Apple福袋2018|Lucky Bagの販売や予約、初売りについて

2017年はApple福袋である、「Lucky Bag」の販売が行われませんでした。

2016年から連続で販売が行われなかったLuck Bagですが、その代わりに「初売り」という形で、1日限定のセールを行いました。おそらく2018年も去年と同じ形態でのApple製品の販売になると思います。

そこでこのページでは、2018年のApple福袋「Lucky Bag」の販売や予約について、今年の初売りについての情報をまとめました。

スポンサーリンク

2018年の Lucky Bagの販売について

Apple2018年の福袋「Lucky Bag」の販売については、まだ正式に発表はありません。

おそらくですが、2017年同様に初売りに切り替えるのではないかと予想しています。これからは年始に初売りを1日限定で行い、そこでギフトカードなどを配り、Lucky Bagの代わりとして販売していくでしょう。

Appleの初売りが2018年1月2日からスタートしました。2017年同様ギフトカードのプレゼントもあり、その額は最大18,000円となっています。詳しくは公式サイトを確認してください。

外部参考2018年Appleの初売りについて

2017年のLucky Bagの販売について

2017年も2016年同様に販売しないことが正式に発表されました。また、店頭販売で福袋を販売することもありません。

しかしながら、2017年は福袋の代わりにApple Store各店舗とオンラインストアにて、Apple製品の初売りが行われました。開催期間は2017年1月2日の1日のみだったので、かなりの盛況具合となったようです。

また、Apple製品を購入するとApple Storeで使えるギフトカードが最大16,500円分もらえるなど、お得な初売りとなりました。

2016年のApple Lucky Bagが販売中止になった理由

冒頭でざっくりと、「お客さんとの一悶着があった」と書きましたが、そのお客さんというのが「転売屋」です。

 Lucky Bag販売中止の背景には、店舗前の行列防止や転売目的の来店者排除もあると考えられる。アップルストアでは、2014年のiPhone 6/6 Plus販売時に転売目的などの来店者とトラブルが発生して以来、周辺地域への配慮や警察署の指導もあり、新製品発売時に長蛇の列ができて混乱の原因にならないよう対策してきた。

via:IT media

2015年のLucky Bag販売でもApple側は前日に整理券を配るなどと対策は打ってきましたが、それもあまり効果はなく2016年は販売を断念。

Apple側でもブランドイメージを保ちたいので、やはり長蛇の列を作ってお祭り騒ぎのように福袋争奪戦はしたくないという考えもあるのでは、と言われています。

2015年のLucky Bagの中身一覧

おさらいの意味を込めて、2015年のApple福袋はどのような中身だったのかを紹介します。ちなみに福袋の値段は全て38,800円です。本当の運試しって意味でもワクワクしますね。

共通で入っているもの

どの福袋にも、以下のアイテムが含まれていました。

  • Incase ICON Slim Pack Backpack 限定カラー
  • mophie juice pack powerstation 限定カラー
  • Apple TV
  • power beats2 ワイヤレスインイヤーヘッドフォン
  • iTunesカード

上記だけでも40,000円以上します。つまり、ハズレを引いたとしても元値は十分とれるスバラシイ福袋です。

iTunesカードは1,000 ~ 50,000円と振れ幅はありました。

1.Lucky Bag 2015 大当たり

  • MacBook Air 11インチ 128GB
  • AIR JACKET This set is MacBook Air
  • Twelve South PlugBug World

総額150,000円以上の大当たり福袋です。

MacBook Air 11インチ 128GBで90,000円近い。

2.Lucky Bag 2015 当たり1

  • iPad Air2
  • UE BOOM 耐水ワイヤレススピーカー

総額120,000円以上の当たり福袋その1です。

3.Lucky Bag 2015 当たり2

  • iPad mini3 16GB
  • UE BOOM 耐水ワイヤレススピーカー

総額110,000円以上の当たり福袋その2です。

4.Lucky Bag 2015 通常

  • ipod touch 16GB

総額75,000円以上のハズレ枠の福袋です。

ハズレ枠と言っても、元値は十分に取れていますし、もしiTunesカードが50,000円分だったら当たり福袋よりアタリになっちゃいます。

ハズレ枠でも希望が持てるのがAppleのLucky Bagの良いところですよね。

スポンサーリンク

最後に

以上が、2018年のApple福袋Lucky Bagの販売予想と予約についてのまとめでした。

2016年以降2年連続でLucky Bbgの販売がないため、2018年も販売はないかもしれません。しかし、僅かな望みをかけて情報を待ちましょう。

★2018年福袋特集

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。