2017年のAppleはiPhone8/iPhone7s/iPhone7s Plusの3種類をリリース予定か

2017年のAppleの動向を見ていると、iPhone 8、iPhone 7s、iPhone 7s Plusを年内中にリリースる可能性があると噂があります。次のiPhoneは、大画面のOLED(有機EL)スクリーンを採用すると言われており、ついにApple初の全面OLEDディスプレイが手に入れられる可能性もでてきました。

しかし、3種類のiPhoneが発売されると言っても、現段階ではそのうちの一つ、「iPhone8」のみでOLEDディスプレイが拝めるのではないかとも推測されています。iPhone 7s、iPhone 7s Plusは従来通りの液晶ディスプレイというのが今の段階では一番の有力説となっています。

スポンサーリンク

iPhone 7s/iPhone 7s PlusにOLED採用は本当に無いのか

現段階ではこの2機種については液晶ディスプレイが濃厚と言われていますが、海外サイトの噂によると、iPhone 7sとiPhone 7s PlusでもまだOLEDディスプレイ採用の可能性はあるとも一部で話がでてきました。

そのためには今回OLEDスクリーンをAppleに提供するSamsungが、どこまでAppleの要求を呑むか、そして液晶ディスプレイと比べてどこまで優れているかを示す必要があります。単純にiPhone 7sとiPhone 7s Plusは、iPhone 7とiPhone7 Plusのアップグレードバージョンなので、液晶ディスプレイのままで行くという話が今の所最有力ですが、OLEDディスプレイもちょっとだけ見てみたいですね。

iPhone 8はLCD(液晶)ディスプレイの可能性も?

一方iPhone 8は、完全に液晶ディスプレイから脱却して5.8インチのディスプレイに全面のOLEDスクリーンを採用するのはほぼ決定とも言われていますが、最近に貼り、Appleのサプライヤの一つである日本の「Japan Display」が折り曲げ可能な液晶スクリーンを発表しました。

これはSamsungのOLEDスクリーンと競合する形になる可能性が出てきたので、もしかするとOLEDスクリーンではなく、LCDスクリーンの採用も十分ありえる状況になってきました。Galaxy 7に採用されているOLEDスクリーン同様に、エッジ部分を包み込むには十分に曲げられるので実用可能な範囲だとか。

湾曲のLCD(液晶)ディスプレイが採用されるとどうなるかと言うと、今までガラスだったOLEDスクリーンに対して、液晶ディスプレイは両面にプラスチックの層が付随しているので、耐衝撃性が生まれることになります。

さらにiPhone 8でも採用されるバッテリーセーバーの役割も十分に果たせるようです。Japan Displayの湾曲LCDスクリーンは、15Hz、30Hz、60Hzの3段階で駆動周波数を切り替えできて、消費電力を抑えられるとのこと。

しかし、この液晶ディスプレイの量産は2018年になるだろうと言われており、今回のiPhone8では見送られる可能性もあります。2018年のiPhone 9から採用されるディスプレイかもしれませんので期待して待ちたいところです。

現在Japan Displayではこの湾曲液晶ディスプレイの他に、OLEDスクリーンの製造にも参入すると言われています。Samsung、LGとのディスプレイ競争が、これから始まりそうな予感がしますね。

最後に

以上が、iPhone8 / iPhone 7s /iPhone 7s Plusに関するリーク情報の紹介でした。

2017年にリリース予定のiPhoneに関する情報が入り次第新たに記事を更新していきます。(via:mobile&apps)

スポンサーリンク

よく読まれている記事です

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪