ポケットWi-Fi、WiMAX2+おすすめ比較2017!一人暮らしで2年間使ってみた評価を書いてく!

1人暮らしでポケットWi-Fiを2年間使ってきました。自宅で使うこともあれば、出先で使うことも多かったです。MVNOのデータSIMを数枚持ってはいるのですが、テザリングをしてスマホを2台持ち歩くのも面倒ですし、基本的に最低データ容量で契約していたため、いつ速度制限がかかってもいいようにポケットWi-Fiを持ち歩いていました。

そこで今回は、2年間私が使ったポケットWi-Fiの評価や感想と、2017年も使いやすいおすすめポケットWi-Fiを何個か比較して紹介したいと思います。ポケットWi-Fiはデータ無制限や、電波が繋がりやすい、通信速度が速い、月額料金が安いなど、色々と選ぶポイントが多いので、ぜひこの記事でそんなお悩みを解決していただけたらと思います。

 

スポンサーリンク

ポケットWi-Fi、WiMAX2+の選び方

早速ですが、ポケットWi-Fi、WiMAX2+の選び方を紹介します。選ぶときは次のポイントに注意してください。

  • 通信最大容量(無制限かどうか)
  • 通信速度
  • 繋がりやすさ(対応エリア)
  • 月額料金&契約期間

最低限この4ポイントを見てからポケットWi-Fiは選びましょう。箇条書きだけじゃわかりにくいと思いますので、1つずつポイントを説明していきますね。

1.通信最大容量(無制限かどうか)

まず絶対に抑えておきたいポイントは『通信最大容量』ですね。ポケットWi-FiやWiMAXを提供している会社によっては、月額通信最大容量に制限があるものがあります。例えば、Yahoo! Wi-Fiだと、月額料金は安いですが月額7GBまでの制限があったりします。また、無制限で使えるよとうたっているポケットWi-Fiでも、実際は3日間で3GB以上使うと速度制限がかかるといったポケットWi-Fiも存在します。

自分に合った通信容量を選ぶのがおすすめですが、普段どのくらい使うか自分ではわからない人もいるかもしれませんので、おおよその通信量の目安をご紹介します。

用途7GB
メール送受信14000通
ニュースサイトの閲覧24400ページ
YOUTUBEの視聴(1分/中画質)31時間
音楽のダウンロード1700曲

ゲームの通信量は、プレイしているゲームで変わるためこの表には含めませんでした。Youtubeを見るならば7GB制限ですと、1日当たり60分程度しか見れません。

 

2.通信速度

通信速度も見ておくべきポイントです。主に現在ポケットWi-FiやWiMAXで使われているネットワークは次のとおりです。

  • 【ドコモ系】PREMIUM 4G、LTE
  • 【au系】WiMAX2+、WiMAX、4G/LTE
  • 【ソフトバンク】4G/LTE、ワイモバイルLTE

速度自体は、PREMIUM 4Gが理論上は下り375Mbpsと最速となっています。ポケットWi-FiならワイモバイルLTEを利用したワイモバイルのWi-Fiなどが有名ですが、そちらの通信速度は187Mbps以上とかなり高速です。ポケットWi-Fi同様に人気が高いWiMAX2+は下りが最大220Mbps、のぼりが最大10Mbpsとなっています。

正直な所、通信速度はほとんど差がなくなってきたというのが体感でもあります。通信速度よりも、月額料金と通信最大容量、つながりやすさを重視してポケットWi-FiやWiMAXを選びましょう。私が使った感じでは、

  1. WiMAX2+
  2. ワイモバイルLTE
  3. ドコモ

の順番に体感速度が速く感じました。ドコモは利用者が多くパケづまりを起こしやすいのが若干ネックかなあと思います。

 

3.繋がりやすさ(対応エリア)

繋がりやすさは非常に重要なポイントです。場所によってはなかなか回線がつながらない会社もあるので注意が必要です。例えば、WiMAX2+だと、山間部の多い地方は全然対応していなかったりします。ただし、WiMAX2+に対応していないエリアだった場合、サブ回線に切り替えて通信自体は行えるケースはありますが、通信速度は遅いです。

私が今まで使ってきたポケットWi-Fi、WiMAXの中で一番繋がりやすかったのは、ドコモのポケットWi-Fiです。ドコモのLTE回線は山間部でも繋がるくらい対応エリアが広くなっています。山間部のトンネル内でも繋がったのはドコモくらいでしたね。繋がりやすさに順位をつけるとしたら次のとおりです。

  1. ドコモのポケットWi-Fi
  2. WiMAX2+
  3. ワイモバイル(ソフトバンク)

WiMAX2+を契約すると、WiMAX2+・WiMAX。auの4G/LTE回線を利用することが可能になります。

WiMAXが繋がらないエリアでも4G/LTEに切り替えてくれるので対応エリアは意外と広いのがWiMAX2+です。ドコモはどこでも繋がる強みがあるのですが、弱点もあります。それは、回線が混みやすくゴールデンタイムなどは帯域が圧迫されて速度がガクッと落ちることです。

都心で使う場合は、どの会社でも繋がりやすさは変わらないのですが、やはり速度には差が出てきます。ドコモは利用者が多いので速度がガクッと落ちやすいのがネックですね。

 

4.月額料金&契約期間

最後に見るべきポイントは月額料金と契約期間でしょう。月額2000円から使えるポケットWi-Fiもあれば、月額5000円もかかるポケットWi-Fiもあります。その差は通信容量が無制限かどうか、無駄なオプションがついていないかなど、様々な要因があります。

もう一つ見るべきポイントは契約期間です。ポケットWi-Fiを安く提供しているからお得だなあと感じることが多いのですが、実は契約期間を見れば他のポケットWi-Fiと料金がそこまで変わらないケースもあります。

例えば、Yahoo!のポケットWi-Fiだと月額1980円から利用可能となっていますが、契約期間は3年間となっています。おまけに13ヶ月目からは2480円となり、契約解除料は契約した月から徐々に減っていくスタイルとなっています。ちなみに0か月で解約すると38880円で、2年後の解約でも20480円となっています。

ですので、自分がどのくらいの期間ポケットWi-Fiを使うかを明確に決めてから選びましょう。契約解除料金はどのポケットWi-Fi、WiMAXも結構高いので。

 

以上が、ポケットWi-Fi、WiMAX2+の選び方でした。

 

ポケットWi-Fi、WiMAX2+おすすめ人気比較2017

それでは2017年もおすすめできる、ポケットWi-Fi、WiMAX2+のご紹介をさせていただきます。今回はおすすめできるものを5つピックアップしました。ポケットWi-FiやWiMAX2+の契約を考えている人のご参考になりましたら幸いです。

1.GMOとくとくBB WiMAX

おすすめ度:★★★★★

Broad WiMAXを抑えて、月額料金が業界最安値となりました。微々たる差ではありますが一応トップです。GMOとくとくBBのWiMAXでは、BroadWiMAX同様に端末代金が無料で、細心の端末機器を使うことが可能です。GMOとくとくBBで契約する場合も、『W03』を選ぶとWiMAX2+だけでなく4G/LTEを利用することが可能です。

契約解除料金もBroad WiMAXと同じなので、どちらを選ぶかは好みの問題となってきますが、GMOとくとくBBの場合キャンペーン適用期間中はBroad WiMAXよりも安く運用できますが、キャンペーンの適用が終わるとBroad WiMAXより月額料金が400円ほど高くなります

また、Broad WiMAXには口座振替が用意されているのですが、GMOとくとくBBにはクレジットカード払いしか用意されていません。それらの差を含めて、今回はBroad WiMAXに軍配をあげています。

おすすめポイント

  • 月額2699円(税抜)とWiMAX業界最安値!
  • web上からギガ放題を申し込むと初期費用無料
  • 最新端末が利用可能
  • 最大通信容量無制限(3日3GB制限あり)

 

2.Broad WiMAX

おすすめ度:★★★★☆

Broad WiMAXはWiMAXを提供している企業の中で一番月額料金を安く運用可能でした。なんと月額2726円(税抜)から利用可能で、初期費用の18857円もweb上から申し込むと無料になります。ただし、オプション加入が必須なので注意が必要です。

契約期間は2年で、契約を解除する場合にかかる料金は1年目が19000円で、2年目が14000円となっています。契約の更新月に契約を解除すれば解除料金は無料です。

また、Broad WiMAXでは、現状WiMAX2+の下り最大速度を出せる『WX03』の端末を借りることが出来ます。その下り速度はなんと440Mbps。ただし、この端末はWiMAX2+のエリアにしか対応していないので、借りるならば、WiMAX2+と4G/LTEのエリアをカバーしている『W03』を借りるのが良いでしょう。

おすすめポイント

  • 月額2726円(税抜)とWiMAX業界最安値級!
  • web上からギガ放題を申し込むと初期費用無料
  • 最新端末が利用可能
  • 最大通信容量無制限(3日3GB制限あり)
  • 口座振替対応

 

3.Yahoo! Wi-Fi

おすすめ度:★★★★☆

ポケットWi-Fiで一番安いのがYahoo!Wi-Fiです。なんとYahoo!Wi-FiとYahoo!プレミアム同時加入なら12ヶ月間月額1980円で利用可能かつ、Yahoo!プレミアム会員料が無料です。なお、既にYahoo!プレミアム会員の場合でもキャンペーンが適用されます。

Yahoo!Wi-Fiが使っている回線はワイモバイルLTEです。ですので、通信速度はそこそこに速いのがウリですが、山間部などは若干繋がりにくいです。それでも都心であれば問題なく使えるので月額料金で選ぶならおすすめでしょう。

契約期間は3年と長く、契約解除料も若干高めなので、3年間契約するつもりのない人には注意が必要です。また、7GB制限なので動画視聴やオンラインゲームには向いておりません。出先でノートパソコンを広げて仕事をするブロガーの人達には月額料金も安いのでおすすめできます。短案つ自体も75gと非常に軽いので持ち歩きしやすいのもポイントです。

おすすめポイント

  • ポケットWi-Fi界で月額料金最安値
  • キャンペーンで今だけ12ヶ月間月額1980円
  • 最大通信容量7GB(3日3GB制限あり)

 

4.スマモバ

おすすめ度:★★★★☆

あまり聞いたことがないかもしれませんが、スマモバもかなりおすすめできます。なんとスマモバはドコモのLTE回線を利用している数少ないモバイルWi-Fiルーターです。しかも、2年目以降の契約解除料金が発生せず、契約の自動更新もないので、うっかり解約を忘れていたなどということがあっても料金が発生しません。

ドコモ回線を使っているので繋がりやすさはダントツです。しかし、上の方でも説明した通り、ゴールデンタイムなどはドコモ回線はパケづまりしやすいので完全にストレスフリーで使えるかと言ったら微妙です。あとは月額料金が3980円(税抜)と若干高いのがマイナスポイント。

支払い方法はクレジットカードのみとなっております。

おすすめポイント

  • 数少ないドコモ回線のモバイルWi-Fiルーター
  • 月額料金3980円と高めだが、対応エリアはダントツで広い
  • 最大通信容量無制限(3日3GB制限あり)

 

5.ワイモバイル ポケットWi-Fi

おすすめ度:★★★☆☆

ワイモバイルのポケットWi-Fiは速度は悪くないのですが、若干月額料金が高いかなという印象です。しかし、Yahoo!Wi-Fiと同じ端末である『401HW』を契約すると、Yahoo!Wi-Fiと月額料金は変わりません。ただし、Yahoo!Wi-Fiの場合はキャンペーンが適用されて12ヶ月間は1980円から利用可能なので、そういった所で高いと言われているのかもしれません。

401HWだけでなく、他の最新端末を使うこともでき、下り最大187.5Mbpsまで理論上は出すことが可能です。Wi-Fi規格が11acに対応しているので、パソコンやスマートフォンなどと接続しても安定した通信をできるのも特徴です。

また、たまにアウトレットセールでポケットWi-Fiの端末が0円だったりしますので、そういったセールを狙って契約すると、他のポケットWi-Fiよりも結果的には月額料金を抑えられるかもしれませんよ。

おすすめポイント

  • アウトレットセールが狙い目
  • 端末ごとで月額料金が変わる
  • 最大通信容量7GB(3日3GB制限あり)

 

私が使っていたポケットWi-Fiは●●

私が2年間使っていたポケットWi-Fi、もといWiMAXは『GMOとくとくBB WiMAX』です。

まず選んだポイントとしては次の3点。

  • 月額料金の安さ
  • 端末の豊富さ
  • 対応エリアが広い

この3点からこのプロバイダを選びました。GMOとくとくBBはキャッシュバックもつくからお得!と言っているサイトがめちゃくちゃあるんですけど、実際はキャッシュバックをもらうまでのハードルが高いので、そこは全く考慮に入れませんでした。だってもらえるのが契約してから1年後とか完全に忘れてると思いますし…。

正直な所、消去法で選んだところが大きいです

他のプロバイダはサポートへの電話がつながりにくかったり、月額料金の割引キャンペーンをやっていなかったり、最低限のこちらの希望を満たしているのがGMOとくとくBBだけでした。電話は割とつながるのでサポートが必要な人には安心かと思います。

あと絶対に知ってもらいたいのは、CMなどの宣伝では、『下り220Mbps対応!』なんて言ってるのですが、実際は都内でも9Mbpsくらいしかでません。ほとんどのポケットWi-Fi、WiMAXはこのくらいの速度しかでませんので過度な期待は禁物です。

 

あくまでポケットWi-FiやWiMAXは、出先で使うことをメインに考えた方が良いと思います。自宅に設置するとなると、3GB制限もかかりますし、不満が爆発するでしょう。

GMOとくとくBB WiMAXはその点も考慮すると、『モバイルWi-Fiの中では高評価かな』という感想です。これからWiMAXを契約しようと思っている方にはGMOとくとくBBのプロバイダを選択することをおすすめします。

 

最後に

以上が、2017年も使えるポケットWi-Fi、WiMAX2+おすすめ比較でした。

WiMAXと契約するなら、『GMOとくとくBB』。その他のポケットWi-Fi(モバイルWi-Fi)ならば、通信量無制限なら『スマモバ』、7GB制限でOKな場合は『Yahoo!Wi-Fi』をおすすめします。

ポケットWi-Fi契約の参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

よく読まれている記事です

★オススメ記事特集

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪