DigitalNews365

iPhone/Android/ガジェットレビューを始め、スマホアプリの使い方などITニュースを365日お届け

Androidスマホのイヤホンが聞こえない・認識しない原因

Androidスマホのイヤホンが聞こえない・認識しない原因

Androidスマホでお気に入りの音楽を聞いたり、映画を見ようとしても、イヤホンやヘッドホンから何の音もしない。あるいはイヤホンからではなく、スピーカーから音が出たという経験が一度や二度あるかと思います。

そこで本記事では、Androidスマホでイヤホンが聞こえない、認識しない時の原因や対処方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

まずはAndroidスマホの再起動を

イヤホンを差しているのに音が聞こえない、あるいはスピーカーから音が出る。でも、それがどうしてなのか分からず、出先や時間が無い時は調べる余裕なんてありません。

そんな時は一度Androidスマホを再起動することをおすすめします。

乱暴なやり方に思うかもしれませんが、実は効果的なやり方でもあります。原因が内部の不具合やアプリのエラーだった場合、再起動する事で強制的に終了する事が出来ます。

ですが、起動しても変わらない場合は次の事を確認しましょう。

【1】イヤホンやイヤホンジャックを確認

まずハードの部分から確認をします。

イヤホンの断線

イヤホンを雑に扱うと断線してしまう事があります。

音が片方だけ聞こえないとかだったら、イヤホンの不調はすぐに分かりますが、両方とも聞こえない場合はイヤホンの問題なのかスマホの問題なのか分かりません。

そんな時は、パソコンやテレビに差してイヤホンを挿してご確認ください。

イヤホンジャックの掃除

Androidスマホのイヤホンを差す部分をイヤホンジャックといいます。この部分は埃が溜まりやすい場所で、イヤホンやカバーを差していても変わりません。

実はAndroidスマホは、機種によってイヤホンジャックの大きさが若干違います。

そのため、購入時に付いている純正品以外のイヤホンなどを使用していると隙間が出来てしまいます。この埃のせいで、イヤホンから音が出なかったり、イヤホンを認識しないでスピーカーから音が出る場合があります。

また、掃除をしないで埃を溜めこんでいると故障の原因にもなります。そうならないためにも、定期的にイヤホンジャックを掃除することをおすすめします。

イヤホンジャックは次のような方法で掃除可能です。

エアースプレーで吹き飛ばす

100円ショップでも販売しているエアー(空気)スプレーなどで、埃を吹き飛ばしましょう。

イヤホンジャックに吹きかけるだけでも効果があります。

身近な物で掃除

エアースプレーが無い場合は、綿棒やつまようじ、テッィシュでも可能です。穴に差し込み、埃を掻きだすだけでOKです。

ただし、内部は精密機械なので、実行する場合は注意しましょう。

【2】スマートフォンの設定やアプリを確認

イヤホンやイヤホンジャックに問題が無い場合、スマートフォンの内部に原因があります。

スマホに問題があるか確認する方法を、実例をもとに紹介します。今回はXperiaSO-4Jを使用します。

Androidスマホの機種によって若干操作方法が異なります。予めご了承下さい。

イヤホンを差した時の音量が消音になっている

意外と見落としがちなのが音量が消音になっている場合です。

1.まず、ホーム画面から「設定」を開き、「音設定」をタップ。

音量の項目にある「メディアの音量」が消音になっていた場合、バーを右へと移動させ音量を上げます。これでスマホから音が出る状態になります。

ただし、この時にイヤホンが差していないとスピーカーの音量が表示されてしまいます。確認する際は、イヤホンを差して確認してください。

インストールしたアプリに問題がある場合

上記までの方法でも不具合が直らない場合はアプリに問題がある可能性が高いです。確認するには「セーフモード」でスマホを起動しましょう。

スマホをセーフモードで起動するやり方はAndroidの機種ごとに違うため、メーカー公式サイトを確認して下さい。

「セーフモード」で起動したら、イヤホンを差して先程同様に設定アプリを開き、「音設定」で「メディアの音量」を上げて音が出るかどうかを試します。

これで音が出た場合は、アプリのどれかが不具合を起こしていることになりますので、心当たりのあるアプリを削除しましょう。

ここまでの方法でイヤホンが認識しない場合

ここまでやっても不具合が改善しない場合は、スマホが故障している可能性が高いです。

最寄りのショップへと持ち込んで修理を頼むか、これを機にAndroidスマホを買い換えることをおすすめします。

イヤホンジャックはスマホの中で汚れやすい場所です。汚れを放置して使用すると故障の原因にもなりかねません。小まめな手入れをする事で、音質もクリアな状態を維持できるので、定期的に掃除していきましょう。

Return Top