格安SIMを500円以下で運用可能なオススメMVNOの紹介!

sim-500-price2

どうも、出島です!

今回は、「高速データ通信を500円以下のワンコインで運用できる格安SIM」を紹介する記事となっています。500円以下で運用できる格安SIMはまだあまり提供されていません。

格安SIM2枚目としてまたは、あまりデータ通信を行わない人は500円以下で使える格安SIMをオススメしています。

現在500円以下で運用できる音声付きプランは存在しません

 

500円以下で使える格安SIM特集

1.DMM mobile

sim-mvno-list7

業界最多プラン数・業界最安値に挑戦のオススメSIM!

DMM mobileはDMMがサービスを提供している格安SIMです。選べるデータプランは1GB~20GBと広く、あまりデータ通信を行わないユーザー、通信量が多いヘビーユーザーでも満足できるMVNO事業者となっています。

DMM mobileの最安値プランは「ライトプラン」。なんと440円から利用できる格安SIMとなっています。ただし、最大通信速度は200Kbpsに制限されているので、1つ上の1GB/480円のプランを利用する人も多いです。

オススメ度:★★★★★

プラン名 月額料金 最大通信速度 高速通信データ容量
データSIMプラン(1GB) 480円 375Mbps 1GB/月
通話SIMプラン(1GB) 1260円 375Mbps 1GB/月

公式サイト:DMM mobile

DMM mobileのデータ通信プランはどのプランを選んでも業界最安値級です。DMM mobileは若干音声付きプランという点が弱いですが、500円以下で運用したい人は高速データ通信のみできればいいユーザーだと思いますので、DMM mobileがオススメ候補として入ってきます。

440円で使えるデータ通信量無制限プランも存在しますが、速度制限200Kbpsと超低速なので、あまりオススメはしません。

 

2.LINEモバイル

sim-mvno-list5

カウントフリーでLINEが無料!LINEが作る新しい格安SIM!

LINEモバイルはLINEモバイル株式会社から提供されている格安SIMサービスです。LINEモバイル最大の特徴は「カウントフリー」と呼ばれるLINEの通信量が無料になるサービスです。

更に上位の「コミュニケーションフリープラン」と契約すると、LINEだけではなくTwitter、Facebookを使った通信料が無料となります。

月額料金も1GB/月が500円から使用でき、1GB以内で使える格安SIMのデータ容量プランの中では最安値級となっています。

オススメ度:★★★★★

プラン名 月額料金 最大通信速度 高速通信データ容量
フリープラン 1GB 500円 225Mbps 1GB/月
SMSフリープラン 1GB 620円 225Mbps 1GB/月
音声フリープラン 1GB 1200円 225Mbps 1GB/月

公式サイト:LINEモバイル

2016年9月からサービスが開始されたLINEモバイルは、500円以下で運用できる高速データ通信プランをもつ数少ない格安SIMです。他の500円以下の格安SIMと違う点は、カウントフリーと呼ばれるLINEの通信料が無料となるオプションがついていることです。

その点で、他の格安SIMより上を行っています。現在の通信速度も他MVNO事業者より速いので買うなら今がチャンスかも。

 

3.イオンモバイル

sim-1g-ranking1

多彩な29種類の料金プランが特徴の格安SIM!

イオンモバイルはその名の通り、イオンから提供されている格安SIMサービスです。ネットからの発売だけでなくイオンの店頭で直接買うことが出来、即日使えるのが嬉しいです。

選べるプランは500MB~50GBまであり、ライトユーザーからヘビーユーザーまで満足できる内容となっています。

オススメ度:★★★★☆

プラン名 月額料金 最大通信速度 高速通信データ容量 かけ放題
データプラン 1GB 480円 375Mbps 1GB/月 1500円
SMSデータプラン 1GB 620円 375Mbps 1GB/月
音声プラン 1GB 1280円 375Mbps 1GB/月

公式サイト:イオンモバイル

イオンから発売されているイオンモバイルはDMM mobile同様に業界最安値級のデータ通信プランを揃えています。イオンモバイルの良い点はオプションで遠隔サポートを付けられることです。

スマホの操作に不慣れな人でもこのオプションをつけておけば、ナビゲーターが遠隔操作で使い方を教えてくれたり、アプリをインストールしてくれますので、年配の方からも使われている格安SIMです。

イオンで直接購入できるという点も評価が高いポイントです。

 

4.FREETEL SIM

sim-500-price1

月額299円から使える格安SIM界の異端児!

FREETEL SIMはプラスワン・マーケティング株式会社から提供されている格安SIMサービスです。FREETELはオプションが非常に充実しているのがポイントです。

FREETELはもともと格安スマホを作っていたベンチャー企業だったのですが、2014年秋ごろにフリモバというMVNOで格安SIM界に参入しました。しかし、速度が安定しない、つながらないといった理由で、改良に改良を重ねて、2015年7月にFREETEL SIMとして新たに再出発しました。

オススメ度:★★★★☆

プラン名 月額料金 最大通信速度 高速通信データ容量
データSIMプラン(1GB) 499円 225Mbps 1GB/月
通話SIMプラン(1GB) 1199円 225Mbps 1GB/月

公式サイト:FREETEL SIM

FREETEL SIMには「使った分だけ支払い」、「定額プラン」の2つが存在します。使った分だけプランだと100MBまで299円で利用できますが、100MBなんてあっという間に使い切ってしまうのであまりオススメはしません。

LINEモバイル同様にコミュニケーションツール(LINE、Facebook、Twitterなど)の利用量が無料となっています。最近は翌月データ繰り越しができるようになり、ますます勢いを増している格安SIMとなっています。

肝心の通信速度ですが、数値上はよく見えるのですが、実際使ってみると数字よりも速度が出ないという声も多々見られます。

 

最後に

以上、高速データ通信を500円以下で運用できる格安SIMの紹介でした。

私のオススメは「LINEモバイル」と「DMM mobile」となります。FREETEL SIMも悪くないのですが、やはり実際の通信速度が気になる所です。

この記事が格安SIMご購入の参考になりましたら幸いです。

 

この記事を読めば格安SIMの選び方がまるわかり!

格安SIM特集ページ

2016.10.16
スポンサーリンク

★オススメ記事特集

sim-500-price2

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。