iPhone 7-Suicaの登録方法からオートチャージのやり方まで全て紹介

iphone7-suica7

スポンサーリンク

iPhone7に搭載された「Felica」と呼ばれる機能で、各種公共機関にてiPhoneでSuicaが使用可能になります。なお、対象となる端末は「iPhone 7」、「iPhone 7 Plus」、「Apple Watch」の3機種のみとなっておりますのでご注意ください。

 

Felicaとは?

iphone7-suica1

まずザックリと「Felica」について説明します。

Felicaとは、かざすだけでデータの送受信ができる非接触型ICカード技術です。SuicaもこのFelicaシステムを埋め込まれております。その他にも電子マネーでおなじみの「楽天Edy」、「nanaco」、「WAON」などもFelica対応です。最近は色々な所で使われているので、目にする機会も増えました。

そして今回iPhone 7にこのFelica機能が搭載されるようになり、iPhone 7でSuicaを使えるようになりました。

 

iPhone 7にSuicaを登録する方法

iphone7-suica3

それでは本題のiPhone 7にSuicaを登録する方法をご紹介します。

 

と言っても、登録方法は非常に簡単です。iPhone 7にSuicaの情報を送るには、Suicaの上にiPhone 7を置いてカードの情報をiPhone 7に転送させるだけです。これだけでSuicaがiPhone 7上で使えるようになります。

注意点としては、一度カード情報を転送したSuica(カードのほう)は利用できなくなることです。もう一点は、iPhone 7の電源が切れているとSuicaが反応しないことです。当たり前と言われればそうなのですが、くれぐれもバッテリーの残量には注意しておきましょう。

 

まだSuicaカードを持っていない場合、JR東日本のSuicaアプリ(Suica)で、Apple Payで使えるSuicaを作ることが出来ます。

Suica
Suica
開発元:East Japan Railway Company
無料
iPhone7、iPhone 7 Plusを持っていてもApple Payのサービスが始まるまではモバイルSuicaのサービスを利用できないので注意ください。

 

Suicaをオートチャージする方法

まず、Suicaにオートチャージできるのか?という疑問から入りますが、現状では正式にオートチャージが使えるとの発表はありません。しかし、既におサイフケータイでAndroidが使えるオートチャージの条件として「VIEW CARD」があります。

VIEW CARDはJR東日本のブランドですので、おそらく最初にオートチャージ機能がつくとしたらAndroid同様VIEW CARDになるのではないかと噂されています。Androidと同じとなると、オートチャージ機能がついたモバイルSuicaを使う場合、VIEWカード以外だと年会費が1030円ほどかかるはず。

 

※オートチャージ機能が追加されました!(2015/10/25 追記)

噂どおり、VIEWカードでのオートチャージが対応しています。

オートチャージの設定方法は後ほど記載したいと思います。

 

オートチャージの設定方法

※ 現在オートチャージするためには、SuicaアプリへVIEWカードを登録する必要があります。Suicaアプリは下記からダウンロードしてください。オススメのVIEWカードは後述を参考してください!

Suica
Suica
開発元:East Japan Railway Company
無料

 

Suicaのオートチャージ手順

  1. Suicaアプリを起動
  2. チケット購入・Suica管理をタップ
  3. 会員登録を済ます(既に会員の人はスキップ)
  4. 再度チケット購入・Suica管理をタップ
  5. オートチャージ設定をタップ
  6. クレジットカード情報登録へを選択
  7. 必要情報を入力して「次へ」
  8. 再度必要情報を入力して「次へ」
  9. 登録情報を確認して「登録する」
  10. オートチャージ設定をタップ
  11. 「オートチャージ申込/変更」をタップ
  12. 同意する
  13. オートチャージ条件をお好みで入力して「次へ」
  14. 入力情報を確認して「申込/変更」をタップ
  15. オートチャージ設定完了

 

iPhone 7でSucaをチャージする方法

iPhone 7でSuicaをチャージする方法は2つあります。それは、Suicaアプリでチャージするか、Walletアプリでチャージするかのどちらかになります。

例としてWalletアプリで紹介。

まず、「Wallet」アプリを起動します。Walletアプリはこんなアイコンになってます。

iphone7-suica2

この中に設定したクレジットカードを使ってWallet内で直接Suicaのチャージを行うことが出来ます。これからは券売機に並ばずにチャージすることができますね。

 

しかし、Suicaアプリが誕生したことによって、Walletアプリをわざわざ使う必要がなくなりました。通常のチャージからオートチャージまで全てSuicaアプリでできるので、今後はそSuicaアプリを使うのが主流となってきそうです。

SuicaアプリからでもWalletで支払うかの選択肢があるので、やはりWalletアプリを使うメリットは少ないでしょう。

 

Suicaにチャージ可能なクレジットカードのブランド

2016-10-25_162413

主要なところは揃っているかと思いましたが、「VISA」が対応しておりません。おそらく海外での使用も考えてクレジットカードはVISAで作ってるという人も多いのではないでしょうか。VISAカードしか持っていない方はチャージをするためにクレジットカードを作る必要があります。

 

年会費無料のVIEW CARD

Suicaのオートチャージのためにカードを作るなら、VIEW CARDが断然オススメとなります。VIEW CARDは種類も限定されているので、その中でもオススメのカードをご紹介します。

現在オートチャージ可能なカードはVIEWカードのみとなっています

 

1.ビックカメラSuicaカード

iphone7-suica6

最もオススメなのはビックカメラのSuicaカードです。年会費無料で、1年間の間に1度でも利用していれば、2年目以降も年会費が無料になります。Suicaチャージ目的なので必ず1回は利用されると思うので年会費の心配は無用となります。

 

ビックカメラでこのクレジットカードを使うと、ビックポイントを最大11.5%サービスしてくれるので、ビックカメラで買い物をする人ならさらに便利なカードとなっています。

 

最後に

以上が「iPhone 7でSuicaを登録する方法とオートチャージのやり方」の紹介でした。

ご参考になりましたら幸いです。

 

★こちらも読まれています

>> Apple Payで使える還元率が良いクレジットカード特集

>> Suica利用での不具合・エラー情報まとめ

スポンサーリンク

★オススメ記事特集

iphone7-suica7

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。