ワイモバイルの評判が悪いという情報の真偽は?ヘビーユーザーにウケないのが理由の一つか

ymobile-model-change3

スポンサーリンク

ワイモバイル(ヤフーモバイル)をと契約しようとしたけど、なんだかあまりお勧めできないみたいな書き込みがあったけど、どうして評判が悪いんだろうと思ったことはないでしょうか?

そこで今回は、ワイモバイル(ヤフーモバイル)のどんな点に不満を持って評判が悪いと言われているのかを調べて、ワイモバイル利用者である私がそれらの噂についての感想や真実をご紹介していきます。

ワイモバイルへMNP乗り換えや新規契約を考えている方は必見の内容になっています。

 

ワイモバイルの評判・口コミについて

ワイモバイルについての評判をSNSや口コミサイトを調べて、良かった点と悪かった点をまとめました。

【良かった点】

  • 他キャリアと比べて月額料金が安い
  • オンラインストアで購入したら、すぐに手元に届いた
  • 通信速度が速い
  • 月に10分間の電話を300回かけられるのが嬉しい
  • SIMのみの購入ができる
  • オンランチャットが便利だった
  • ふてニャンがカワイイ

 

【悪かった点】

  • スマホセットで選べる機種が少ない
  • 店員の態度が悪い
  • iPhone5sまでしか販売していない
  • 通信データ容量が少ない
  • トンネル内で3Gになったりする
  • 通信がすぐに途切れる

 

ワイモバイルの良い点をまとめると、月額料金が安く通信速度も速く、電話も満足に使える。契約内容でわからないことは、オンラインチャットですぐに問い合わせできるのも良いポイントと言っている人も多かったです。

スマホセットだけでなく、音声SIMのみを購入できるのでキャリアに縛られたスマホを使わなくて良い点も魅力の一つという評判でした。

 

それでは悪かった点について、ワイモバイル利用者の目線で意見や感想を紹介します。

 

ワイモバイル利用者である私の意見

スマホセットで選べる機種が少ない

選べるスマホセットは確かに少ないですね。オンラインストアを見ても、現在12種類ほどしかスマホセットで販売しておりません。しかも新機種が少ないように感じると思います。

これはワイモバイルがソフトバンク傘下の会社なので仕方がない部分があります。親会社のソフトバンクの売り上げを奪いすぎないように、スマホはなるべく1個型落ちのをワイモバイルで販売して、新機種はソフトバンクという戦略をとっているのかもしれません(これは推測)。

 

なので、なるべく新しいスマホを使いたいなら音声SIM単体で契約して、スマホは自分で購入がワイモバイルでのベストな選択肢となります。スマホセットに満足できない人は、格安スマホと呼ばれる2~3万円台の端末でも使えるものが多いので、選べる選択肢を増やすという意味で音声SIMで契約することを私はオススメします。

 

店員の態度が悪い

店頭に行って契約した人の中には、店員の態度が悪いと怒っている人もいました。最近はTwitterやらFacebookなどで気軽に情報を発信できるせいもありますが、些細な事でも難癖をつける人が目立ちます。まぁそれは仕方がない部分ですよね。

お客との対応中に裏にスマホを取りに行く際、「少々お待ちください」の一言もなしで行ったことに腹を立てている人は流石に沸点が低すぎて笑ってしまいました。あと多かったのは、「修理対応に行っても店員が不具合の現象がわからない」から最悪という意見でした。

これも結構難しい課題ですよね。店頭の店員さんはたいていが契約社員なので、販売マニュアルをポンと渡されて終わりってことが多いです。専門家じゃないので不具合対応はあまり期待できないのが現状なんですよね。

態度が悪いというより、これは教育が行き届いていないことになります。なので自分でできる対策もしておきましょう。例えば、スマホメーカーのサポートページを見て問い合わせてみるとか方法はあります。

 

そして、店員とのやり取りが嫌いな人はオンラインショップを使ってください。

オンラインショップですと、態度の悪い店員と会話することなくストレスフリーで買い物ができて良いですよ。私もオンラインショップでワイモバイルと契約した1人です。じっくりプランを見て、料金の確認もできるので後になってから「知らない料金が毎月支払われてるんだけど!なんで!?」みたいなことにはなりません。

私がauと契約したときは店頭で契約でした。そして翌月の料金明細を見たら知らないオプションがついていたんですよね。店頭で購入する際は店員の話をキッチリ聞いておかないとこういった悲劇が起こります。なので、あまり私は店頭での購入が好きじゃないんですよね。

スポンサーリンク

iPhone5sまでしか販売していない

現在ワイモバイルでは、iPhone5sしか販売されておりません。iPhone6発売の噂がありますが、本当に販売されるのかはまだわかっていません。

もし、iPhone6以上の端末を使いたいなら「音声SIMだけ」を契約すればいいのです。

現在私は「iPhone7 + 音声SIM」でワイモバイルを運用しています。問題なく使えているので、最新のiPhoneを使いたいならSIMフリー版を購入して音声SIM契約をしてみましょう。

 

通信データ容量が少ない

意外と多かったのが通信データ容量が少なすぎという声でした。ワイモバイルのプランは下記のとおりです。

プラン名 スマホプランS スマホプランM スマホプランL
高速データ通信容量 1GB(2GB)/月 3GB(6GB)/月 7GB(14GB)/月
基本使用料 2,980円 3,980円 5,980円
ワンキュッパ割適用 1,980円 2,980円 4,980円

そのキャンペーンが終わっても、500円の追加オプションを毎月支払うとデータ容量を2倍にしてもらえます。こう見ると、1GB / 3GB / 7GBまでのデータ容量プランしかないので確かに少なく見えますが、新規契約・MNPでワイモバイルと契約すると、「2年間データ容量2倍キャンペーン」が適用されるので、2年間は最高で14GB/月使えることになります。

実質的にはいつでも14GBまで使えるので、通信データ容量が少ないというのは感じにくいかと思います。月に14GB以上使う人であれば、そもそもですがポケットWi-Fiを1個契約した方が安いですよ。

 

14GBもあればヘビーユーザーも満足してくれるはずです。動画を見る時はWi-Fiを使うなどして通信量を自分でコントロールすることも必要ですよ。

 

トンネル内で3Gになったりする

ワイモバイルはソフトバンクの回線を使っているので、トンネルはつながりにくいというのが結構ありました。

しかし最近は、プラチナバンドLTEが急激に広がり、なんと1年間でその数2倍もエリアを拡大しました。以前よりは繋がりやすくなっているはずです。

後は地下と山間部での繋がりにくさが解消されたら最高の回線となりますね。少なくとも都内で使う分では困ったことがありません。

 

通信がすぐに途切れる

通信がすぐに途切れるってなんのことだろう?と思って調べてみると、どうやらスマホの事ではなく、ワイモバイルのWi-Fiルーターのことを指しているようでした。

ワイモバイルのWi-Fiルータは使ったことないので何とも言えませんが、Wi-Fiルータを使うのであれば「WiMAX」が断然繋がりやすくて高品質な回線を提供しています。ルータの通信がぷつぷつ途切れる方はWiMAXを検討してみてもいいでしょう。

 

結局ワイモバイルの評判が悪いというのは嘘?

ここまで私の感想や意見を全て紹介してきました。

全てが嘘というわけではありませんが、使っていない人がネガキャンしてるんだろうなーって感じの口コミも見られたのは事実です。評判が悪いと言われる部分もワイモバイルは改善してきています。

特に、通信データ容量の拡張なんてのはかなり頑張っていると思いますよ。ヘビーユーザーも文句を言わなくなったんじゃないでしょうか。

電話を10分間300回使い放題」+「毎月2GBの通信データ可能」で、1年間は1,980円、2年目以降も2,980円で使えるのはワイモバイルしかありません。通信速度も他のMVNO業者と比べて速いのでその点も満足できています。

他のMVNO業者はドコモ回線ばかり使っているので、回線がすぐに混みあう状況になりやすいですが、ソフトバンク回線を使っているのはワイモバイルくらいです(大雑把にカテゴリすると、UQ mobileも)。なので通信速度が劣化しにくいんですよね。

メインでワイモバイルと契約して、サブとしてデータSIMを他MVNO業者と契約するのも悪くありませんね。

 

最後に

以上、「ワイモバイルの評判が悪い」ことに対する私の意見と感想の紹介でした。

結論から言うと、ワイモバイルはコスパが良くて使いやすい優良業者!

少なくとも私はこんな風に感じて利用しています。ワイモバイルの契約に悩んでいる方の参考になりましたら幸いです。

 

★コチラもよく読まれています

スポンサーリンク

★オススメ記事特集

ymobile-model-change3

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。