LINEモバイルへキャリアから乗り換え(MNP)する方法!月額5000円も節約できる格安SIMです

linemobile-review1
出島
格安SIMにして早2年。年間でいくら節約できたろうか
キャリアだと端末込みで8000円以上だったから…月5000円は節約できたんじゃないかな?
出島
やっぱり安い

スポンサーリンク

LINEモバイルの本格参入が始まって、先行者販売20000名の上限が撤廃されましたね。今後どのように通信速度が変わっていくのかが楽しみです。とりあえず自分は1ヶ月毎に新宿駅付近で通信速度の計測をしていきたいと思っています。

さて、そんなLINEモバイルですが、今回はキャリアから格安SIMのLINEモバイルへ乗り換え(MNP)を考えている人に向けて、どうやって電話番号を引き継いでLINEモバイルと契約するのかを中心に記事を書いていきます。

それでは早速いってみましょう。

 

他キャリアから乗り換え(MNP)をする手順

キャリア(au / Docomo / ソフトバンク / ワイモバイル)から乗り換えをする人は、事前に各キャリアにてMNP番号を発行してもらう必要があります。まずそれが前提となりますが、とりあえずMNPの手順を次に書いてみます。

  1. 各キャリアからMNP番号を発行してもらう
  2. LINEモバイルに申し込みをする
  3. SIM到着後、MNP受付窓口にて開通手続きをする

ざっとこんな感じでMNPできます!3手順なんで簡単ですね!

それじゃ1番目から順に詳しくやりかたを書いていきます。

 

各キャリアからMNP番号を発行してもらう

まずはキャリアからMNP番号を発行してもらいましょう。注意したいのは、MNP予約番号は各キャリアで有効期限が共通15日となっていますので、必ず15日以内に乗り換えを完了させましょう。

電話するときは、「MNPしたいのですが!」と開口一番言っておきましょう。

※ 有効期限は必ずメモしておいてください。MNP申し込みの際使います。

 

Docomoの場合

申し込み方法 MNP予約受付窓口 営業時間
携帯電話 151 9:00 ~ 20:00
一般電話 0120-800-000
パソコン マイドコモ → 各種お申込み・お手続き 24時間

PCからMNP番号を発行してもらえるのはドコモとワイモバイルだけです。忙しい社会人にとっては貴重な存在だ。

 

auの場合

申し込み方法 MNP予約受付窓口 営業時間
携帯電話 0077-75470 9:00 ~ 20:00
一般電話
EZWeb トップ → auお客様サポート

→ 申し込む/変更する

9:00 ~ 21:30

EZWebからもできますが、なぜか営業時間が存在します。そこは24時間にしてほしいな。

 

ソフトバンクの場合

申し込み方法 MNP予約受付窓口 営業時間
携帯電話 0800-100-5533 9:00 ~ 20:00
一般電話
Yahoo!ケータイ トップ → My Softbank

→ 各種変更手続き

9:00 ~ 21:30

こちらもYahoo!ケータイから手続き可能ですが、営業時間ありです。

 

ワイモバイルの場合

申し込み方法 MNP予約受付窓口 営業時間
携帯電話 9:00 ~ 20:00
一般電話
Emnet トップ → 料金&各種申し込み 24時間
パソコン My Ymobile

ワイモバイルは端末で電話先が変わるのが厄介です。

0570-039-157 STREAM S、Nexus 5、ARROWS S、AQUOS PHONE ef、DIGNO DUAL 2、
AQUOS PHONE es、STREAM、DIGNO DUAL
0120-736-157 Nexus 5、ARROWS Sを除く旧EMOBILEスマートフォン

こんな感じで変わってくるので注意してください。

 

それじゃ、MNP番号を取得出来たら、次にLINEモバイルの音声プランに申し込みをしましょう。

スポンサーリンク

 

★追記 MNPを考えている人は必見です

 

LINEモバイルに申し込みをする

申し込み時に必要なもの

メールアドレスは申し込みの受付等に使うので、Gmailなどで取得しておきましょう。その他、クレジットカードは使えますがデビットカードは使えません。銀行引き落としもないので必ずクレジットカードを利用しましょう。

 

申し込み内容とプランを選択しよう

まずは端末とSIMのセットか、SIMカードのみのどちらかを選択しましょう。既にSIMフリー携帯を持っている人はSIMカードのみを選んでください。LINEモバイルではなく、Amazonなどで買うよーって人もSIMカードのみにしてください。

linemobile-mnp1

次にプランを選択します。LINEフリーは、データ容量が1GBまで&LINEの通信費のみ無料となっています。コミュニケーションフリーを選択すると、10GBまでのデータ容量プランを選択でき、かつLINE・Facebook・Twitterの通信費が無料となります。

自分のスマホスタイルに合ったプランを選んでください。データ容量選択の目安はコチラの記事で紹介しているので、ぜひ見ていってください。

格安SIMを申し込む人必見!データ容量プランの目安を紹介!youtubeや動画を見る人は特に注意が必要

2016.09.18
linemobile-mnp2

 

それでは次にSIMのサイズを選びましょう。自分の端末はどのサイズかわからない人はネットで調べるか、ナノSIMを選択してください。どうしてナノSIMを選ぶかと言うと、変換機さえあればマイクロSIM、標準SIMとしても使えるからです。私は端末にあったマイクロSIMを使っていたのですが、先日購入したDMM mobileのSIMではナノSIMを選択しました。

マイクロSIM用の端末でもデータ通信ができたのでナノSIMを選んでおけば間違いありません。iPhoneもナノSIMですからね。

linemobile-mnp3

変換機はコチラ

 

最後にオプションを選択しましょう。留守番電話や割り込み通話などのオプションが選択できますので、お好きなものを選択してください。

linemobile-mnp4

 

料金を確認したら、次に進みましょう。今回は、「LINEフリー1GB」+「音声通話」+「留守番電話」の3つを組み合わせました。毎月の支払いはたったの1503円!やっすい!初期費用は仕方がない部分なので割り切りましょう。

linemobile-mnp5

 

MNPで契約する

MNP転入を選択すると、MNP番号入力欄がでてきますのでキャリアからもらったMNP番号有効期限、そして現在の電話番号を入力してください。

linemobile-mnp6

 

お客様情報入力をして、メールアドレスの確認を行う

ここからの作業は流れです。通販サイトに登録するような手順で、現住所や氏名などを入力してください。

メールアドレスの確認まで終わると、身分証明書の提示を催促されますので、写真でアップロードしたりして認証作業を終わらせてください。

これで申し込み作業は終了です!

 

SIM到着後、MNP受付窓口にて開通手続きをする

こんな感じでSIMが到着しますので、この中に入っているMNP開通受付窓口(電話番号 0120-889-279)に電話して、SIMカードを使えるようにしましょう。

linemobile-review2

MNPしたSIMカードのデータ通信を開始したいのですが!」と言ってからあとは流れで番号確認したりすると、2時間程度でデータ通信が出来るようになります。早ければ1時間くらいで終わるかも。

以上でMNP方法の解説終わりです!

 

音声SIMでも最低1200円から運用可能

上のほうで、「LINEフリー1GB」+「音声通話」+「留守番電話」で月額1500円運用可能と書きました。これの留守番電話を抜くと、最低1200円から音声通話ありのSIMを使うことが出来ます。自分はキャリアを使っていたときは月額8000~9000円かかっていたのですが、格安SIMを使ってからは月2000円以内で運用できていました。

その差額は少なくても6000。つまり年間72000円は節約できていたということになりますね。自分は頻繁に電話をかける側ではなかったのでこの金額で運用できましたが、電話を自分からかける人は格安SIMだと楽天モバイルが非常にオススメですね。5分間かけ放題サービスが楽天SIMにはありますので。

 

LINEモバイルキャンペーン情報

11月現在、LINEモバイルではHUAWEI人気端末、P9 liteを10,000円引きとしてキャンペーンを行っています。

このキャンペーンは在庫がなくなり次第終了となりますので注意してください!

 

まとめ

以上、LINEモバイルへキャリアから乗り換え(MNP)する方法でした!

LINEモバイルの実際の通信速度やメリット・デメリットも記事にしています!ご参考までによろしくお願いします。

 

この記事を読めば格安SIMの選び方がまるわかり!

格安SIM特集ページ

2016.10.16
スポンサーリンク

★オススメ記事特集

linemobile-review1

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。