5G

5G通信とは?人体への影響は?メリット・デメリットを紹介

更新日:

2019年にアメリカ・韓国で試験的に導入された5G。
2020年になり日本でも5Gの導入が現実味を帯びてきました。

5G通信になることで、私たちの未来はどのように変化するのでしょうか。
5G導入によるメリット・デメリットと併せてご紹介していきます!

いまさら聞けない5G通信とは?

5Gが導入されると、私たちの生活は今後どのように変わっていくのでしょうか。
5Gの基本的な知識を踏まえて解説していきます。

5Gとは?

5GはFive Generationの略称です。
2020年から日本で導入される第5世代の通信システムを指します。

5Gは現在使われている4Gをさらに高機能にした通信回線で、モバイル通信の高速化以外にも重要な役割を果たしています。
世の中に5Gが浸透すれば、iot技術によって「車の自動運転」「ロボットの遠隔手術」などが実現するでしょう。

5Gの3つの特徴

5Gには以下の3つの特徴があります。

①高速大容量通信

5Gが導入されると通信速度が20Gbpsとなり、4G時代に比べ非常に速くなります。
4Gの通信速度は100Mbpsから1Gbpsですので、5Gはその20倍以上の速さです。

具体的にどのくらい速さが変わるかと言うと、今まで2時間の映画にかかるダウンロード時間は5分ほどでしたが、5Gになると3秒でダウンロード可能に。

通信速度が格段に速くなったことで、youtubeが途中で止まることも少なくなるので、今まで以上に快適に動画を視聴できるでしょう。

また5Gでは従来使われていた周波数に加え、より高い周波数帯を使用することに。
しかし高い周波数帯は長距離の通信では使いづらいです。

そこで「ビームフォーミング」という技術を使い、電波を特定方向に飛ばすことで、4Gと変わらないレベルでの長距離通信を可能にしました。

②データの低遅延化

データの送受信時、遅延が少なくなるのも5G通信のメリット。

4Gではデータの送受信時に約10msの遅延が起きていましたが、5G通信になるとこの遅れが1msに。
5Gでのデータ遅延は4Gと比べると10分の1にまで向上し、もはや人間では感じ取れないレベルになりました。

データの低遅延化が実現されれば、ネット利用時のタイムラグを感じません。
また遠隔地でのロボット操作ができるなど、5Gにより私たちの生活はより便利になります。

③多数同時接続

5G通信になることでデバイスの同時接続台数がアップします。
具体的には1キロ平方メートルあたり、約100万台のデバイスを接続可能に。
4Gでは1キロ平方メートルで10万台ほどでしたので、その数が約10倍になります。

これにより災害時や人が集中しやすい場所でも、安定してデータが送受信可能です。

5Gによる私たちの未来

前述した5Gの3つの特徴、「高速大容量通信」「データの低遅延化」「多数同時接続」によって、iotやAIなどの技術がさらに発展する見込みです。

5Gは自動運転技術・医療分野などに大きな影響を与えるでしょう。
今後の5Gの動向を見ながら、新しいサービスの登場に期待です。

5G通信のメリット・デメリットは?

5G社会になることで、私たちの生活はどのように変わるでしょうか。
そのメリット・デメリットを解説していきます。

5G導入によるメリット

①働き方が変わる

5Gによって「働き方」に革命が起こります。

・データの低遅延化により、web会議でのタイムラグがなくなる
・ドローンを活用した精密な測量ができる
・工事現場で建機を無人で動かせる

このようにどの業界でも、5Gは人の働き方に影響を与えます。

②iot化

5G通信のおかげで、デバイスの同時接続台数が格段に増えました。
人が密集する場所でも快適な通信ができ、iotにも対応可能に。

パソコンやスマホ以外にも、家具・家電がiot化することで「スマートホーム化」が進みます。
外にいながら家の家電を操作するのは、近い将来当たり前になるでしょう。

③医療現場での活用

5Gは医療業界にも大きなインパクトを与えました。
データの低遅延化、高速通信により遠隔手術が現実的になったからです。

リアルタイムでの画面共有などが可能になり、人間の動きをアバターに移し替えることが可能に。
この技術を応用すれば、ロボットが人間の動きを真似て、遠隔で手術を行えます。

5Gによって起こるデメリット

①5G対応のデバイスを用意

5Gの恩恵を受けるには、5G対応の端末が必要になりそうです。
これまでのスマホや家電は5Gに対応していないため、新しく買い直さなければなりません。

当然余計な出費が増えるため、すぐに5G通信を利用できるかは疑問が残ります。

②セキュリテイ面の課題

5G通信になることでインターネットに繋がるデバイスの台数が増えます。
しかしその台数が増えれば増えるほど、セキュリティやプライバシーが脅かされる危険が高まります。

iot社会になり私たちの生活が便利になる一方で、社会インフラが壊滅的な被害を受ける可能性も否定できません。

③高度な技術を持つ人材の不足

5Gが導入されるということは、5Gのネットワークに関するスキルが必要になります。
そのネットワークの構築はこれまでのネットワークの知識では到底対応できないようです。

ただでさえIT業界は人手不足と言われている中、5Gに精通する技術者はさらに足りていません。
そのため仮に5Gが導入されたとしても、対応できる技術者がいない以上、私たちは5Gの恩恵を受けにくくなるでしょう。

5Gによる人体への影響は?

5Gは電磁波のエネルギーが強く、人体に影響を及ぼさないか懸念されています。
そして残念ながら世界では5Gによる健康被害の事例が出ているようです。

例えばアメリカでは、5G電波の近くで働く消防士が頭痛や不眠などの症状を訴えました。
しかし別の職場へ異動した途端、それらの症状は治ったとのこと。

日本ではまだ5Gが導入されていないのがせめてもの救いです。
こうしたアメリカの事例を受けて、今後の対策が期待されます。

(参照:電磁波5G導入が与える健康被害...危険性の原因と対策法

5G通信の導入はいつから?日本は?世界は?

海外の一部の国ではすでに5G通信が使われています。

日本と海外の5Gの導入事例を比較してみましょう。

5Gの海外での導入事例

世界での5G導入事例を見ていくと、2019年4月アメリカ・韓国で5G通信が導入されます。
この2ヶ国が世界で初めて5Gを商用化しました。

アメリカ・韓国での5G導入を皮切りに、イギリス・スイスなど世界各地で5Gを導入。
特にアメリカ・中国では政府が5G対応スマホを推進していて、ますます5G通信が普及していく見込みです。

2020年現在、世界では5G対応スマホが続々と発売されています。
例えば韓国の大手電機メーカーのサムスンでは、Galaxyシリーズで6.7インチの大画面の5G対応スマホを販売しました。

さらにアメリカのApple社でも今後5G対応スマホを発売予定。
一気に5Gスマホの需要が高まるでしょう。

日本での5G通信はいつから?

アメリカや韓国に遅れること1年、日本でもようやく5G導入の見通しが立ちました。
各携帯キャリアの5Gサービス導入予定は以下の通りです。

  • NTTドコモ:2020年春
  • au:2020年3月
  • ソフトバンク:2020年3月頃
  • 楽天モバイル:2020年6月頃

2020年の春ごろには、ドコモ・au・ソフトバンクの3大携帯キャリアで5Gが導入されます。

もちろんいきなり4G通信が無くなるわけではなく、徐々に5G通信へと移行していくイメージです。
しばらくは4Gのスペックを拡張しながら、4Gと5Gを並行して運用する形になりそうです。

日本の5G利用可能エリア

5G通信が開始された瞬間に、一斉に4G通信から切り替わるわけではありません。
4Gと5Gはしばらくの間、基地局で整備されながら同時に運用されます。

運用エリアは各キャリアによって異なります。
今回は「標準地域メッシュ」内で設置予定の基地局数の割合で比較しましょう。
(参照:https://www.esrij.com/gis-guide/gis-other/mesh/)

  • NTTドコモ:97.0%
  • au:93.2%
  • ソフトバンク:64.0%
  • 楽天モバイル:56.1%

ドコモとauにおける運用エリアが非常に広いことがわかります。
4社間で同じように5Gを運用していくのは、まだ先の話になりそうです。

まとめ

5G通信におけるメリット・デメリットをご紹介しました。

5Gのおかげで、私たちの生活はますます便利になりそうです。

その一方で日本では5Gに対応するための技術がまだ確立されていません。

世界で5Gが導入された事例を参考にして、これからの日本の技術力に期待したいところです!

-5G

Copyright© DigitalNews365 , 2020 All Rights Reserved.