2ファクタ認証の解除方法と確認コードが届かない場合の対処方法

iOS10.3にアップデートされてから、パソコンからAppleのアカウントにログインしたり、Apple IDにログインをしようとする動作を行なった場合に、「2ファクタ認証」と呼ばれるセキュリティが推奨されるようになりました。iOS10.3にしてiPhoneが再起動されたとき、2ファクタ認証を求められた記憶があります。

セキュリティ強化がされ、よりApple IDを守りやすくなったことは良い点ですが、中には、こんな二重認証なんて面倒くさい、別にパスワードが漏れる心配は無いという人も少なからずいるようです。そこで今回は、2ファクタ認証の解除方法と確認コードが届かない場合の対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

2ファクタ認証を有効化する方法

2ファクタ認証自体はiOS9以上のiPhoneやiPadを使っている人でしたら設定して有効化することができます。ここではまずはじめに、2ファクタ認証を有効化する方法をご紹介します。

1.【設定 > iCloud】まで移動して、Apple IDをタップします。既にiOS10.3以上にしている場合は、設定アプリを開いたときに一番上にでている、Apple ID情報をタップしてください。

2.次に「パスワードとセキュリティ」をタップします。そうすると、2ファクタ認証のオンオフ切り替えができる項目がありますので、オンにしてください。

これで2ファクタ認証の有効化方法の説明は終わりです。

2ファクタ認証の確認コードが届かない場合

2ファクタ認証を有効にした後、信頼していないデバイスでログインしようとすると、2ファクタ認証を求められるようになります。この2ファクタ認証を求められた際は、信頼できるデバイスに確認コードを自動的に配信してくれるのですが、もしかすると、まだ信頼できるデバイスを登録していない人もいるかもしれません。

そういった場合、2ファクタ認証の確認コードが自動的に届かないので、自分で送ってあげる必要があります。また、信頼できるデバイスを登録している場合でも圏外などでデバイスがオフラインとなっていて自動的に届かない場合があります。そこで今回は、確認コードが届かない場合の対処方法を2パターン紹介します。

1.信頼されたデバイスを設定していない場合

信頼されたデバイスを設定していない場合、どのようにして確認コードを受け取るかというと、Appleアカウントに登録してある電話番号に確認コードをメッセージで送る方法になります。

2ファクタ認証を設定していないと、確認コードがそもそも届かないので、2ファクタ認証入力画面の「確認コードを受信していませんか?」をタップします。その中の「SMSを送信」をタップすると、メッセージアプリに2ファクタ認証確認コードが届きます。あまりにもSMSで届かない場合は、音声通話で発信も選択候補にでてきます。

 

2.信頼されたデバイスから確認コードを取得する場合

既に信頼されたデバイスを設定してはいるが、圏外などでデバイスがオフライン状態になっている場合でもそのデバイスが手元にあるのでしたら、確認コードを受け取ることが出来ます。受け取る方法ですが、次の手順で行ってください。

1.設定アプリを開き、一番上のAppleアカウント情報を開く

2.「パスワードとセキュリティ」をタップして、「確認コードを入手」をタップする

オフライン状態でも、この確認コードは入手することが可能です。一度機内モードにして同じ手順で確認コードを入手しようとすると、「パスワードとセキュリティ」をタップしたときに、警告文がポップアップします。そして確認コードを取得をタップすると、Apple IDの確認コードをオフラインでも入手できます。

アカウントの詳細を利用できません
別のデバイスまたはiCloud.comでiCloudにサインインしている場合は、オフラインでも確認コードを入手できます。

スポンサーリンク

2ファクタ認証の解除方法

最後に、2ファクタ認証の解除方法を紹介します。2ファクタ認証の解除方法ですが、2ファクタ認証の有効化と同様に【設定 >Apple ID >パスワードとセキュリティ > 2ファクタ認証のオンオフ】からでは解除できないようになっています。

解除する方法については、次の手順でおこなうようにしてください。

1.Apple IDアカウントページにサインインする

Apple IDアカウントページはコチラとなります。このときに再度2ファクタ認証を求められることもあります。

2.2ファクタ認証を無効にする

Appleアカウントの管理画面にサインインができたら、次は「セキュリティ」をタップします。おすすると次の画面の一番下に「2ファクタ認証を無効にする」のリンクがありますので、タップして2ファクタ認証を解除してあげましょう。

3.新しいセキュリティの設定

2ファクタ認証を解除すると、新しいセキュリティとして質問を設定する必要があります。覚えやすい質問をチョイスして設定してあげましょう。設定が終わると、自動的にApple アカウントからログアウトされますので、再度ログインし直してください。そして連絡用メールアドレスにも2ファクタ認証の解除メールが届きますので確認してください。

では最後に、ちゃんと2ファクタ認証が解除されているかを設定アプリのApple IDアカウント情報から確認しましょう。下記のように設定されていたら正常に2ファクタ認証が解除された状態です。

最後に

以上が、2ファクタ認証の解除方法と、認証コードが届かない場合の対処方法でした。

2ファクタ認証はパスワード漏れを防ぐための二重認証として、結構強固なほうかもしれません。できれば解除せずにそのまま使ってあげるようにしてください。

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪