2分で出来る!Windows 10にフォントを追加インストールする方法

windows10-font-install6

スポンサーリンク

どうも出島です!

ブログやWebデザインをしているときに、パソコンに初期インストールされているフォントじゃ満足できない時があります。ちょっと遊び心のあるようなフォントが欲しいとなったら、無料配布しているフォントや有料のフォントをダウンロードしたいですね。

ではそのダウンロードしたフォントをWindows10ではどのように追加インストールすれば良いのかを、この記事にまとめました。

 

フォントをダウンロードする

私は個人的に使うことしかないので、無料のフォントをダウンロードしてきます。基本的に英数字のみのフォント配布となりますが、下記サイトはフォント量も多くて選ぶのが楽しいです。

windows10-font-install7

こんな感じのオシャレなフォントから、めちゃくちゃカッコイイフォントなど様々あります。今回の記事で使っているフォントもこちらのサイトからダウンロードしてきました。ブログのヘッドバナーに使うフォントを選ぶ際に使ってみて下さい。

 

Windows 10にフォントを追加インストールする

では用意したフォントを解凍してください。

解凍しましたら、スタートボタン(Windowsマークのアイコン)を右クリックしてコントロールパネルを開いてください。ちなみに「Windowsキー+ R 」で「ファイル名を指定して実行」画面を開いて”control”と入力したときもコントロールパネルが開きます。お好きな方でどうぞ!

windows10-font-install1

 

コントロールパネルを開いたら、【デスクトップのカスタマイズ > フォント】を選んでフォントインストールディレクトリまで移動しましょう。

windows10-font-install2
windows10-font-install3

 

次に、解凍してあるフォントファイル(拡張子が.ttfのファイルなど)をフォントディレクトリにドラッグ&ドロップしてみて下さい。コピー&ペーストだとフォントの追加に失敗してしまう可能性があります。ちなみに、今回追加したのはサイコロの面に英数字が掛かれているタイプのデジタルチックなフォントです。おしゃれ!

windows10-font-install4

これでエラーが出なければフォントの追加インストールが完了となります。

 

フォント追加時にエラーが出る場合

以下の点を確認してください。

  • 拡張子を無理やり.ttfなどにしている場合は戻す
  • 「有効なフォントファイルではない」と表示される場合、ファイルが壊れている可能性ありなので再ダウンロード

 

Photoshopでフォントが追加されたのか確認してみる

私はPhotoshopで画像編集するので今回はこちらでフォントが追加されたのかを確認してみます。illustratorなどでもフォント確認ができたはずです。

フォントを選んでみると「Blocky St」というフォントが追加されていました。これが今回追加したフォントです。きちんとインストールされているのが確認できました。

windows10-font-install5

 

実際に文字を書いてみるとこんな感じに!

windows10-font-install6

一気にフォントがオシャレになりました。これをそのままブログのヘッドバナーに使ってもいいですよね。

これにてフォントの追加インストール確認作業も終了です!

 

最後に

以上、Windows10にフォントを追加インストールする方法でした。

確認含めて2分ほどで終わります。参考になりましたら幸いです!

スポンサーリンク

★オススメ記事特集

windows10-font-install6

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。