nuromobile(nuroモバイル)とは?詳細やメリット・デメリットを紹介!

nuromobile-info1

スポンサーリンク

どうも、出島です!

今回の記事では、格安SIMであるnuromobile(ニューロモバイル)の詳細やnuromobileを使う場合のメリット・デメリットを全て紹介します。

nuromobileとは?

nuromobileとは、0SIMでおなじみのSo-netが2016年10月1日からサービスを開始した格安SIMです。So-net自体は光回線などを以前から提供しており、インターネットプロバイダの中では老舗サービスです。

nuromobile-info2

NURO bizから提供されている、法人向けの「NUROモバイル LTE/3G」は以前からありましたが、今回のnuromobileは完全に個人向けの格安SIMとなっています。

それでは、nuromobileの具体的なサービスや料金プランなどを確認していきましょう。

nuromobile

nuromobile 料金プラン

プラン データ通信 データ+SMS データ+音声
2GB 700円 850円 1400円
3GB 900円 1050円 1600円
4GB 1100円 1250円 1800円
5GB 1300円 1450円 2000円
6GB 1500円 1650円 2200円
7GB 1700円 1850円 2400円
8GB 1900円 2050円 2600円
9GB 2100円 2250円 2800円
10GB 2300円 2450円 3000円

nuromobileは2GBからの料金プランとなっています。契約できる最大データ容量は10GBまでで、3000円以下で運用できるのが嬉しいですね。

 

nuromobile サービスや手数料

初期手数料

3000円(事務手数料とSIM代金込)

解約金

12000円 ~ 0円

サービス開始月から12か月後まで、1ヶ月につき1000円ずつ減額。つまり、0円になるのは契約してから1年後となります。

解約金は音声プランを契約したときのみ発生します。

使用回線

ドコモ回線の格安SIM

音声通話料金

音声通話利用時は20円 / 30秒で利用可能

電話かけ放題や、5分間かけ放題オプションなし

データ容量チャージ

  • 100MBチャージ 500円
  • 500MBチャージ 2,100円
  • 1GBチャージ 3,800円

SIMサイズ変更手数料

1枚3000円

SIM再発行手数料

1枚3000円

SMS送信料金

1通にあたり3円~で利用可能

MNP転出手数料

1回につき3000円

最低利用期間

音声プランのみ最低利用期間が12ヵ月で設定されています。最低利用期間内にnuromobileを解約すると違約金が発生します。違約金の例は次の通りになります。

違約金
1ヶ月目 12000円
2ヶ月目 11000円
3ヶ月目 10000円
4ヶ月目 9000円
5ヶ月目 8000円
6ヶ月目 7000円
7ヶ月目 6000円
8ヶ月目 5000円
9ヶ月目 4000円
10ヶ月目 3000円
11ヶ月目 2000円
12ヶ月目 1000円
13ヶ月目 0円

端末とセットで契約した場合は上記の違約金に加えて、残債額を一括請求されますので注意してください。

留守番電話

月額200円のオプションで利用可能

キャッチホン

月額300円のオプションで利用可能

その他無料サービス

申し込みが必要な無料サービス:転送電話、国際ローミング、国際電話・国際SMS

申し込みが不必要な無料サービス:迷惑電話ストップサービス

ご利用者向けページについて

音声通話明細や、データのご利用状況を「ご利用者向けページ」から見ることが出来る。

ご利用者向けページは解約後4ヶ月経過すると利用不可になる。

 

nuromobile 通信速度

最大通信速度

下り 375Mbps / 上り 50Mbps

ただし、最大通信速度がでることはありません。

データ容量オーバー時の通信速度制限

下り上りともに200Kbpsに速度制限がかかります。

また、3日間の合計データ通信量がnuroが定めた規定値を超えた場合、個別に速度制限がかかります。通信速度制限の解除は翌深夜~朝方に行われます。

現在nuroが定めた規定値というのは不明ですが、他MVNO会社を参考にすると、およそ3GB前後と予想しています。

スポンサーリンク

nuromobile メリット

nuromobile-info5

細かくデータプランを選択できる

nuromobileの最大のメリットは細かくデータプランを選択できるところにあります。1GB単位でデータプランを選択できるMVNO会社はほとんどありません。DMM mobileやイオンモバイルも選べるデータプランは多いですが、2GBおきのデータプランになっていますので、nuromobileがMVNO業界で最もデータプランを細かく選べる格安SIMになっています。

ここまで細かいとデータプランを選ぶ際にどれを選べばいいのかわからない人もいると思います。そこで、データプランの選び方を記事にしているので参考にしてみて下さい。自分のスマホ用途や日頃の使い方を振り返り、最適なプランを選択しましょう。

【必見】格安SIMのデータプランを選ぶときの目安をチェック!!

 

データ容量プランの変更が無料

いざnuromobileを使ってみると、毎月のデータ容量が足りず、データ容量プランを変更したい!という場合があるかもしれません。しかし、nuromobileならばデータ容量プランの変更が無料となっていますので、手数料を気にせずに申し込みが出来ます。

ただし、変更申し込みしたプランは、翌月1日より適用となるので、そこだけ注意しましょう。

 

余ったデータは翌月繰り越し

最近のMVNO業者では、当月に余ったデータは翌月分に繰り越しというサービスを行っているところが多いです。nuromobileでも行っているので、無理やり当月にデータを使い切る必要はありません。

ただし、翌々月には当月分のデータ容量を繰り越しできないので注意しましょう。

 

スマホセットでSIMを購入すると、セキュリティアプリが無料で使える

スマートフォンセキュリティ」というAndroid用ウイルス対策アプリが無料で使えます。PlayStoreで検索すると、無料でダウンロードできるのですが、アプリ内課金があり、その部分が無料で使える形となります。

スマホ端末とセットで購入すると、ライセンスキーを発行してもらえるので、そちらをアプリ内で入力してウイルス対策ソフトを使ってください。ライセンスキーの発行はソースネクストから行うことが出来ます。

 

ドコモ回線なので、スマホによってはSIMロック解除が不要

nuromobileはドコモ回線を使用しています。なので、ドコモのキャリアから乗り換え(MNP)する場合でも、SIMロック解除せずにそのままお手持ちの端末を使用することもできます

また、ドコモ端末でなくとも、ドコモの周波数帯に対応したSIMフリー機であればnuromobileを使うことが出来ます。ほとんどのSIMフリー機で使えるので安心してください。

ドコモ回線の最大のメリットは、ドコモユーザーなら新しい端末を買う必要がないってことですね。

 

プランによっては業界最安値

nuromobileでは、データプランによっては業界最安値となっています。現状確認できているのはこの3プランです。

  • 2GB:700円
  • 7GB:1700円
  • 8GB:1800円

いずれの場合も、今までの業界最安値はDMM mobileでした。nuromobileではその牙城を崩してきましたね。ただ、10GBとなるとDMM mobileのほうがまだ安い状態でした。

あまりデータ通信をしない人は業界最安値の2GBを持つnuromobileを使うといいかもしれませんよ。

 

nuromobile デメリット

早期の違約金が高い

上のほうでも違約金の話に触れましたが、契約してから12ヶ月以内の解約であると、違約金が発生します。それも、早ければ早いほど違約金が大きくなります。

なので、音声プランを使用する場合は最低でも1年間は使う、という人はnuromobileと契約するのもいいでしょう。

それ以外の音声プランの方は、早期解約だとメリットがありませんので、違約金が発生しないmineoイオンモバイルも視野に入れておきましょう。

 

電話かけ放題オプションがない

電話を頻繁に使用するユーザーはnuromobileは向いていません。楽天モバイルOCNモバイルONEにあるような、「電話かけ放題サービス」オプションがnuromobileには存在しないので、電話をするとなると結構な料金がかかってしまいます。

裏ワザ的な話になりますが、nuromobileを使っていても、20円/30秒を10円/30秒にする方法が存在します。それは楽天でんわアプリを使用することです。

nuromobile-info4

通話時にフュージョンのネットワークを1枚かませることによって、直接キャリアからキャリアへ電話を繋がないようにしています。これが通話料金が半額になる仕組みと言われています。

支払いはnuromobileではなく楽天でんわに支払うこととなります。とりあえず音声プランで契約して、電話するときは楽天でんわを使うのが、かけ放題のないMVNOを使う時の一番の節約方法となります。

 

データ容量チャージ料金が高い

nuromobileのデータ容量チャージ料金は他MVNO会社と比べても高いです。

  • 100MBチャージ 500円
  • 500MBチャージ 2,100円
  • 1GBチャージ 3,800円

 

他のMVNO会社ではどうなっているかというと、例としてDMM mobileと DTI SIMを挙げてみます。

DMM mobile

  • 100MBチャージ 200円
  • 500MBチャージ 600円
  • 1GBチャージ 1,100円

DTI SIM

  • 500MBチャージ 380円
  • 1GBチャージ 600円

 

このようにみると、いかにnuromobileのデータ容量チャージ料金が高いかがわかります。ただし、nuromobileはデータ容量プランの変更が無料で行えるので、もし使ってて毎回チャージが必要になってくるのであれば、データ容量プランを変更しましょう

最大の10GBで全然足りない場合は、他の大容量プランを提供しているサービスを選ぶのが最適となります。

 

大容量プランがない

nuromobileは2GB~10GBまでのデータ容量プランしかありません。

もし、自分はヘビーユーザーなのでnuromobileではちょっと賄えないという場合は、イオンモバイルDMM mobileなどの大容量プランが存在する格安SIMを選んだ方がいいでしょう。

 

最後に

以上が、nuromobileの全貌でした。

冒頭でも触れましたが、nuromobileの最大の特徴は料金プランを1GB単位で細かく設定できるところです。もしプラン選びに失敗した場合でも、無料でプラン変更ができますので、その点に関してもユーザーにとってはうれしいです。

一番気になった通信速度ですが、nuromobileはNTTドコモの回線を借りている形なので、どこまで速度がでるのかはまだわかりません。もしかすると、最初は速度がでていたが、後々全く速度が出ないって場合も考えられます。

お昼のピーク時やゴールデンタイムでも難なくWebサイトを閲覧できる状態であれば合格ラインかなと感じます。

nuromobileが気になる方は是非チェックしてみて下さい。

公式サイト:nuromobile

 

この記事を読めば格安SIMの選び方がまるわかり!

格安SIM特集ページ

2016.10.16
スポンサーリンク

★オススメ記事特集

nuromobile-info1

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

2 件のコメント

  • 変な質問で申し訳ありません、宣伝に使用されている写真(猫とハムスタ)が気に行っています、入手方法(印刷物)を教えてください。

    • コメントありがとうございます。

      大変申し訳ありません、この記事内で該当する画像がどれかわからなかったので共有することができません。
      よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。