5G

5Gと4Gの違いって!?動画やゲームはなにが変わるの!?

更新日:

日本でも2020年から、5Gが各キャリアによって導入されると言われており、話題になっている5G。

単語はよく聞くものの、どんなものなのか、これまでと何が変わるのか、理解できていない人も多いのでは無いでしょうか。

そこで、今回は5Gと4Gに違いや、5Gが導入されると何が起こるのかについて、詳しく解説します。

5Gについて理解したい方は、ぜひ一読してみてください。

5Gと4Gの違いとは?速度や通信容量の違いを紹介。

まず、みなさんが1番気になっている、5Gと4Gの違いについて解説します。

具体的に、5Gと4Gには、どういった違いがあるのかを知ることによって、5Gと4Gの違いに対する理解を深めていきましょう。

通信速度が圧倒的に上がる

まず、5Gが導入されることによる変化としては、通信速度が圧倒的に上がります。

通信速度は、基本的にGbps(ギガビット毎秒)によって計測されていて、1秒間に何十億ギガビットのデータを送れるのかを示したものです。

4Gと5Gの最大通信速度は、それぞれ以下の数値になります。

4G・・・最大1Gbps
5G・・・最大20Gbps

この数値から分かるように、5Gは4Gの時に比べて、20倍の速度で通信することができるようになり、非常に通信が快適になります。

これまでコンテンツのダウンロードにかかっていた待ち時間は、ほとんど無くなり、動画もアプリもこれまでとは比べられないくらい早く読み込めるようです。

遅延が少なくなる

4Gでは、通信する上で遅延が発生しますよね。

5Gになると、通信する上での遅延が1msまで抑えられるため、かなり遅延が少なくなり、よりリアルタイムな操作が可能になります。

例えば、テレビ電話をした時に、音と映像がズレたりすることが無くなりますし、ロボットの遠隔操作なども、正確に行うことが可能です。

同時接続できる端末が増える

IoTが普及するのに伴って、同時に接続できる端末が圧倒的に増えます。

現在は、スマホやPCなどの通信が主に基地局に収容されることが多いですが、IoTが普及することによって、カメラ・センサーなど様々なデバイスが接続されます。

これによって、既存の4G回線で対応できなかった部分が対応できるようになるため、より多くの端末に同時接続できるようになるのです。

5Gはどんな分野での活躍が予想される?

5Gが普及することによって、もちろん我々の生活にも影響してくる分野はあります。

では、5Gの通信速度の速さは、具体的にどのような分野で活躍が期待されているのでしょうか。具体的に見ていきましょう!

自動運転

最近は、トヨタのCMなどでも話題になっている自動運転技術ですが、ハンドルを持つ必要がなくなる未来はすぐそこまで来ています。

自動車メーカー各社で、自動車運転についての研究は進められており、2020年代には、一部のエリアでは、自動運転が開始されると言われています。

自動運転車は、コネクティッドカーと呼ばれ、ICT端末を有する車として、車両の状態や道路の状況ををセンサーを使って取得できます。

コネクティッドカーは、もはやスマホ端末に近い状態になると言われており、アプリが内蔵されている状態になります。

医療分野

医療分野では、5Gによる遠隔治療が可能になると言われています。

これまでの遠隔医療は、大容量の映像を送信する際に、画素が粗くなってしまうことが問題でした。

しかし、5Gになることによって、送受信もスムーズになり、映像を見ながら遠隔で指示を出せるようになります。

瞬時の判断が、非常に重要な医療の現場では、5Gの技術がかなり生かされます。

エンターテイメント

エンターテイメントの分野では、動画コンテンツがますます楽しめるようになります。

5Gの高速通信によって、これまで動画のダウンロードに何分もかかっていたのが、待ち時間なくダウンロードできるようになります。

現在、Netflix、Hulu、U-NEXTなど様々なビデオオンデマンドがあり、様々な動画コンテンツを楽しむことができます。

また、ライブビューイングなどのスポーツ観戦の形も、5GによってAR/VRが導入されるため、よりリアルな映像を見ることができるようになります。

5Gは具体的にいつから使えるようになる?

これまで説明してきたように、期待が高まっている技術であるため、いつから使えるようになるのか、気になる方は多いですよね。

アメリカや韓国では、既に5Gが導入されていますが、日本に導入されるのは、具体的にはいつからなのでしょうか。

日本では2020年の春頃の予定

2019年4月の総務省の発表では、各キャリアの計画内容が公開されていました。

日本の各キャリアの5G導入時期は、以下の通りです。

・NTTドコモ 2020年 春
・KDDI/沖縄セルラー電話 2020年 3月
・ソフトバンク 2020年 3月頃

ドコモだけは「春」という表現で明確な時期を控えていますが、おそらく3月までにはリリースする事になるでしょう。

場合によっては、明確な時期を避けることによって、他よりも早い段階から前倒しでリリースする可能性もあります。

使えるエリアはキャリアによってかなり異なる

仮に5G基地が、全都道府県で運営されていたとしても、サービスが使えるエリアはキャリアによってかなり差が出てきてしまいます。

全国を約10kmのメッシュで分割した「標準地域メッシュ」によって、設置してある基地局の割合について比較すると、以下のようになります。

NTTドコモ:97.0%
KDDI/沖縄セルラー電話:93.2%
ソフトバンク:64.0%

この割合は、2024年までの計画値であるものの、キャリアによってかなりの差異があることが分かります。

総務省の方針では、全国各地で問題なく5Gサービスが使えるように整備を進めているものの、全国に普及するまでには、まだ課題が残っているようです。

5G対応のスマホは順調に売り上げを伸ばしそう

世界的に見ても、まだまだ5G対応のスマートフォンは始まったばかりで、使うことのできる地域が限られてしまいます。

5G対応のスマホは、サムスン、LG、ファーウェイ、シャオミなどの韓国・中国の企業が発売を始めており、次第に増えてきています。

iPhoneを発売している、Appleも2020年には、5Gに対応するiPhoneを発売すると見られており、5Gスマホの需要は、ますます高まっていくでしょう。

東京オリンピックでは5Gを楽しめるのか

総務省もかねてより5Gの導入を、オリンピック前までには実現させることを目的としてきました。

東京オリンピックの開催は、7月後半〜8月前半であるため、十分に5Gを楽しむことができるはずです。

オリンピックの会場などでは、5Gを活かしたサービスを利用することができるかもしれませんね!

まとめ

今回は、5Gと4Gの違いや、5Gになったら何ができるのかについて解説してきました。

5Gが導入されることによって、私たちの周りのあらゆるデバイスは、より高速で通信をできるようになります。

本記事で紹介したように、エンタメ、医療、自動車の分野はもちろん、ドローンやロボット、AI、農業など最先端の技術がさらに進化していきます。

2020年の5G対応した世界を楽しめるように、5G対応製品に、常に目を配っておきましょう!

スポンサーリンク

-5G

Copyright© DigitalNews365 , 2020 All Rights Reserved.