス・カード、アプラスカード、エポスカード、ジャックスカード。そしてiDに対応しているのがセディナカード、ポケットカード、ライフカードとなっています。

Apple Payで使えないクレジットカードの種類

基本的に使えないクレジットカードは、前章でまとめたクレジットカード以外だと思ってください。

American Expressやアメックスカードが使えないのは意外でした。また、VISAカードのみになりますが、Apple Payに対応しているカード会社から発行されたVISAカードは、iPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2のみでしか追加できません。(2017年2月5日現在)

最後に

以上が、Apple Payで使えないクレジットカードと使えるクレジットカードのまとめとなります。

現在Apple Pay対応とされている全125社のうち、QUICPay、iDで使えるというのが半分ほどしかありませんが、徐々に対応していくと思います。

  Apple Payで使えるポイント還元率が良いクレジットカード特集
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪