格安SIMのデータ無制限容量プランの落とし穴をSIM購入前に知っておこう

OpenClipart-Vectors / Pixabay

スポンサーリンク

どうも、出島です!

格安SIMって会社によって、データ容量上限があったり、そもそも大容量プランがない場合もありますよね。これはヘビーユーザーにとっては悲しい事実です。

しかし、中にはデータ容量制限がないよ!速度も低下しないよ!という親切(?)なMVNO事業者も存在します。データが無制限に使えるなら契約したいですよね。

ただ、購入前に気になるのは、本当に無制限で速度制限はないのか?という証拠ですよね。実際に使っているユーザーはどうなのかを知る必要があります。

そこで今回の記事では、「格安SIMのデータ無制限容量プランは速度制限がないのか?」というテーマを中心に記事を書いています。もしかしたら思わぬ落とし穴が存在するかもしれませんので、データ無制限容量プランのSIMを購入する前にその事実を知っておきましょう。

 

データ無制限容量プランサービスを提供しているMVNO

まずは、データ無制限容量プランサービスを提供しているMVNO事業者を知っておきましょう。私が把握している限りでは、下記MVNO事業者がその対象となります。

  • U-mobile
  • UQ mobile
  • ぷららモバイルLTE
  • DTI SIM
  • b-mobile
  • TONE

こんな感じです!

割と有名どころを6つピックアップしました。果たしてこの6つは本当にデータ無制限容量プランとして速度制限がないのか見ていきましょう。

 

U-mobile

sim-no-limit-pitfall1
プラン 月額料金
U-mobile PREMIUM(データ専用) 2480円
U-mobile PREMIUM(通話プラス) 2980円

U-mobileでは「U-mobile PREMIUM」というどれだけインターネットを使っても定額料金という非常に美味しいプランが存在します。

で、気になったのがこの記載です。

  • 他のお客様のご利用に影響を与えるような短期間での大容量データの送受信は、公平なサービス提供のため、一時的に通信速度の制限を行うことがあります。

なるほど、短期間での大容量データの送受信は速度制限がかかるのか。じゃあどのくらいの送受信で制限かかるんだろうと思い調べてみました。それがコチラ↓

とりあえずTwitterで探してみただけでも速攻で速度制限がかかったという情報が見つかりました。3日間で2GB程度の通信で速度制限をかけるのはかなり厳しいのではないでしょうか?

ちょっとデータ無制限容量プランとしてU-mobileを選ぶのは厳しいかもしれません。

 

UQ mobile

sim-no-limit-pitfall2

UQコミュニケーションズから提供されているデータ無制限プランがコチラ。

プラン 月額料金
データ無制限プラン 1980円
データ無制限+音声プラン 2680円

U-mobileより月額料金が安いですね!これはいいアドバンテージになるかと思いきや、ガッカリする記載を見つけてしまいました。

  • 月間データ容量無制限で送受信最大500kbps

さすがに常時500kbpsは厳しいです(笑)

せめて1MBは出してほしいところですね。もはや最初から速度制限が掛かっている状態でのデータ無制限プランなので、UQ mobileもちょっと厳しいな。

 

ぷららモバイルLTE

sim-no-limit-pitfall3

ネット回線のプロバイダーでおなじみのplalaから提供されているサービスです。

プラン 月額料金
定額無制限プラン 2760円

UQ mobile、U-mobileと比べると若干高いです。しかし、通信速度は常時上下で3Mbpsとなっています。

うーん、常時ってのは本当なのかしら?公式HPに不安な記載もあるんですよね。

  • 通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。

実際の通信速度は3Mbpsもでねーよ!と言っているようにも感じますね。では実際に使っている人はどうなのか調べてみました。

 

訴訟かな?

唯一、速度制限なしと言われているぷららモバイルLTEでも実測だと200~300Kbpsしか上下速度がでないようです。これも最初から速度制限がかかっているようなものですね。

ここまでヘビーユーザーが満足できそうなデータ無制限容量プランがありませんね。

 

DTI SIM

sim-no-limit-pitfall4

格安SIMの決定版DTI SIMだそうです。この半年間無料ってのは、色々と上限があるので詳しくは公式HPを見て下さい。さて、データ無制限プランはどうなっているかというと…!

プラン 月額料金
データプラン使い放題 2200円
データSMSプラン使い放題 2350円
音声プラン使い放題 2900円

月額料金は””って感じですね。調べてみても遅いとか結構検索にでてくるのですが、果たして速度はどうなっているのか。

まぁ3GBで制限かかるのは他のSIMも一緒かな

 

これは結構ひどいかも。怒っていい。速度制限なしで100Kbpsもでないのは、データ無制限容量プランを使う意味がないかもしれない。まともにWebサイトも見れないと思います。

 

b-mobile

sim-no-limit-pitfall5
プラン 月額料金
高速定額プラン 1980円
高速定額音声付きプラン 2780円

データ通信プランのみなら2000円切っちゃうんですね。意外と安いかも。そしてb-mobileの定額プランは通信速度に「制限なし」と書かれていました。果たして本当に速度制限がかからないのか、ユーザーの声を集めてみました。

なるほど、サイトごと、用途ごとに通信速度を絞っているのがb-mobileなのか…。

これは動画をよく見る人は使えないかもしれないですね。そもそもデータ無制限容量プランを使う人って、youtubeやニコニコ動画、vineとかを結構視聴する人ではないでしょうか?

そこに制限がかかってしまうと、データ無制限容量プランの意味がないですね。そもそもまともに視聴できないし。

 

TONE

聞きなれない格安SIMかと思います。だってTSUTAYAですからね!

TSUTAYAってMVNO事業にも手を出してたんだなあと驚いた記憶があります。

プラン 月額料金
基本プラン 1000円+(300円)

え?ちょっと安すぎない?ってのが最初の感想です。ただ、データ無制限プランの基本月額料金は1000円からですが、まともに使うにはオプションに加入する必要がありそうです。それが、高速チケットオプションです。

 

このオプションは動画視聴やアプリを快適に利用するために提供しているオプションとなります。1チケット300円で1GBまで。月に2回まで購入可能です。

 

このオプションが存在するってことは…多分高速チケットがないとまともに動画が見れないってことですよね。実際のユーザーの声はどうなっているのか調べました。

うーん、制限かかっていない状態で下り速度が600Kbpsしかでないようですね。こりゃ高速チケットオプションがないと動画視聴も厳しそうだ。

これから推測すると、制限がかかると100Kbps以下の下り速度しか出ないかもしれませんね。

 

MVNO事業者によっては勝手に制限をかけるようだ

今回の調査でわかったのは、勝手に制限をかけるところと、予め制限をかけているサービスがあるようだ。

勝手に制限をかけるところ

  • U-mobile
  • DTI SIM
  • b-mbile
  • TONE

 

最初から制限をかけているところ

  • UQ mobile
  • ぷららモバイルLTE

 

この2つから選ぶなら「最初から制限をかけているところ」がストレスを感じにくいかもしれないですね。そもそも選ばないかもしれませんが!

 

最後に

どうしても速度制限なしで、データ無制限で使いたいという人はポケットwifiも視野に入れてもいいかなと思います。ポケットwifiも速度制限はありますが、実は制限が掛かったとしても、最低700kbpsは出せるようにしている所もあります。

>>【朗報】データ無制限のポケットwifiで、速度制限にかかっても快適という噂は本当だった!

以上、データ無制限容量プランを契約する前に知っておきたい落とし穴でした。

 

この記事を読めば格安SIMの選び方がまるわかり!

格安SIM特集ページ

2016.10.16
スポンサーリンク

★オススメ記事特集

OpenClipart-Vectors / Pixabay

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。