LINEモバイルとmineoの比較!どっちがおすすめできるのかを検証

今回LINEモバイルと比較するのは、ユーザー数も多く格安SIMでも古参の部類に入るmineo(マイネオ)です。mineoは音楽ストリーミングアプリSpotifyにもCM広告を打っているので、もしかしたら一度は聞いたことがある格安SIMかもしれません。

実店舗も続々と増えてきているmineoに果たしてLINEモバイルは真っ向勝負で勝つことが出来るのか…今回はLINEモバイルとmineoを比較して、どっちがおすすめできるのかを検証してみました

スポンサーリンク

LINEモバイルとは

SNSでおなじみのLINEがサービスを展開している格安SIMがLINEモバイルです。2016年の9月頃からサービスをスタートし、かなり好調な滑り出しを見せたことが印象にあります。

このLINEモバイルは、LINEやTwitter、インスタグラム、Facebookなどをよく使う現代社会に生きる私たちにとって神機能といえる、「カウントフリー」をサービスの特徴として打ち出しています。このカウントフリーは、先ほど挙げた4つの通信費を一部無料にする機能で、タイムラインに送られてきた画像やトーク画像、ツイート画像などを読み込んでも通信費が一切かかりません

カウントフリーとなる通信は各SNSで異なってきます。カウントフリーに関する機能は次をご参考にしてください。(カウントフリー)

このサービスを展開しているのは、数多く存在する格安SIMの中でもFREETEL SIMとLINEモバイルのみです。珍しい機能で最大の特徴でもあるカウントフリーは、通信費が何気にかさんでしまうSNS利用者にとって非常に役立ちます。

mineo(マイネオ)とは

mineoとは格安SIM業界の中でも大手という立ち位置に君臨しており、ドコモ回線とau回線の好きな方からプランを選択できるのが最大の特徴です。選べるプランのおかげで、わざわざSIMロックを解除しなくてもドコモユーザーならドコモプラン、auユーザーならauプランを選択することで、SIMロック解除なしで格安SIMを利用することが出来ます。

au VoLTE対応のSIMを利用する場合は、auにてSIMロックの解除手続きが必要になります。auの場合SIMロック解除できるのが、端末を購入してから180日経過してからになってくるので注意してください。

基本的に大手2キャリアからのMNPの場合SIMロック解除はいりませんが、一応動作端末は確認するようにしてください。動作を確認できていない端末の場合はmineoでも保証はしていませんので注意が必要です。

また、mineoではキャリアなどでよく見られる2年縛りがなく、いつ解約しても違約金は発生しません。さらに、これまたよくある1年目は安いけど2年目以降は高くなる料金の設定もmineoでは存在しません。最初に設定された料金(端末代金除く)が毎月の請求額となります。

LINEモバイルとmineoの比較ポイント

LINEモバイルとmineoを比較していくうえで、両者の次の点を見ていきたいと思います。

  1. 料金プラン
  2. 通信速度
  3. 取り扱い端末
  4. サポート
  5. 特徴

いつも通り最低限この部分を見ることで、両者のメリット・デメリットが見えてきます。今回はいつもの4つに加えて特徴も比較して見ていきましょう。

LINEモバイルとmineoの比較

1.料金プラン

 データ通信のみデータ+SMS音声通話付
LINEフリープラン(1GB)500円620円1200円
コミュニケーションフリープラン(3GB)-1100円1690円
5GB-1640円2220円
7GB-2300円2880円
10GB-2640円3220円
MUSIC+プラン(3GB)-1810円2390円
MUSIC+プラン(5GB)-2140円2720円
MUSIC+プラン(7GB)-2700円3280円
MUSIC+プラン(10GB)-2940円3520円

LINEモバイルでは、1GB~10GBまでのプランが用意されています。

カウントフリーと呼ばれるSNSの通信費が一部無料となるサービスを選ぶには、コミュニケーションフリープランの3GB、5GB、7GB、10GBの中から選択する必要があります。LINEの通信費のみ無料で良い場合は、LINEフリープランでも問題ありません。

驚くべきは、LINEモバイルは500円から格安SIMを運用できることです。この価格帯は他のMVNOでもあまり見ないので特筆すべき点かと思います。プランの選び方ですが、Wi-Fiを多く使うか、動画をどの程度見るかで変わってきます。次の項目を目安にしてみてください。

  1. 1GB:LINEと電話がメイン
  2. 3GB:ネットサーフィンも楽しみたい
  3. 5GB:ゲームや音楽もダウンロードしたい
  4. 7GB:Youtubeもちょっと見たい
  5. 10GB:Youtubeも1日1時間くらいは見たい

Wi-Fiを使わない場合は、このような目安で決めるのが無難かと思います。ただ、10GBでもYoutube等の動画を多く見る場合は足りなくなる可能性があります。私のおすすめは、「3GBで契約して家ではWi-Fi接続のみにする。アプリのダウンロードもWi-Fiのみで行う。」方法が一番使いやすいかなと思っています。

ネットサーフィンのみで3GBの容量を使い切ることはほぼありませんので、余裕をもって使える方法かと思います。なお、通話料金に関しては20円/30秒となります。LINEモバイルでは通話専用アプリを使っての音声通話半額といったものがないので、音声通話プランで契約するのはちょっと危ないかなと感じます。

今後そのようなアプリが出てくるかもしれませんので期待して待ちたいところですが、現状は音声通話プランでの契約はあまりおすすめできません。

mineo

ドコモプラン

ドコモプランデータ通信のみデータ+SMS音声通話付き
500MB700円820円1400円
1GB800円920円1500円
3GB900円1020円1600円
5GB1580円1700円2280円
10GB2520円2640円3220円

auプラン

auプランデータ通信のみデータ+SMS音声通話付き
500MB700円700円1310円
1GB800円800円1410円
3GB900円900円1510円
5GB1580円1580円2190円
10GB2520円2520円3130円

両プラン共に500MB ~ 10GBまで用意されています。3GBまでは100円ずつアップしていくので、契約するならば3GBが一番コスパ高いかなと感じます。両者のプランを比較して異なるのは音声プランと、SMSの料金です。ドコモプランだとSMSは120円の追加料金がとられますが、auプランでは無料でSMSが使えます

音声プランはドコモのほうが若干高くなっています。両者ともそれ以外の箇所はほぼ同じで、音声通話には20円/30秒かかりますが、通話定額をつけることによって、30分/840円、60分/1680円で使い放題となります。しかし、オプションなので追加料金です。正直言うと音声プランはちょっと高いかなという印象。この点に関してはLINEモバイルと差はないと感じています。

その他の料金に関するサービスとして、「家族割」、「複数回線割」があります。

  • 家族割:家族で契約すると各回線の月額料金から毎月50円引き(最大5回線の250円引き)
  • 複数回線割:1回線契約ごとに毎月50円引き(最大5回線の250円引き)

この割引サービスは二つで併用することはできません。

料金面でLINEモバイルとmineoを比較してみましたが、正直な所両者ともに最大料金は同程度、下限はLINEモバイルのほうが安いということから、ちょっとだけLINEモバイルの方が優れているのかなと感じました。家族割や複数回線割ってほとんど適用する人いないと思うんですよね。LINEモバイルの1GB/500円というのはやはり大きなメリットでもあります。

2.通信速度

LINEモバイル

流石にLINEモバイルはサービスが開始されて1年経っていないだけあって、かなりの通信速度がでますね。これが1年くらい経ってから再評価するとどんな感じに変化するのかが楽しみではあります。この記事を書いている段階(2017年2月4日)では、格安SIMのなかでもTOP5に入る通信速度かと思います。個人的には夜中のゴールデンタイムだとちょっと体感速度が以前より遅くなったかなと感じます。

数値上の速度は大手キャリアとそこまで遜色ないかなという印象。

大手キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)はやっぱりゴールデンタイムやお昼の混雑時でもそれなりの通信速度になっています。一部の回線を貸しているので格安SIMの通信速度が落ちるのは仕方がない部分はありますね。速度が極端に遅くなるのが嫌な人は、格安SIMの中でもau傘下のUQ mobileや、ソフトバンク傘下のワイモバイルがおすすめです

mineo

極端に速かったり遅かったりしていますね。傾向としては朝やお昼前は通信速度高め。そしてお昼頃は速度が低下し、夕方の帰宅の時間に近づくと徐々に通信速度が落ちてくるといった印象を受けます。人によっては、お昼だと1Mbpsを切る場合もあるようですが、そこまで遅くなるのは端末の問題もあるようです。

楽天モバイルのように、「〇日間で〇GB以下じゃないと通信制限をかける」ようなことはmineoにはありませんので、通信速度に関しては安定した速度を出すことができるでしょう。

通信速度に関しての比較ですが、現状ではLINEモバイルに軍配が挙がります。これが1年後だとどのように変わるかわかりませんが、LINEモバイルもずっとこの速度を維持できるわけがないので、mineoより遅くなる可能性もあります。逆にmineoがずっとこのままの通信速度を安定して保てるならば、業界最大手の格安SIMに躍り出ることが出来るかもしれません。

3.取り扱い端末

LINEモバイル

LINEモバイルの取り扱い端末は非常に少ないです。公式ホームページからおそらく売り切れになった端末は除外しているのでしょうが、それでも4~6種類しか選べる端末がありませんので、ちょっとだけガッカリしますね。最新のHuawei端末もないのでもう少し端末を充実させて、セット割引キャンペーンなどをしてくれたら嬉しいなと感じます。

ですのでLINEモバイルと契約する場合は、SIM単体のみを契約して、端末はAmazonなどで購入するのが一番良いかと思います。割引がない分ちょっと割高になってしまいますが、そこは目を瞑るか、他の格安SIMでセット販売割引キャンペーンしているところを探すか、どっちかの選択するしかなさそうです。おすすめのSIMフリー端末については下記記事をご参考にしてください。

格安スマホおすすめ端末比較2017!人気の機種からピックアップ

2016.12.10

mineo

mineoも選べる端末はそんなに多くありません。LINEモバイルとどっこいどっこいという感じですね。こちらもHuaweiなどの端末が販売されていないのがちょっと痛いです…。LINEモバイルとmineoの端末比較は、両者引き分けです。選べる端末が少ないので、AmazonなりでSIMフリー端末を購入してSIMのみを契約するようにした方が良いでしょう。キャリアから乗り換えする場合は、SIMロック解除という手段もあります。

4.サポート

LINEモバイル

LINEモバイルのサポートはマイページからメールでの問い合わせが可能で、電話での応対も受け付けています。

一度間違ってLINEモバイルを解約したときに利用したのですが、対応が丁寧で返事も早くて助かった印象があります。まだ会員数が少なかった時の話なので、今はちょっと遅くなっているかもしれませんが、MVNO事業者の中では問い合わせ場所もわかりやすくなっているので使いやすいかなという印象です。

メールで回答しづらいものに関しては電話もあちらから掛けてくれるので、サポートは悪くないと感じています。

mineo

mineoではオンラインチャットでのお問い合わせも存在しています。よくある質問やAPNの設定、各種設定方法なども充実しているのでサポートはかなり良い方なのではないかと思います。実際にTwitter上でもなかなか高評価な模様。

このように、会員登録せずともチャットで料金に関することや、契約方法などの相談がオンラインチャットで可能です。やはり業界大手な格安SIMなだけあってサポートにも力を入れています。

5.特徴

LINEモバイル

  • 500円から格安SIMが使える
  • カウントフリーでSNSの通信費がかからない
  • 余ったパケットを翌月まで持ち越せる
  • 格安SIMの中ではかなり通信速度が速い(2017年2月4日現在)

mineo

  • ドコモプラン/auプランの2つが用意されている
  • フリータンクが存在する
  • 余ったパケットをmineoユーザーにプレゼントできる
  • 余ったパケットを繰り越せたり、家族にシェアもできる

LINEモバイルの最大の特徴はカウントフリーですが、mineoの最大の特徴は。ドコモプランとauプランの他に、フリータンクと呼ばれるmineoユーザーだけが使えるパケット貯蔵庫でしょう

mineoユーザー同士でパケットをシェアしあえる、それが「フリータンク」です。
いわば、みんなのパケット貯蔵庫。「今月は余ったなぁ」、そんなときはみんなのためにフリータンクへ。 「テザリングしすぎて今月は足りない!」そんなときは ちょっと借りる。パケットを通じて、見ず知らずのmineoユーザーがいつのまにか助け合う仲間になる。そんなスマホ共同生活、始めてみませんか?

余ったパケットをmineoに提供して、そのパケットをmineoユーザーで共有して使おうという機能です。マイネ王に登録することで使えるようになり、mineoユーザーならではの特権です。しかし最近のニュースで、mineoのフリータンクが枯渇気味になっており、近いうちにパケットがなくなる恐れがあると言われています。需要と供給が釣り合っていなかったせいなのかもしれませんね。

このように特徴から見ると、SNSをいっぱい楽しみたい人はLINEモバイル、パケットをやりくりしたい人はmineoという感じで住み分けが出来そうな気がします。どっちが得かは、利用者のライフスタイルによって変わりますので、人によって満足度は変わってくるでしょう。

最終的にLINEモバイルとmineoを比較してどっちがおすすめか

LINEモバイルがおすすめな人

  • SNSをよく利用する
  • データ通信のみを利用したい
  • 通信速度が速い格安SIMが欲しい
  • ワンコインで使いたい
  • 第2の予備SIMとして持っておきたい

LINEモバイルは音声通話には今の所向いていません。ですが、ネットサーフィンのみで利用するならば現状は格安SIMのなかでもトップクラスで使いやすく感じています。予備のSIMカードを持っておきたい人にもLINEモバイルは非常におすすめなので、通信用と割り切って使うのでしたら選択肢に入れてもいいかと思います。

mineoがおすすめな人

  • ドコモ/auからのMNPでSIMロック解除が面倒な人
  • 家族でパケットを共有したい人
  • 2年縛りの契約に捕らわれたくない人
  • フリータンクを利用したい人
  • なるべく知名度のある格安SIMを使い人

mineoは格安SIM業界の中では知名度がある方なので、利用者にとっても安心できる面はあると思います。選べる端末などは少ないですが、ドコモ/auからのMNPで契約する場合は、そのまま端末を使うことが出来ますし、わざわざSIMフリー端末を購入する必要がありません。

一応通話定額プランが30分と60分の両方備わっているので、必要最低限の機能は備わっているかなという印象です。無難という言葉が最も似あっているのがmineoかもしれませんね。

最後に

以上が、LINEモバイルとmineoの比較でした。どちらも良い格安SIMです。どちらも通話向きの格安SIMではありませんが、通信速度の安定面では他の格安SIMよりは一歩前へ進んでいるかと思います。LINEモバイルとmineoで迷っている方のご参考になりましたら幸いです。

よく読まれている記事です

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪