iPhone|デバイスから無効な反応が返ってきたため、iTunesに接続できません。となったときの対処方法

ChristianHoppe / Pixabay

スポンサーリンク

iPhone・iPad・iPodを買って、iOSのアップデートをiTunes経由で行おうとしたとき、「デバイスから無効な反応が返ってきたため、iTunesに接続できません」となった経験はないでしょうか?

こんなエラーメッセージが返ってくると、iTunesでバックアップや同期を取ることができないので早急に対処する必要があります。

そこで今回は、「デバイスから無効な反応が返ってきたため、iTunesに接続できません」となったときの対処方法を何点か紹介します。

 

iTunes(PC)側のチェックポイント

まずはiTunesで以下のチェックをしてください。

  • 最新バージョンのiTunesかどうか
  • WindowsまたはmacOSが古くないか
  • Apple Mobile Device USB Driverが存在するか

最低限この3つは確認しましょう。

 

最新バージョンのiTunesかどうか

まずはiTunesが最新かどうかを確認してください。iTunesのバージョンが古いとiOSとの相性のせいか、デバイスを認識してくれないときがあります。

【確認方法】

  1. iTunesを開く
  2. ヘルプから「更新プログラムを確認」を選択
  3. 最新版のアップデートを行う

 

最新バージョンがあたっときは、こんなポップアップが出てくるので手順に沿ってアップデートしましょう。

iphone-error11

 

 

WindowsまたはmacOSが古くないか

実はこれが原因で「デバイスから無効な反応が返ってきたため、iTunesに接続できません」と返ってくる人も多いみたいです。iTunesのバージョンをガンガン挙げてしまうと、古いOSだとiTunesからエラーが吐き出されます。

最新版のiTunesと対応しているWindwsOS

  • Windws 10 (32bit、64bit)
  • Windows 8 (32bit、64bit)
  • Windows 7 (32bit、64bit)

 

iTunes12.1.3と対応しているWindowsOS

  • Windows Vista
  • Windows XP

 

また、macではOS Xのバージョンが、10.10.3以降だと最新版でも問題なくiTunesが動作します。

 

Apple Mobile Device USB Driverが存在するか

このドライバがインストールされていないときも、正常に動作をしないことがあります。

Macの場合

  1. option+Appleメニューをクリック
  2. システム情報、またはシステムレポートをクリック
  3. ハードウェアタブの「USB」をクリック
  4. USB装置ツリーに「iPhone・iPad・iPod」のいずれかが表示されていれば正常

macを普通に使っていれば表示されます。

もし表示されていなかったらAppleサポートまで問い合わせをしましょう。

 

Windowsの場合

OSごとに違うので、私が使っているWindows10とWindows7で今回は手順を紹介します。

Windows10

  1. Windowsキーを押して設定を開く
  2. 検索窓から「デバイスマネージャー」と検索
  3. 「ユニバーサル シリアル バス コントローラー」を開いて「Apple Mobile Device USB Driver」があったらOK
iphone-error12

 

Windows7

  1. コントロールパネルを開く
  2. システムとメンテナンス>デバイスマネージャーの順にクリック
  3. 「ユニバーサル シリアル バス コントローラー」を開いて「Apple Mobile Device USB Driver」があったらOK

 

正直な所、WindowsはこのデバイスがインストールされていなくてもiTunesが動く人もいます。私は動いてました。

やはりiTunes側での多くの原因は「macOS、WindowsOSのバージョンが古い」ことが一番でしょう。

それではその他の原因も見ていきましょう。

 

その他の原因

  • ケーブルがApple純正ではない
  • iPhone側のiOSが古い

 

ケーブルがApple純正ではない

iOS10が更新されてから、Apple純正でないライトニングケーブルを使おうとすると充電できない、同期が出来ない、といった報告を目にする機会が増えました。もし、Apple純正ではないケーブルを使っているのならば、ケーブルを交換してみましょう。

 

iPhone側のiOSが古い

iTunes側のバージョンが最新で、iPhone側のiOSのバージョンが古いと「デバイスから無効な反応が返ってきたため、iTunesに接続できません」となる場合もあります。なので、どちらも最新状態にするのが好ましいのですが、iOS10では不具合が多々見られるので、アップデートしづらいのが現状の課題点ですね。

iOS10の不具合まとめ

 

最後に

以上、「デバイスから無効な反応が返ってきたため、iTunesに接続できません」となったときの対処方法の紹介でした。

これでも解決できない場合は、友人や家族のPCにつないで確かめてみて下さい。もしそれで解決したら、自分のPCが悪いという可能性が高くなります。そして、それでもダメだった場合はiPhone・iPad・iPod側のトラブルとなりますので、Appleサポートに問い合わせをしてみましょう。

 

もう一つの解決方法はコチラ

アップデートしてからエラーが発生するようになった人は、iTunesをダウングレードしてみましょう。案外すんなり解決したりしますよ。

>> iTunesをダウングレードする方法(Windows)

>> iTunesをダウングレードする方法(Mac)

スポンサーリンク

★オススメ記事特集

ChristianHoppe / Pixabay

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。