LINEモバイルの通信速度を測定!11月も他社と比較して速いです

linemobilesim-speed-review3

 

スポンサーリンク

※ 2016/11/12 更新

どうも、出島です。

先日LINEモバイルのSIMカードが届いたので早速設定をして軽く使ってみました。感想等は下記の記事にて紹介しています。

LINEモバイルのSIMカード到着!さっそく設定してレビューしてみるよ!

2016.09.13

さて、LINEモバイルは個人的に中々高評価だったのですが、気になる通信速度はどの程度出ているのかを実機を用いて調べてみました。LINEモバイルは月々500円からのプランなので正直そんなに期待はしていなかったのですが、予想以上に通信速度は良かったです。

ついでに愛用しているBIGLOBEのSIMでも測定してみましたので、比較用としてご参考にしてください。

 

測定条件

測定端末:FREETEL MIYABI

測定アプリ:スピードテスト

測定場所:東京都新宿駅付近

測定時間:12時、23時頃

測定に使ったSIM:「BIGLOBE」、「LINEモバイル

通信速度が低下しがちな正午での測定結果は「LINEモバイル」の圧勝

linemobilesim-speed-review1

昼の12時頃、新宿駅付近で通信速度を測ったところ、BIGLOBEでは下りが0.67Mbpsでしたが、LINEモバイルではなんと19.95Mbpsもの通信速度を計測することができました。ちなみにMbpsという単位は1秒当たりに送受信可能なデータ容量のことです。この場合で行くと、BIGLOBEでは1秒間に約670KBのデータを受信可能で、LINEモバイルは1秒間に約20MBのデータが受信できます。

スマートフォンを普段使う際に重視するのはどちらかというと下りのダウンロード速度のほうです。普段ネットサーフィンしたり動画を見たりするときにデータ受信というのが必ず発生します。今見ているこのサイトも画像や文字を受信してスマホ上に表示されているのです。特に動画を見る際は、この受信速度が大きければ大きいほどシーク待ちもなく快適に見ることができます。

話が若干それましたが、MVNOで約20Mbpsの下り速度を出す業者は今ではほとんどないかもしれません。というか昼の12時でこの速度は異常すぎるほど速いです。

 

夜ピークを過ぎた23時台での通信速度も「LINEモバイル」が制す

linemobilesim-speed-review2

夜の回線混雑ピークは19時~22時の間と言われています。この理由は、サラリーマンの帰宅が一番の影響です。電車で揺られている間なんてほとんどの人がスマホをいじっていますからね。

そのピークを過ぎた23時ならどうだろうか?と思い、再度新宿駅付近で通信速度のチェックをしてきました。すると、BIGLOBEは5.45Mbps、LINEモバイルでは22.55Mbpsという結果になりました。昼のピーク時と比べて、BIGLOBEのほうはだいぶ回復したかなと感じます。しかし、やはり約5.5Mbpsというのは速度的に物足りない感じ。Youtubeを再生すると、シーク待ちになったりします。

一方のLINEモバイルでは昼より約3Mbps向上しました。もともとが20Mbpsなので昼と比べて速くなったなあという体感は得られませんでしたが、それでも数値的には昼よりも速くなっています。逆に気になったのが、上り速度が若干落ちてしまっていること。おそらく何回か計測すると昼と同じくらいになるとは思いますが、少しだけ気になりました。上り速度は写真のアップロードや、動画のアップロード、メールの送信に使うくらいなのでそこまで気にしなくてもいいでしょう。

LINEモバイルとBIGLOBEではLINEモバイルのほうが圧勝ってのはわかったけど、他のMVNOのSIMと比べると通信速度はどうなの?
出島
残念ながら今のところこの2枚しかSIMを持っていなくてね…だからちょっと調べてみたよ!

 

他のMVNOの通信速度を参考してもLINEモバイルが圧倒的速さ

ブランド名 下り(Mbps)
IIImio 1.19
楽天モバイル 1.05
イオンモバイル 12.86
OCN モバイル ONE 1.18
U-mobile 2.09
mineo 4.36
FREETEL SIM 14.14

トレンディさんのデータを見るとこのようになっていました。昼の12時頃の各社通信速度です。このデータは2016年の5月頃のデータになります。やはりどこのMVNO業者もお昼のピーク時は一ケタ台の下り速度になっていますね。この中で比較してもLINEモバイルが圧倒的速さを持っていることがわかりました。

 

LINEモバイルの通信速度が速いたった一つの理由

サービスを開始したばかりでユーザー数が少ない!

イオンモバイルがこの理由に該当します。2016年の2月頃にイオンモバイルがスタートしたばかりなので、測定した5月では販売してから3か月しか時間がたっていません。実はFREETELをのぞく他のSIMはだいぶ前からサービスが開始されたMVNO業者なのです。なのでユーザー数はイオンモバイルと比べると断然多いです。回線が混むと通信速度も落ちてしまうためこのような測定結果になったのだと思います。

一方でFREETELはイオンモバイルよりも半年以上前にサービスが開始されています。なのにこの通信速度は圧倒的すぎますよね。謎な部分が多いFREETELですが、どうやらスピードテストでの通信速度と実際にネットしているときの体感速度では差が大きいとのことです。ちょっとFREETELのSIM買ってみようかなと思っちゃいました。すごく試してみたいです。

なるほど!契約ユーザーが少ない業者だと通信速度も速そうな感じがするね!
出島
一概には言えないけどね。mineoもユーザー数が多いはずだけど、お昼に約5Mbpsの結構な速度だしてるからあくまでも目安程度にって感じで。

 

LINEモバイルは2016年の9月にサービスが開始されたのばかりなので、他のMVNO業者と比べてユーザー数が圧倒的に少ないです。それと、現在先行販売で最高でも20000名までの契約となっているので、現状は一気にユーザー数が増えるという事はなさそうです。

※ 2016年9月21日、先行販売を終えて本格販売となりました!

他のMVNO業者の契約数はどうなっているかと言うと、LINEモバイルと比べて長年やっている業者が多数なのでユーザー数もそれだけ多いです。その分通信速度は落ちてしまいますが、これは後々LINEモバイルでも同じような現象が起こるとは思います。今だけ圧倒的な通信速度ですが、同時接続ユーザー数が増えると当然回線速度は落ちてしまうので、先行販売以降の通常販売後はどう転ぶかはわかりません。

ただし、現状だけで言ってしまえばLINEモバイルは非常に通信速度も速く、料金も月額500からとなっているので使いやすいMVNO業者となっていることは言えます。もし、この記事を見てLINEモバイルが少しでも気になった方は、次の記事を一読してから申込みを検討してみてください。

 

定例企画:2016年11月の通信速度を測定してみた!

測定端末:iPhone7

測定アプリ:スピードテスト

測定場所:東京都新宿駅付近

測定時間:19時頃 2日分けて計測

測定に使ったSIM:LINEモバイル

linemobile-speed-review

2016年11月も相変わらずLINEモバイルの通信速度は快適な速さです!

先行販売が終了して速度が低下するかなと思っていましたが、9月、10月とほぼ変わらない結果となりました。まだまだLINEモバイルの認知度が低いのか?それともLINEモバイルは他社MVNOよりも優れているだけなのかはわかりません。

現状ではイチオシの格安SIMとだけは言えます。

 

この記事を読めば格安SIMの選び方がまるわかり!

格安SIM特集ページ

2016.10.16
スポンサーリンク

★オススメ記事特集

linemobilesim-speed-review3

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。