IT知識

2019年Apple福袋「Lucky Bag」予約はなし?初売りの開催は1月2日から!

投稿日:2017年12月3日 更新日:

2016年以降行われていない、Appleの福袋「Lucky Bag」の販売。2019年も同様に販売はされないと思われます。その代わりに「初売り」という形で、Appleでは1日限定のセールを行うようになっています。そのため、2019年も前年同様に初売りからAppleの新年が始まると予想されます。

  • 2019年の初売り情報
  • 過去のApple福袋や初売り情報
  • なぜLucky Bagの販売が失くなったのか?

この記事で上記を説明しています。ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

2019年のApple福袋「Lucky Bag」の予約はある?

例年通り、Lucky Bagの販売はありません。

初売りは2019年1月2日限定!

Lucky Bagの取り扱いを辞めてから、Appleでは毎年初売りを開催しています。そして2019年も例年通り、Appleの初売りが2019年1月2日の1日限定で開催されます。予めクレジットカードの登録やApple IDの作成、住所登録を済ませてスムーズに買い物ができるように準備しておきましょう。

過去のApple福袋「Lucky Bag」の販売や初売り情報

2018年は最大18,000円のギフトカードプレゼント

初売り日:2018年1月2日

2018年は2017年同様に初売りでした。これからは年始に初売りを1日限定で行い、そこでギフトカードなどを配り、Lucky Bagの代わりとして販売していくでしょう。2017年同様ギフトカードのプレゼントもあり、その額は最大18,000円となっています。

2017年は最大16,500円のギフトカードプレゼント

初売り日:2017年1月2日

2017年も2016年同様に販売しないことが正式に発表されました。また、店頭販売で福袋を販売することもありません。

しかしながら、2017年は福袋の代わりにApple Store各店舗とオンラインストアにて、Apple製品の初売りが行われました。開催期間は2017年1月2日の1日のみだったので、逃した人も多く見られました。また、Apple製品を購入するとApple Storeで使えるギフトカードが最大16,500円分もらえるなど、太っ腹な一面も。

2016年は初売り、Lucky Bagの販売が中止

2016年はLucky Bagの販売が中止され、それに伴い新春の初売りもされなかったという、熱心なAppleユーザーにとっては残念な年の始まりになりました。

2015年まで販売されていたLucky Bagの発売がついに中止。中止になった背景には、「お客さんとのトラブル」がありました。

2015年のLucky Bagの中身一覧

2015年まで販売されていたLucky Bag。実際に過去はどんなものが福袋に入っていたのかを簡単にご紹介します。福袋の値段は全て38,800円です。

共通で入ってたアイテム

  • Incase ICON Slim Pack Backpack 限定カラー
  • mophie juice pack powerstation 限定カラー
  • Apple TV
  • power beats2 ワイヤレスインイヤーヘッドフォン
  • iTunesカード

上記だけでも40,000円以上します。つまり、ハズレを引いたとしても元値は十分とれる素敵な福袋。だたし、iTunesカードは1,000 ~ 50,000円と振れ幅はありました。

【大当たり】Lucky Bag 2015

総額150,000円以上の大当たり福袋です。MacBook Air 11インチ 128GBで90,000円近い。

  • MacBook Air 11インチ 128GB
  • AIR JACKET This set is MacBook Air
  • Twelve South PlugBug World

【当たり1】Lucky Bag 2015

総額120,000円以上の、当たり福袋その1です。

  • iPad Air2
  • UE BOOM 耐水ワイヤレススピーカー

【当たり2】Lucky Bag 2015

総額110,000円以上の、当たり福袋その2です。

  • iPad mini3 16GB
  • UE BOOM 耐水ワイヤレススピーカー

【通常】Lucky Bag 2015

総額75,000円以上のハズレ枠の福袋です。

ipod touch 16GB

ハズレ枠と言っても、元値は十分に取れていますし、もしiTunesカードが50,000円分でしたら、当たり福袋よりお得な計算になります。ハズレ枠でも希望が持てるのがAppleのLucky Bagの良いところです。

Apple福袋「Lucky Bag」が販売中止になった理由

ザックリいうと、お客さん、いわゆる転売屋さんとの一悶着が原因でAppleはLucky Bagの販売中止を取り決めました。

 Lucky Bag販売中止の背景には、店舗前の行列防止や転売目的の来店者排除もあると考えられる。アップルストアでは、2014年のiPhone 6/6 Plus販売時に転売目的などの来店者とトラブルが発生して以来、周辺地域への配慮や警察署の指導もあり、新製品発売時に長蛇の列ができて混乱の原因にならないよう対策してきた。

via:IT media

2015年のLucky Bag販売でもApple側は前日に整理券を配るなどと対策は打ってきましたが、それもあまり効果はなく2016年は販売を断念。Apple側でもブランドイメージを保ちたいので、やはり長蛇の列を作ってお祭り騒ぎのように福袋争奪戦はしたくないという考えもあるのでは、と言われています。

Apple福袋や初売り情報まとめ

以上が、2019年のApple福袋Lucky Bagの販売予想と予約についてのまとめでした。

  • 2019年も1月2日から初売りの可能性が高い
  • 今後Lucky Bagが復活することはなさそう

初売りはネットからでも参加できるので、2019年の他社家電量販店でiPadを狙うよりも、実はAppleで購入したほうが安いこともあります。これからApple製品デビューしたい方、新しく買い替えをしたい方は2019年の初売りを狙っていきましょう。

スポンサーリンク

-IT知識
-Apple, Lucky Bag, 福袋

Copyright© DigitalNews365 , 2019 All Rights Reserved.