【さくらレンタルサーバー】トップページを独自ドメイン直下に移行する方法

%e3%81%95%e3%81%8f%e3%82%89%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%90%ef%bc%8d

スポンサーリンク

さくらレンタルサーバーにWordPressをインストールすると、「http://〇〇.com/△△/」というURLが出来上がると思います。もちろんこれがトップページとなってWeb上に公開されることになります。

しかし本来ならば、「http://〇〇.com」の独自ドメイン直下にトップページが表示されてほしいと思っている方も多いはずです。

そこで今回は、「さくらレンタルサーバーのWordPressのトップページを独自ドメイン直下に移行させる方法」をご紹介します。さくらレンタルサーバーにWordPressにインストールする方法は下記記事にて紹介しています。

さくらレンタルサーバーにWordPressをインストールする方法【永久保存版】

2016.11.09

 

トップページを独自ドメイン直下に移行させる

1.サイトアドレスの変更

WordPressにログインして【設定 > 一般】から「WordPressのアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」を「http://〇〇.com」という形に変更して保存しましょう。

2016-11-08_110015

変更すると、一時的に404エラーを吐くようになりますが気にしないでください。

 

2.ファイルマネージャーからファイルを移す

WordPress側の設定が終わったら、さくらレンタルサーバーのコントロールパネルを開いてください。左メニューに「ファイルマネージャー」あるのでクリックしてください。今回は旧バージョンではなく、現行バージョンを使っています。

次に、サブディレクトリまでいくのですがここで一点注意。下の記事で、ドメインの詳細設定の際に「2.マルチドメインの対象のフォルダをご指定下さい」の部分を適当に埋めたと思います。この部分を空にしていると、下記のようにドメインフォルダがない状態になってしまいます。

2016-11-08_110228

homeの直下にサブディレクトリができてしまっているので、entryフォルダ内のファイルを移動できません。

 

なので、必ずマルチドメイン対象のフォルダが指定してからWordPressをインストールしなければなりません。ちなみにきちんと入力してからWordPressをインストールするとこんな感じになります。

2016-11-08_110852

きちんと独自ドメイン直下にentryフォルダが出来上がっていますね。この状態からentryフォルダ内のファイルを独自ドメインフォルダに全部移動させます。

ファイルおよびwp-contentなどのフォルダを独自ドメイン直下に全て移動させたら、entryフォルダ(サブディレクトリ部分)を削除します。

 

3.WordPressにログインしてみる

では再度、独自ドメイン直下にアクセスしてみましょう。今度は「http://〇〇.com」でOKです。

2016-11-08_111213

こんな感じで独自ドメイン直下のURLをたたくと、トップページが出てくるようになったらOKです。

 

最後に

以上が、さくらレンタルサーバーでトップページを独自ドメイン直下に移動させる方法でした。

つまずきやすいのは、ドメインフォルダがなくてファイルを移動させられないという部分です。こちらのやり方は、WordPressのインストール方法と同じ記事内で紹介していますので、参考にしてみて下さい。

さくらレンタルサーバーにWordPressをインストールする方法【永久保存版】

2016.11.09

★ 出島の愛用レンタルサーバ

スポンサーリンク

★オススメ記事特集

%e3%81%95%e3%81%8f%e3%82%89%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%90%ef%bc%8d

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。