Always On Displayの設定方法を徹底解説

Galaxy S7 edgeから実装された「Always On Display」という機能ですが、この機能の使い道がわからない、どういった機能なのか不明という方も少なくないでしょう。

本記事では、Always On Displayの設定方法を徹底解説しました。Always On Displayを使いこなし、Galaxyの機能をもっと堪能していきましょう。

スポンサーリンク

Always On Displayとは

Always On Displayとは、Galaxy S7 edgeからGalaxy端末にて使えるようになった機能で、画面をオンにすることなくスリープ画面上に常時時刻やメール、着信の通知などを表示することが出来ます。

これを使うことでスリープ状態から解除しなくても時刻の確認ができるので、1日に何度もスマホで時刻を確認する人にとっては嬉しい機能です。

Always On Displayの消費電力について

常時画面上に時刻等を表示するということで、もしかしたら消費電力が多くてバッテリーの消耗が早くなるのではと心配な方も多いと思います。

しかし、通常Always On Displayで使用する電力は1日1%程度と言われています。実際に一日触らずに放置していても、Always On Displayをオン、オフの場合でそこまで大きな差はありませんでした。

消費電力について、Always On Displayの機能をオフにする方法については下記記事にて紹介しています。

Always On Displayの設定方法

それではAlways On Displayの設定方法について解説していきます。今回解説するのは次の機能の使い方です。

  • Always On Displayのスケジュール設定
  • 時計の設置とスタイルの変更
  • FaceWidgetの設定

【1】Always On Displayのスケジュール設定

Always On Displayを起動しておく時間を設定することが出来ます。寝ている間に機能をオフに設定しておくと、よりバッテリーの消耗を抑えることが出来ます。

まずはGalaxyの設定アプリを開きます。設定アプリの「ロック画面とセキュリティ」→「Always On Display」と順番にタップしていきます。

すると、スケジュール設定の項目があるので開始時間と終了時間を設定して「OK」を押すとスケジュール設定の完了です。

【2】時計の設置とスタイルの変更

Always On Display上に表示する時計の設置、設置した時計のデザインスタイルを変更する方法について解説します。

「設定アプリ」→「ロック画面とセキュリティ」→「Always On Display」と順番にタップしていきます。表示するコンテンツの中に「時計や情報」、「ホームボタンと時計」、「ホームボタン」の3項目がありますので、時計を表示したい場合は前者2つのいずれかを選択します。

時計のデザインを変更するには別の画面で設定することが出来ます。

「設定アプリ」→「ロック画面とセキュリティ」→「時計とFACEWIDGET」と順番にタップします。「時計のスタイル」をタップすると、ロック画面およびAlways On Display上に表示する時計のデザインスタイルを設定することが出来ます。

【3】FaceWidgetの設定

Always On Displayやロック画面上に「FaceWidget」を設定することができます。これを設定することでスケジュールや音楽コントローラーなどをAlways On Display上から操作、閲覧することが可能になります。

「設定アプリ」→「ロック画面とセキュリティ」→「時計とFACEWIDGET」と順番にタップします。次の画面にて「FaceWidget」をタップします。

FaceWigetに表示する項目の設定ができるので、自分がAlways On Displayに表示したい項目のトグルをオンにします。また、FaceWidgetを表示する場所をロック画面のみ、もしくはAlways On Displayだけ、両方と設定することも可能です。

Always On Displayの疑似アプリも登場

Always On Displayと同じような機能をもつ「Always On AMOLED」というAndroidアプリが登場しました。

このアプリはAMOLEDディスプレイの端末で利用することができます。機能としてはAlways On Displayと対して変わりません。Galaxy以外のOLEDディスプレイのAndroidを利用している方は使ってみてはいかがでしょうか。

外部リンクAndroid版をダウンロード
スポンサーリンク

この記事が良かったらシェアお願いします