ロケットモバイルにMNP乗り換えする方法と音声通話プランが超お得な理由

rocketmobile-mnp7

スポンサーリンク

格安SIM最安値級プランを提供しているロケットモバイル(ロケモバ)。なんと驚くことに、月額298円から使える「神プラン」なるものが存在します。ここまで安い格安SIMは見たことありません。キャリアでスマホを運用している方はロケットモバイルの音声通話プランも非常に安くてお得なので、ロケットモバイルを検討してみるのもいいかと思います。

そこで今回は、「ロケットモバイルにMNP乗り換えする方法」と「ロケットモバイルの音声通話プランが超お得な理由」を紹介します。

 

ロケットモバイルにMNP乗り換えする手順

他の格安SIMから乗り換えするときは、そのMVNO業者からMNP番号を発行してもらいましょう。そして、キャリア(ドコモ / au / ソフトバンク / ワイモバイル)も同様にMNP番号を発行してもらう必要があります。ざっと手順を書くと、次のとおりです。

  1. 各キャリアからMNP番号を発行してもらう
  2. ロケットモバイルに申し込み
  3. SIM到着後、APN設定をして使用可能

 

 

ロケットモバイルだけではないですが、各キャリアからMNP番号を発行してもらう時には、必ず有効期限もメモしておきましょう。ロケットモバイルの場合、「MNP予約番号」と「MNP予約番号有効期限」を契約の際に入力する必要があります。

rocketmobile-mnp1

 

ロケットモバイルに申し込む

申し込み時に必要なもの

  • MNP予約番号
  • MNP予約番号有効期限
  • クレジットカード
  • メールアドレス
  • 身分が証明できるもの(運転免許証など)

 

ロケットモバイルでは、現状クレジットカードのみの支払い方法となっています。今後は様々な支払い方法を選択できるようにしていくと公式は言っています。クレジットカードを登録する際は、「カード名義人」を必ず「アルファベット」で入力してください。漢字で入力するとエラーが出やすいです。

料金の請求タイミングは、末締め、翌月25日となっています。

 

申し込み内容とプランを選択する

ロケットモバイルでは、「プレミアムプラン」、「Dプラン」の2つの契約プランが存在します。プレミアムプランがU-mobileの回線、つまりワイモバイルの回線を借りており、一方でDプランではドコモ回線を借りております。

rocketmobile-mnp2

298円から使える神プランが存在するのは「Dプラン」となります。プレミアムプランは基本的に音声通話をお得に利用できるプランだと思ってください。料金体系もワイモバイルそっくりです。

 

話を戻します。

次に「SIMサイズ」、「契約タイプ」、「新規契約かMNPか」、「データ通信プラン」、「追加オプション」を選択しましょう。基本的にSIMサイズはナノSIMを選んでおけば間違いありません。理由は、SIMサイズを変換するアダプタが販売されているからです。

大きいサイズのSIMを選ぶと、小さいサイズのSIMに変換することはできません。なので、自分の端末のSIMサイズが分からない、あるいは持っている端末の対応SIMサイズがバラバラ、という人は一番小さいナノSIMを選んでください。

 

最後に申し込み確認をしましょう。

rocketmobile-mnp4

ここで一つ注意したいのが、「申し込み完了後のキャンセルが出来ないこと」です。

プランを間違ったとしてもキャンセルはできないので、解約するならば音声通話プランの場合違約金が発生します。なので、必ず正しいプランで申し込んでいるかをこの画面で確認しましょう。

 

メールアドレスを入力します。

rocketmobile-mnp5

 

これで仮申し込みは完了です。

メール本文に記載されてある「本登録URL」をクリックして、申し込みを完了させましょう。

rocketmobile-mnp6

 

本登録が済んだら、後はSIMが届くのを待つだけとなります。届いたらAPNの設定をしてSIMが使えるようになります。

これでMNP乗り換えの方法の説明は終わりです。

 

ロケットモバイルの音声通話プランが超お得な理由

ロケットモバイルの音声通話プランは、948円から使えます。これは、神プランかつ通話オプションを申し込みした場合の月額料金となります。ただし、Dプランで申し込みした場合は、通話料金が20円/30秒もかかります。

電話をあまり使わない人には超お得なプランですが、電話を結構使う人にとっては、この料金体系は厳しいですよね。

 

そんな人のために、ワイモバイル回線を使ったロケモバプレミアムプランが存在します。

ロケモバプレミアムプランの音声通話には、「10分300回の国内無料通話」がついてきます。つまり、月に10分間の電話を300回までは一定の料金で使うことが出来ます。この料金は基本使用料に含まれているので、別途請求されるの場合は、通話を300回以上使った時のみとなります。

 

ロケットモバイルプレミアムプランはコチラになります。2回目ですが、ワイモバイルの料金体系ソックリです。

プラン名 通信容量 回線速度 通話サービス 基本使用料(税抜き) ロケモバポイント
ロケモバプレミアムSプラン 1GB 下り112.5Mbps
上り37.5Mbps
10分300回の国内無料通話付き 2,980円 ポイントを貯めて使用することで最大0円に!
ロケモバプレミアムMプラン 3GB 3,980円
ロケモバプレミアムLプラン 7GB 5,980円

プレミアムプランは2,980円から利用可能です。

ただし、契約するならMプランが望ましいかと思います。なぜならSプランの通信容量はたったの1GBしかないので、日常的に使うのであれば1GBでも足りない可能性が高いからです。ロケモバプレミアムプランのオススメはMプランです。

プレミアムプランは2年間契約となります。途中で解約する場合、解約手数料9,500円が発生するので注意してください。

 

ワイモバイルとの料金比較

ロケモバプレミアムプランの料金体系がワイモバイルと酷似しています。こちらがワイモバイルの料金体系です。

プラン名 スマホプランS スマホプランM スマホプランL
高速データ通信容量 1GB(2GB)/月 3GB(6GB)/月 7GB(14GB)/月
基本使用料(2年) 2,980円/月 3,980円/月 5,980円/月
基本使用料(縛りなし) 5,480円/月 6,480円/月 8,480円/月

似てるというか同じですね。

ただし、1点違うのは、ワイモバイルは「2年間データ容量2倍」のキャンペーンと、「ワンキュッパ割り」を開催しているところです。ワンキュッパ割りは12ヶ月間月額料金が1,000円割引となるキャンペーンです。ロケモバプレミアムプランはワイモバイルの回線を使っているので、回線速度的にはどちらも変わりありません。

 

しかし、月額料金と使えるデータ通信容量を加えると、ワイモバイルの方が圧倒的に安くてお得という結果になりました。

もし、音声通話プランで契約するならばワイモバイルも視野に入れましょう。上手くいけば、キャッシュバックも狙うことが出来ます!ワイモバイルについては下記記事にまとめています。

 

最後に

以上、ロケットモバイルにMNP乗り換えする方法と音声通話プランがお得な理由の紹介でした。

やはり目玉は298円から使える神プランなので、データSIMを契約したい人にはロケットモバイルはオススメできますね。

 

★ワイモバイルの超お得なMNP乗り換え情報を確認せよ!

>>ワイモバイルの乗り換えとキャンペーンの詳細はコチラ

スポンサーリンク

★オススメ記事特集

rocketmobile-mnp7

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。