アクティベーションロックの解除方法|突然iPadやiPhoneロックされても慌てないこと

このページでは、iPhoneやiPadが突然アクティベーションロックにかかった時の解除方法について解説しています。

普段何気なくiPhoneやiPadを使っている際に、突然アクティベーションロックがかかってしまうため慌ててしまう人も多いです。アクティベーションロックは盗難防止システムとして働くのですが、あなたがもし複数のApple IDを所有しているのでしたら、それが原因でアクティベーションロックがかかってしまったのかもしれません。

スポンサーリンク

アクティベーションロックとは

アクティベーションロックとは、iPhoneやiPadが盗難・紛失されたときに掛けられるロックです。このロックをかけることで、いつもはパスコードをかけていないiPhoneでも、紛失してしまった時に外部からロックをかけることができます。

このアクティベーションロックを解除するには、「iPhoneやiPadで利用しているApple IDとパスワード」が必要です。このアクティベーションロックはiPhoneを工場出荷時の状態に戻すときにも使われていますので、必ず現在使っているApple IDは覚えておくようにしたいものです。

アクティベーションロックがかかってしまいiPhoneが使えなくなった時の症状を「文鎮化」と予備人もいます。

アクティベーションロックがかかる原因

iPhoneやiPadでアクティベーションロックにかかってしまう原因は主に3つあります。

1.iPhoneやiPadを中古で購入した

iPhoneやiPadを中古で他人から購入した場合に、アクティベーションロックがかかってしまっている可能性があります。特にオークションやフリマアプリなどでiPhoneを購入する際は、アクティベーションロックにかかっていることがたまにあるので注意が必要です。

出品者がデバイスの初期化を完璧にしていないと、いざ購入したiPhoneやiPadを起動するとアクティベーションロックがかかるので、そのときは元のオーナーに問い合わせてロック解除をしてもらうしかありません。Apple IDとパスワードが必要となるので相手側がゴネる可能性はありますが、必ず教えてもらうようにしましょう。

もしくは相手のApple IDから購入したデバイスを消去してもらいましょう。その後iPhoneやiPadを再起動することでアクティベーションロックが解除されます。

中古でiPhoneやiPadを購入する場合は、必ずiPhoneの初期化を行っているかを購入ページで確認するようにしましょう。

2.リカバリモードで復元をした

iPhoneやiPadはリカバリーモードでiTunesを使って復元ができます。リカバリーモードとはiPhoneやiPadなどを復旧する機能で、もしリカバリーモードで復元する前にiCloudからサインアウトしていない場合、復元が終わった後にアクティベーションロックの解除を求められます。

このアクティベーションロックを解除するには、復元前にサインインしていたApple IDとパスワードを入力するしかありません。

3.別のApple IDが紐付いてしまった

複数のApple IDを持ち使い分けている人は、ある日突然iPhoneやiPadにアクティベーションロックが掛かる可能性もあります。

例えば、普段Macで使っているApple IDをiPhoneで間違って使ってしまった時や、その逆にiPhoneで使っているApple IDをMacで使ったらApple IDのヒモ付が変わってしまうのでアクティベーションロックがかかります。

アクティベーションロックを通常の手段で解除する方法

アクティベーションロックを解除するには、単純にApple IDとパスワードを入力するだけでOKです。

アクティベーションロックを解除されるApple IDの頭文字が載っていますので、それを参考に解除しましょう。また、もしパスワードを忘れてしまった場合でもApple IDの管理画面から新しいパスワードを発行してもらえば大丈夫です。

iPhoneやiPadを特別な操作をせず使っている人はアクティベーションロックにかかることはないです。iOSのアップデート時にアクティベーションロックがかかる時もあるので、必ずApple IDだけは覚えておくようにしましょう。

アクティベーションロックを強制的に解除する裏技

もし完全にApple IDなどを忘れてしまった場合は、アカウントの削除依頼を出すことで強制的にアクティベーションロックを解除することが出来ます。ただしこの方法は裏技的で取りうる手段としては最悪な方法なので、できれば避けたいところです。

アクティベーションロックはアカウントに紐付いているiPhoneやiPadで使える機能なので、アカウント自体を削除するか、紐付けを解除すると強制的に解除されるようになります。

Apple IDはサポートセンターへ削除依頼が必要

一般的なアカウントはネット上から退会手続きをすればよいのですが、Appleに関してはIDの削除をネット上から行うことができなく、Appleサポートセンターに直接電話して削除してもらうしかありません。

ただし、電話をしたから即削除というわけにはいかず、サポートセンターでApple IDを作成した時に設定した「秘密の質問」を3つ正確に答えなければ削除できません。しかもこれを通過したからと言って必ず削除してくれるわけではなく、削除権限のある担当者が最終的な判断を決めます。

その際に今回Apple IDを削除する理由をしっかりと伝えなければならないため、アカウントの削除は正直面倒くさいです。

巷ではアクティベーションロックを強制解除するツールもあるらしいですが、本当に使えるのかは不明です。なによりApple IDやパスワードが抜き取られるんじゃないかという恐怖感もあります。

なので、アクティベーションロックがかかってしまってiPhoneやiPadが文鎮化するのを防ぐためにも、必ず使っているApple IDは手元で管理するようにしてください。

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。