さくらレンタルサーバーにWordPressをインストールする方法【永久保存版】

sakura-wordpress-install11

スポンサーリンク

最近別のブログのレンタルサーバーをさくらインターネットの「さくらレンタルサーバ」に変更しました。理由は月額料金が500円だったのと、今使っているレンタルサーバーの容量を半分ほど使ってしまったので、リスク分散という意味も込めて移行しました。

さくらレンタルサーバーを借りたのはいいんですが、エックスサーバーに慣れ過ぎてしまっていて、ちょっとWordPressのインストールから設定に戸惑ってしまいました。私と同じ経験をした人もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、「さくらレンタルサーバーにWordPressをインストールする方法」を手順に沿って説明していきます。WordPressの設定ができないよーって人は必見です!

 

サーバー契約がまだの人は…

sakura-wordpress-install1

そもそもレンタルサーバーの契約がまだの人は、ササッと契約しておきましょう。

1サーバーにブログ2、3個程度の場合、オススメのプランは「スタンダード」です。ブログを5個ほどさくらインターネットで運営したい人は「プレミアム」を選択しましょう。両者の違いは、「容量」の差のみです。なので、500円から使えるスタンダードが非常にコスパが良いです。

めちゃくちゃアクセスが来るブログを運営しているのならば、ビジネス以上を選択しましょう。

>> さくらレンタルサーバ公式へ

 

ドメイン取得がまだの人は…

お名前.comなどから取得してきましょう。

 

WordPressをインストールする手順

それではさくらレンタルサーバと契約した前提で話を進めていきます!まずはコントロールパネルからドメイン名とパスワードを入力してログインしてください。

 

1.ドメインの詳細設定を行う

左下のドメイン設定をまずはクリックしてください。そして、ワードプレスをインストールしたドメイン名の右側にある「変更」をクリックしましょう。

2016-11-09_222457
sakura-wordpress-install2

次の画面に行くと、ドメインの詳細設定を決めることが出来ます。設定するところは「2.マルチドメインの対象のフォルダをご指定下さい」の場所です。ここは「ドメイン名」で入力してください。

後々WordPressのトップドメインを変える時に使います。じつはさくらレンタルサーバでそのままWordPressをインストールすると、「http://〇〇.com/△△/」みたいな感じで、サブディレクトリが必ず出来上がります。

おそらくほとんどの人は、「http://〇〇.com/」のドメイン直下がトップページになるようにしたいはずです。後々変更するために、ここの入力が必要です。ここが空だと最悪WordPressの再インストールとなりますので、とりあえず入れておいてください。

下記記事でこの部分の使い方を紹介しています。

【さくらレンタルサーバー】トップページを独自ドメイン直下に移行する方法

2016.11.10

 

2.データベースの設定

まだWordPressをインストールする段階ではありません。長いですね!エックスサーバーならこの手順吹っ飛ばしてドメイン設定後すぐに自動インストール可能なんですが…。

てことで、WordPressインストール前の最後の手順!データベースの設定をしちゃいましょう。

 

左メニュー、アプリケーション設定から「データベース設定」を選択してください。そして、「データベースの新規作成」を行います。余談ですが、さくらレンタルサーバのスタンダードプランではデータベースが20個まで作成可能です。つまりワードプレスは20個まで作れちゃうってことになります。

sakura-wordpress-install6

データベース名と接続用パスワードを入力してください。終わったら「データベースを作成する」をクリック。文字コードは「UTF-8」が無難です。文字コードをSJISとかにしてしまうと、特殊文字が文字化けしてしまう可能性があります。文字化けを防ぐ意味でもUTF-8を推奨します。

sakura-wordpress-install7

 

3.WordPressをクイックインストールする

通常ワードプレスのインストールには、

  1. FTPツールを使ってワードプレスを手動で設置する
  2. レンタルサーバで自動インストール

の2パターンが存在します。

今回は、「2.レンタルサーバで自動インストール」をしてワードプレスを追加してみます。こっちのほうが楽なのでオススメ。

 

まずは、コントロールパネルホームに戻って、「運用に便利なツール」欄から「クイックインストール」をクリックしてください。

sakura-wordpress-install4

カテゴリメニューが表示されるので、【ブログ > WordPress】の順番にクリックしてください。WordPressまでクリックした段階で、次のような画面が表示された場合、データベースが未作成なのでWordPressをインストールすることはできません。「2.データベースの設定」をやり直してください。

sakura-wordpress-install8

 

データベースの作成もきちんと行えている場合は、WordPressインストール画面に移ります。下の方にスクロールしていくと、下記のような画面に出くわすので、手順2.で作ったデータベースを選択し、インストール先とデータベースパスワードを入力しましょう。テーブルの接頭語はデフォルトの状態で大丈夫です。

2016-11-08_104145
インストール先の未入力はできません。強制的にサブディレクトリが作られる形となります。ワードプレスのインストールが完了した後、トップページをドメイン直下に移動させます。

 

4.WordPress管理画面へ移動する

インストールが完了したら、アプリケーションの設定へ進みましょう。ワードプレスの初期設定をする画面に移るので、お好きなように入力していってください。

sakura-wordpress-install9

インストールが完了したら、早速ログインしてみましょう!

ログインして、次のような画面に映ったらWordPressのインストール完了です。

sakura-wordpress-install10

うーん、初期状態じゃ絶対にサブディレクトリ配下がトップページに来てしまうんですよね。

トップページをドメイン直下に移動させる方法は別のページで書きたいと思います。

 

最後に

以上、さくらレンタルサーバにWordPressをインストールする方法でした!

不明な点などありましたらコメント欄にどうぞ!こちらも合わせてどうぞ。

【さくらレンタルサーバー】トップページを独自ドメイン直下に移行する方法

2016.11.10

★ 出島の愛用レンタルサーバ

スポンサーリンク

★オススメ記事特集

sakura-wordpress-install11

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。