Androidスマホ/アプリ内課金の制限方法と解除方法

アプリゲームには強いアイテムや、プレイを有利にする課金要素があります。

お気に入りのキャラクターや、目当ての武器を引こうとして熱が入り、気が付くととんでもない金額を使ってしまった、という事もよくあるでしょう。

そこで本記事は、Androidスマホでのアプリ内課金の制限方法や制限を解除する方法について紹介します。

アプリ内課金を制限する方法

課金はついつい熱が入り、とんでもない金額を費やしてしまいます。大人でも自制するのが難しいため、お子さんにスマホを持たせるときは勝手に課金しないようにとしたい親御さんは多いはずです。

そこでアプリ内課金制限の方法を、Androidスマホ「SONY Xperia SO-4J」を実例に説明します。

課金する際にパスワードを要求する設定方法

まずスマホホーム画面の「Google Play」を起動します。次に左上にあるメニューアイコンを選択してください。表示されたメニュー画面の下にある「設定」をタップします。

設定にある「購入時には認証を必要とする」をタップすると以、ポップアップが表示されます。

この中の一番上の「この端末でGooglePlayから購入するときは常に」を選ぶと課金する際に、下記のように設定したパスワードを要求されるようになります。

この方法でゲームアプリ内の課金を制限することができます。しかし、パスワードを知られてしまうと簡単に課金ができてしまう弱点もあります。その時は、課金する際に「指紋認証」を設定するのがおすすめです。

課金する際に指紋認証を要求する設定方法

一つ注意点として、この手法は指紋認証機能が付いているスマホで使える方法となります。

「Google Play」の設定を開くと「指紋認証」があるのでタップしてチェックを入れます。

すると、パスワードではなく指紋認証が課金する際に必要になります。実際にゲーム内課金をしようとしても、このように表示されます。

課金をする際に認証を必要とする設定にすると、お子さんが勝手に課金するリスク以外にも、スマホを落としたりGoogleアカウントを乗っ取られても勝手に使われるリスクを減らせます。

アプリ内課金の制限を解除する方法

設定の解除は同じように「Google Play」のメニュー設定から解除できます。「購入時には認証を必要とする」をタップして「認証は不要です」に変更すれば完了です。

上記の方法が何らかの理由で出来ない場合は、Google Playアカウントからクレジットカードを削除するというのも一つの手です。

アプリ内定期購入を解除するには

アプリの中には毎月決まった時期に料金を支払うことで、サービスを受けれる定期購入があります。定期購入しているアプリはアンインストールしても、自動的に停止されません。きちんと解除しないと、更新料を取られる恐れがあります。

そこで、アプリ内定期購入の解除方法を紹介します。

ご使用のAndroidスマホで「Google Playストア」を開き、メニューアイコンをタップします。次にメニュー上部にある「定期購入」をタップします。

定期購入しているアプリがあると、下記のように表示されます。解除したいアプリをタップして、「定期購入を解約」をタップします。

後は画面の指示に従い、「定期購入を解約」タップすると解除完了となります。

大人が課金を制限する方法

ここまで説明した方法は保護者が子供の課金を防いだり、第三者に自分のGooglePlayアカウントを使われないようにするための方法です。自立した大人が課金をしすぎないようにするには、自分の意思が重要です。そのための方法を4つ紹介します。

支払い方法をGooglePlayカードに限定する。

クレジットカードで支払いを続けると、自分が現時点でどれだけの金額を使ったのか分かりづらいです。その点、プリペイドカードだと、どれだけ使ったのか直ぐにわかります。購入して、コードを入力するという動作の途中で熱が冷めるということもあります。

SNSで同じゲームをしている人を探さない

イベントの時期になると、限定キャラを手に入れたという報告がSNSに流れていきます。それを見ているうちに課金への意欲が湧いてしまい、ついつい手が伸びてしまいます。

そっと、目を離すと気持ちも落ち着きます。

スマートフォンに充てる時間を減らす

スマホが手元にあり、いじっているとゲームを起動してしまいます。そういった時間を削っていくと、ゲームへの意欲が減っていき課金を抑えることができます。

ゲームアプリをアンインストールする

これは最終手段です。それまでに費やしてきたお金や時間や情熱を手放すことになります。ですが、ずるずると課金を続けてしまい後悔をするぐらいなら、断腸の思いで手放すのも一つの手です。

子供は時としてとんでもない行動を取ってしまいます。制限を掛けなかったことで、十万単位の金額を使われてしまったという報告はよくあります。子供がのめり込まないように、課金制限を設けることを推奨します。

また、課金は一時の幸福感を得ます。そのあと訪れる後悔や虚無感に苛まれるなら、すっぱりと課金をやめる決断を持ちましょう。

最後に

以上、Androidスマホで課金制限する方法、課金制限を解除する方法についての紹介でした。

自制心をキープするためにも、何らかの課金制限を掛けておくことをおすすめします。また、ゲームアプリ内で課金制限を設定することも出来るので、そちらも合わせてやっておくと良いかも知れません。