ヤマダSIM(Y.U-mobile)の通信速度は遅い?他格安SIMとの比較計測もしてみた【2017年3月】

このページは、ヤマダSIM(Y.U-mobile)の通信速度を毎月計測して、その結果を更新したページとなっています。

ヤマダSIM(Y.U-mobile)は、名前のとおりですが、ヤマダ電機から販売されている格安SIMで、中身はU-mobileだったりします。ヤマダSIM(Y.U-mobile)の他にFREETELの回線を使ったYAMADA SIM PLUSも存在していますが、どっちかというとヤマダSIM(Y.U-mobile)のほうが料金プランもわりと良くて、実際に使っている分では何不自由なく使えています。ダブルフィックスというプランが個人的にお気に入りで、1GB未満のデータ使用量ですと、月額500円で格安SIMを使えたりします。

それでは、実際にヤマダSIM(Y.U-mobile)の通信速度の測定方法や、どの程度の通信速度があれば快適にネットサーフィンや動画視聴ができるのかを紹介していきます。

スポンサーリンク

快適な通信速度の目安

おそらく数値だけ見ても結局どの程度の通信速度だったら快適にネットサーフィン、Youtubeの閲覧ができるのかわからないと思いますので、ある程度の目安となる通信速度を紹介します。なお、この通信速度についてはサイトによっても目安は変わってくるので、あくまでも当サイトでの快適な通信速度の目安だと思ってもらえたら幸いです。

動画閲覧時に必要な通信速度

今回は動画閲覧に使うサービスとしてYoutube動画を例に通信速度のお話をしていきます。Youtubeの動画は、ストリーミング再生方式となっているため、動画を読み込みながら再生を行っています。つまり、動画のダウンロードをしながら再生をしているので、それなりのダウンロード速度(下り速度)がないと、画質が低下したり、プツプツと再生が途切れてしまうことになります。

Youtubeをスマホから見る場合の画質は最大720pとなっていて、いわゆる高画質で動画を見る場合は最低でも1.6Mbpsの通信速度がないと画質が480pまで下がったり、プツプツと再生が途切れてしまうことになりますので注意しましょう。

  • スマホから720pの高画質の動画を見る場合は、最低でもダウンロード速度1.6Mbps必要
  • スマホから480pの標準画質の動画を見る場合は、最低でもダウンロード速度0.9Mbps必要

動画をよく視聴する人は、混雑時でも最低0.9Mbpsのダウンロード速度を確保できる格安SIMを選択しましょう。高画質のYoutubeをサクサクと楽しみたいなら、1.6Mbps以上、欲を言えば最低でも2Mbps欲しいところです。

ネットサーフィンで必要な通信速度

ネットサーフィンの場合は、動画閲覧時よりも通信速度が遅くても大丈夫ですが、画像などの読み込みに時間がかかるとかなりストレスが溜まってしまいます。では、どの程度が最低でも必要なのかというと、最低でも0.5Mbps以上は必要と言われています。画像の多いキュレーションサイトのようなメディアの場合ですと、0.5Mbpsだとかなり読み込みが遅いので、1Mbpsは必要だと思ってください

以上、快適な通信速度の目安を紹介しました。これらの通信速度の目安を踏まえまして、このサイトでは、次のように低速、中速、高速を分類しています。

  • 0.5Mbps(500Kbps)未満:低速
  • 0.5Mbps(500Kbps) ~ 1.5Mbps(1500Kbps):中速
  • 1.5Mbps(1500Kbps):高速

上記の通信速度を参考に、これから紹介するヤマダSIM(Y.U-mobile)の通信速度は速いのか遅いのかを見て頂ければと思います。

スポンサーリンク

ヤマダSIM(Y.U-mobile)の通信速度測定方法

ヤマダSIM(Y.U-mobile)の通信速度結果を測定するのに使うスピードテストアプリは、下記アプリとなります。このアプリを使って計測している人は結構多くいますので見たことがあると言う人も多いかもしれません。その名も「Speedtest.net」。

Speedtest.net
Speedtest.net

測定時間について

基本的に測定する時間は回線が混みやすいと言われている、「12時~14時」「20時~22時」の間で測定していきます。それぞれ計測するものとして、「PING」「ダウンロード速度(下り速度)」「アップロード速度(上り速度)」の3つを結果として表示させていきます。

2017年3月のヤマダSIM(Y.U-mobile)通信速度測定結果

2017年3月のヤマダSIM(Y.U-mobile)の通信速度結果は次のとおりです。個人的にはそこそこの数値が出たかなと感じています。

そこそこいい感じの数値になりました。この数値に非常に近い格安SIMはBIGLOBE SIMですね。あちらの格安SIMもダウンロード速度は少し抑え気味ですがアップロードはすこぶる速いという計測結果がでています。詳しくは下記記事を参考にしてください。

BIGLOBE SIM 通信速度を実測!他格安SIMとの比較計測も【2017年3月】

2017.03.06

お昼混雑時間である12時~13時台での計測結果ですが、ダウンロード速度が約6.37Mbps、アップロード速度が約12.91Mbps、PING値が38と非常に優秀な数値を叩き出しています。格安SIMの中でもこの数値はトップクラスに良いでしょう。これならばYoutubeもサクサク視聴できますし、ネットサーフィンも快適に楽しむことが可能です。PING値が38とかなり低いので、サーバー間の応答速度もバッチリです。

そして、サラリーマン帰宅ラッシュの時間帯になるとガクッと通信速度が落ちて、ダウンロード速度が約2.4Mbps、アップロード速度が約5.79Mbpsという結果になりました。まだこのくらいの速度でしたら動画視聴もネットサーフィンも耐えられます。電車の中でネットを使う分には何ら問題ない数値でしょう。

夜のゴールデンタイムになると、通信速度が少し落ちて、ダウンロード速度が約1.84Mbps、アップロード速度は約5.75Mbpsとなりました。アップロード速度はほとんどかわらないのが良い点ですね。流石にPING値も上がって応答速度が落ちてダウンロード速度が約1.84Mbpsだと、ネットサーフィン中も画像の読み込みに少しだけ時間がかかるかもしれません。それでも十分許容範囲の数値ではあります。

ヤマダSIM(Y.U-mobile)の体感速度

まず、お昼の体感速度に関してですが、スピードテストの数値よりは速度が出ていないように感じます。ちょっとだけ画像の読み込みが遅くなったりしていました。ですが、そこまで大きな差はなく、ちょっと遅いかなー程度なので充分実用範囲内です。動画もしっかり視聴できましたからね。

18時~20時台になると、やはりスピードテストド落ちダウンロード速度は遅くなってきたなと感じました。動画読み込みが終わるのもお昼よりも遅くて、ブログなどの読み込み時間も若干遅くなっていました。PING値が上がったことと、ダウンロード速度が落ちてしまっているので仕方がないかなと思いますが、これでもまだ全然使える範囲内です。

夜のゴールデンタイム時になると、若干ダウンロード速度は落ちてしまいますが、19時台と体感速度はあまり変わらないかなと感じました。アップロード速度はどの時間帯でも一貫して光速だったのが印象に残っています。

以上のことから、ヤマダSIM(Y.U-mobile)の体感速度とスピードテストの結果を比較すると、そこまで大きな差を感じない誠実な格安SIMだな、という印象を受けました。スピードテスト詐欺をしていない格安SIMを探しているのでしたらヤマダSIM(Y.U-mobile)もおすすめできます。

公式サイト:U-mobile

他の格安SIMとの比較

13時台

SIM名下り速度上り速度PING
ワイモバイル8.650.4266
楽天モバイル26.759.0874
LINEモバイル28.439.2858
BIGLOBE5.7414.2431
Y.U-mobile6.3712.9138
mineo(Dプラン)1.713.5989
UQmobile12.854.1941
DMMモバイル3.615.84160

21時台

SIM名下り速度上り速度PING
ワイモバイル5.560.1264
楽天モバイル27.462.7676
LINEモバイル33.145.20158
BIGLOBE1.7412.3837
Y.U-mobile1.845.7595
mineo(Dプラン)6.239.8183
UQmobile13.843.6736
DMMモバイル1.646.86139

ヤマダSIM(Y.U-mobile)はこんな人におすすめ

ヤマダ電機で売っているSIMとは言っていますが、実際はU-mobileと全く一緒のプラン、サービスなので、店舗に出向くのが面倒な人はU-mobileで契約しても良いかもしれません。そんなヤマダSIM(Y.U-mobile)がおすすめな人は次の通り。

  • スピードテストとあまり差のない体感速度が欲しい人
  • 20GB以上の大容量プランが欲しい人
  • 月によって、データ通信量が異なる人
  • 全国8200箇所以上のU-NEXT Wi-Fiを利用したい人
  • LTE使い放題プランが欲しい人
  • iPhone7を使いたい人

結構おすすめできるポイントがあるので、色々書きましたが、ヤマダSIM(Y.U-mobile)は万人受けする格安SIMかなと思います。公式サイトでしっかりとiPhone7の動作確認もしていますし、ダブルフィックスプランを使うと月額最低680円から格安SIMを運用できたり、LTE使い放題プランがあったり、10分以内の通話が毎月300回無料だったりと、色々なプランが用意されているので、絶対に自分にあったプランを選択することができるでしょう。

公式サイト:U-mobile

最後に

以上が、ヤマダSIM(Y.U-mobile)の通信速度測定結果の紹介でした。この格安SIMを購入する前は、レビューも少ないしちょっと遅いかな、と不安でしたが購入して正解でした。私は月によって利用するデータ通信量が大きく異なるのでダブルフィックスプランというものを選択しています。

選べる幅が非常に広いのでぜひこの機会にU-mobileを検討してみてはいかがでしょうか。

公式サイト:U-mobile

スポンサーリンク

よく読まれている記事です

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪