格安SIMを申し込む人必見!データ容量プランの目安を紹介!youtubeや動画を見る人は特に注意が必要

MorganK / Pixabay
格安SIMって色々プランがあるけど、どれを選ぶべきなんだろ?ゲームはよくするよ
出島
それなら使えるデータ容量が多いプランを選んだ方が良いね。小さいデータ容量プランを色々持ち歩く手もあるけど…

スポンサーリンク

どうもこんちは、出島です!

キャリア携帯のプランから格安SIMに移ろうと思っている方で、どのデータ容量プランを選べばいいか悩んでいる人はいませんか?キャリアだと選択肢がほぼなかったので、店員に言われるがままにデータプランを選んでいた人が多いのではないでしょうか?

かく言う私も格安SIMに移行するまではソフトバンクのパケットし放題フラットに加入していました。よくよく見ると7GBまでの制限があったことにガッカリした記憶があります。しかも月額5700円もしますからね…高いっす!

そこで今回は格安SIMにこれから申し込む人向けて、データ容量プランを選ぶ目安となる基準を紹介していきます。自分のスマホスタイルに合ったデータ容量プランを選びましょうね。

 

格安SIMの主なデータ容量プラン

格安SIMのデータ容量プランは各MVNO業者で変わってきます。詳細は各業者のwebサイトで確認してもらいたいのですが、ざっくりとどんなデータ容量プランがあるのかを表にしてまとめました。

データ容量 値段相場(円) MVNO業者
500MB 500~700 フリーテル、mineo等
1GB 500~800 LINEモバイル 、イオンモバイル等
3GB 850~1200 UQmobile、LINEモバイル等
5GB 1450~1700 mineo、BIGLOBE等
7GB 1980~2400 イオンモバイル、フリーテル等
10GB 2500~2700 LINEモバイル、フリーテル等

こんな感じ!

音声プランをつけると、だいたいこの表に+500~700円くらい上乗せされます。それでもキャリアより全然安いから嬉しいですね。10GBでも3000円未満なのでめっちゃ通信容量を食うような使い方をする人にはオススメできます。

それでは、このデータ容量プランを踏まえて、どのプランを選びべきかの目安となる基準を次から書いていきますね。

 

最適なデータ容量プランの選び方

4つのタイプで基準を見ていきたいと思います。

  • SNSやネットサーフィン程度にしか使わないライトユーザー
  • ゲームをよくする人
  • youtubeなどの動画をよく見る人
  • 音楽とかをiTunesからダウンロードして聞く人

それでは上から順番に最適なデータ容量プランとその理由を説明していきます。

 

SNSやネットサーフィン程度にしか使わないライトユーザー

だいたいLINEやTwitter、そしてニュースサイトなどを閲覧して回るユーザーはそこまで容量の多いデータプランは必要ありません。画像が多いニュースサイトを閲覧する場合は注意が必要ですが、普通であればだいたい1ページ当たり300~400KBの通信料となります。

多くて100ページ見ると仮定して、1日3~4MBなので最低でも1GBのプランであれば事足ります。また、カウントフリーという制度を実施しているLINEモバイルやフリーテルSIMでは、SNSなどの通信料は無料として扱っているプランが存在します。詳しくは下記の記事をご覧ください。

LINEモバイルのメリット・デメリットまとめ!格安スマホ2台目として申し込みしてみた

2016.09.05
  • 最低1GBあれば足りるが、心配なら一つ上のプラン3GBなどにする
  • SNS通信無料のSIMがオススメ

 

ゲームをよくする人

ゲームをよくする人は大きめのデータ容量プランを選ぶといいでしょう。ゲームのデータダウンロードには通信料がかなりかかります。パズドラあたりだと、1時間で1MBの通信量ですがこれはかなり少ない方です。ひどいゲームだと1時間で7MB↑のデータ通信量となります。

と言っても1日1時間、1ヶ月で換算すると210MBくらいなんですよね。1日3時間やっても1GBに届きません。注意するのは新規アプリを導入した際の初回データダウンロードと、更新データダウンロードでしょう。

なので私がオススメするプランは3GB↑となります。ゲームをする人は攻略サイトも見ると思うのでその分を加算してという感じですね。

  • オススメは3GB以上のプラン!5GBあれば比較的安心
  • データダウンロードだけwi-fi経由にすれば通信量の節約も可能

 

youtubeなどの動画をよく見る人

MorganK / Pixabay

動画をよく見る人はかなり注意が必要!

場合によっては、通信無制限のプランをオススメします。理由は、データ通信量が異常なほど多いからです。

youtubeは5分の動画を見ただけで20~30MBの通信量がかかります。しかもこれは通常画質(HD360p)で見たときの通信量です。高画質のHD720pで視聴すると約3倍ほどの通信量がかかります。

つまり1時間動画を流すと…通常画質で120~180MB。HD720pで500MB以上のデータ通信量となることは必至です。これは画面内の広告の数や、動画容量の大きさで多少変わってくるのであくまでも基準として見て下さい。

私がオススメするのは最低でも7GBプラン、もうちょっと奮発して10GBプランに契約したいところです。通常画質モード(HD360p)で見ればだいぶデータ通信量を抑えられるので1日2時間youtubeを見ると仮定して、1ヶ月で約10.8GB。うーんこれでも結構厳しいですね。

  • 最低でも7GBのデータ容量プラン
  • 一日2時間以上youtubeを見る人は通信制限なしのプラン

 

音楽とかをiTunesからダウンロードして聞く人

iTunesなどで音楽をダウンロードして、あとはSNSやネットサーフィンしかしない人は3GBほどあれば十分です。だいたい1曲ダウンロードするには約4~5MBかかります。1ヶ月で100曲ダウンロードしても500MB程度なので3GBで足ります。

  • 3GBあれば十分
  • 1曲4~5MBの通信量

 

まとめ

以上が、格安SIMを申し込む際に目安となるデータ通信量の紹介でした。特に注意してもらいたいのはyoutubeをよく見る人ですね。月の半ばに通信制限がかかっちゃうのは不便なので、余裕をもったプランを選んでいただければと思います。

この記事が参考になりましたらぜひシェアをお願いします♪

 

この記事を読めば格安SIMの選び方がまるわかり!

格安SIM特集ページ

2016.10.16
スポンサーリンク

★オススメ記事特集

MorganK / Pixabay

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。