UQmobileの通信速度は遅い?mineoや他SIMと比較実測してみた【2017年3月】

このページは、UQmobile(UQモバイル)の通信速度を毎月計測して、その結果を更新したページとなっています。(最終更新日:2017年3月18日)

UQmobile(UQモバイル)はワイモバイルのライバルとも呼べる格安SIMで、安定して速い通信速度が魅力の格安SIMです。2016年あたりからだんだんとお茶の間のCMでもUQmobile(UQモバイル)を目にする機会も増えており、色々とワイモバイルと似ていると言っても過言ではありません。

今回の記事ではそんなUQmobile(UQモバイル)の通信速度は本当に速いのか?それとも噂だけで実際は遅いのかを計測してみました。mineo(マイネオ)やLINEモバイル等の格安SIMとの通信速度の比較も行っているのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

快適な通信速度の目安

おそらく数値だけ見ても結局どの程度の通信速度だったら快適にネットサーフィン、Youtubeの閲覧ができるのかわからないと思いますので、ある程度の目安となる通信速度を紹介します。なお、この通信速度についてはサイトによっても目安は変わってくるので、あくまでも当サイトでの快適な通信速度の目安だと思ってもらえたら幸いです。

動画閲覧時に必要な通信速度

今回は動画閲覧に使うサービスとしてYoutube動画を例に通信速度のお話をしていきます。Youtubeの動画は、ストリーミング再生方式となっているため、動画を読み込みながら再生を行っています。つまり、動画のダウンロードをしながら再生をしているので、それなりのダウンロード速度(下り速度)がないと、画質が低下したり、プツプツと再生が途切れてしまうことになります。

Youtubeをスマホから見る場合の画質は最大720pとなっていて、いわゆる高画質で動画を見る場合は最低でも1.6Mbpsの通信速度がないと画質が480pまで下がったり、プツプツと再生が途切れてしまうことになりますので注意しましょう。

  • スマホから720pの高画質の動画を見る場合は、最低でもダウンロード速度1.6Mbps必要
  • スマホから480pの標準画質の動画を見る場合は、最低でもダウンロード速度0.9Mbps必要

動画をよく視聴する人は、混雑時でも最低0.9Mbpsのダウンロード速度を確保できる格安SIMを選択しましょう。高画質のYoutubeをサクサクと楽しみたいなら、1.6Mbps以上、欲を言えば最低でも2Mbps欲しいところです。

ネットサーフィンで必要な通信速度

ネットサーフィンの場合は、動画閲覧時よりも通信速度が遅くても大丈夫ですが、画像などの読み込みに時間がかかるとかなりストレスが溜まってしまいます。では、どの程度が最低でも必要なのかというと、最低でも0.5Mbps以上は必要と言われています。画像の多いキュレーションサイトのようなメディアの場合ですと、0.5Mbpsだとかなり読み込みが遅いので、1Mbpsは必要だと思ってください

以上、快適な通信速度の目安を紹介しました。これらの通信速度の目安を踏まえまして、このサイトでは、次のように低速、中速、高速を分類しています。

  • 0.5Mbps(500Kbps)未満:低速
  • 0.5Mbps(500Kbps) ~ 1.5Mbps(1500Kbps):中速
  • 1.5Mbps(1500Kbps):高速

上記の通信速度を参考に、これから紹介するUQmobile(UQモバイル)の通信速度は速いのか遅いのかを見て頂ければと思います。

スポンサーリンク

UQmobile(UQモバイル)の通信速度測定方法

UQmobile(UQモバイル)の通信速度結果を測定するのに使うスピードテストアプリは、「Speedtest.net」というアプリです。多くの人がこのアプリを使って計測しているので見たことあるかもしれませんん。このアプリを選んだ理由としては、大衆が使っているからということもあります。

測定時間について

基本的に測定する時間は回線が混みやすいと言われている、「12時~14時」「20時~22時」の間で測定していきます。それぞれ計測するものとして、「PING」「ダウンロード速度(下り速度)」「アップロード速度(上り速度)」の3つを結果として表示させていきます。

朝方については現在測定範囲外となっていますのでご了承ください。

2017年3月のUQmobile(UQモバイル)通信速度測定結果

お昼の部(12時 ~ 14時)

一般的なお昼と言われる12時~14時の間に3回通信速度を測定してその平均値を計算してみると、お昼の部では次のような通信速度となりました。

  • ダウンロード速度:12.85Mbps
  • アップロード速度:4.19Mbps
  • PING値:41

圧倒的に速いことがスピードアプリのテスト結果からもわかります。他の大手格安SIMであるmineo(マイネオ)と比べてもダウンロード速度は勝っています。このくらいのダウンロード速度がでるのでしたら、ネットサーフィンはもちろんのことYoutubeも720pの画質でヌルサクで視聴することが可能です。

また、PING値も非常に優秀ですので、スマホでのMMORPGも問題なく楽しむことが可能でしょう。アップロード速度に関しては安定して4Mbps以上の数値を出せていますのでクラウドストレージに画像をアップするのもサクサクです。お昼の部でこの数値はかなり優秀なのでUQmobile(UQモバイル)流石としか言いようがないです。

夜の部(20時 ~ 22時)

続いて夜の部です。夜の部は20時~22時の間が一般的には回線が混みやすいと言われ通信速度もガクッと落ちます。今回は21時台に3回通信速度を測定して、その平均値を計算してみました。結果は次のとおりです。

  • ダウンロード速度:13.84Mbps
  • アップロード速度:3.67Mbps
  • PING値:36

お昼と比べても全く変わらない通信速度が出ています。むしろ少しダウンロード速度が上がっていますね。相変わらずアップロード速度はほぼ同じような数値が算出されますし、PING値も安定しています。ダウンロード速度自体は多少のブレはありますが、それでも高水準の通信速度となっているのであまり気にはなりません。

このくらいの速度がでているのでしたら、キャリアと遜色のない使いやすさになっていると思います。

UQmobile(UQモバイル)の体感速度

UQmobileを実際に使ってみた体感速度についてお話します。ハッキリ言ってしまうと、”めちゃくちゃ速い“としか言いようがありません。

2017年2月頭ころにトライアルでUQmobileを借りてみたのですが、その時も3月の測定結果と同様に通信速度が速く、どの時間帯でも安定した通信が可能でした。1ヶ月経ってもほとんど体感速度が変わらないので、現状ではワイモバイルと並んで使いやすい格安SIMだと思います。

Youtubeを見るにしても、今回はスマホで見られる最高画質でシーク待ちなしで視聴することができましたし、画像をクラウドによくアップロードするのですが、そのときもすぐにアップロードが終了するほど速いです。アップロード速度に関してはライバルであるワイモバイルよりも体感速度は速いと感じました。

以上のことから、UQmobile(UQモバイル)はお昼、夜のピーク時にも関わらず爆速の通信速度をほこり、キャリアから乗り換えるにはワイモバイル同様におすすめできる格安SIM、という感想を抱きました。さすがauのサブブランドなだけありますね。格安SIM業界で1位、2位を争う使いやすさになっています。

公式サイト:UQmobile(UQモバイル)

他の格安SIMとの比較

お昼の部

SIM名下り速度上り速度PING
ワイモバイル8.650.4266
楽天モバイル26.759.0874
LINEモバイル28.439.2858
BIGLOBE5.7414.2431
Y.U-mobile6.3712.9138
mineo(Dプラン)1.713.5989
UQmobile12.854.1941
DMMモバイル3.615.84160

夜の部

SIM名下り速度上り速度PING
ワイモバイル5.560.1264
楽天モバイル27.462.7676
LINEモバイル33.145.20158
BIGLOBE1.7412.3837
Y.U-mobile1.845.7595
mineo(Dプラン)6.239.8183
UQmobile13.843.6736
DMMモバイル1.646.86139

UQmobile(UQモバイル)はこんな人におすすめ

以上、UQmobileの評価をしてきました。そんなUQmobileですが、次のような人におすすめしたいです。

  • キャリアと遜色のない通信速度が欲しい
  • auからの乗り換えでSIMロック解除しない方
  • 学生の方
  • 端末セットでお得に購入したい方
  • 無料通話が欲しい方

以上5点がおすすめポイントです。UQmobileの回線はauのサブブランドということもあり、au回線をそのまま使っています。ですので、auから乗り換える際は端末のSIMロック解除が必要ありません。そして、SIMフリー端末とのセット割をしていることもあるので、初めて格安SIMを使おうと思っている人にもおすすめできます。

学生の方は学割の時期ですとお得に契約することもできますのでチェックしてみてください。

また、UQ mobileでは60分~の無料通話が付属してくる「ぴったりプラン/おしゃべりプラン」が存在します。格安SIMに乗り換える際に気になるのが通話の部分になってくるのですが、UQ mobileではこのプランに加入することである程度長電話をしても大丈夫なようになっています。

ワイモバイルと違い電話かけ放題のオプションが存在しないのは残念ですが、それでもある程度の無料通話ができるようなプランが用意されていますので、キャリアから乗り換える人にぜひおすすめしたいプランです。このプランで端末をセットで購入すると、端末購入アシストなどのサービスも受けられるので何かとお得で便利です。

公式サイト:UQmobile(UQモバイル)

最後に

以上が、UQmobile(UQモバイル)の通信速度が遅いのかどうかの検証と、他社MVNO事業者と比較してみた結果の紹介でした。2017年3月も体感速度はかなり速く感じます。(※ 個人差はあると思います)

キャリアから乗り換えるにはワイモバイル同様に優秀な格安SIMですので、これを機会にぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

公式サイト:UQmobile(UQモバイル)

よく読まれている記事です

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪