iOS10.1でAppleMAPに乗り換え案内機能が追加に!GoogleMapとおさらばの日は近そう

ios-map1

スポンサーリンク

2016年10月後半にリリース予定の「iOS10.1」にて、ついにApple MAPに交通機関の乗り換え機能が解放されると発表されました。一部のテスターにはすでに「iOS10.1 beta」で解放されているのですが、一般開放は「iOS10.1」に伴ってとの話になっています。

 

iOS10.1 betaで入念にテスト

最初のアナウンスは7月頃で、その時はApple Payと一緒に乗り換え案内機能を実装すると言われていました。それに対する反応は良かったのですが、その時点ではサポートエリアがApple公式で未発表となっていました。

現在、乗り換え案内機能が日本で対応しているエリアは大阪・東京の2都市のみとなっています。大都市圏の乗り換え案内機能を優先することに専念したので、今回はこんな形に。おそらく今後、対応エリアが拡大していくことでしょう。

 

ios-map1

最新の出発時刻から目的地までの時間を計算して表示してくれ、どの経路を使って乗り換えをするかも1ページで簡単に見ることが可能です。乗り換えには、きちんと歩行する距離に対する時間も含まれているので、思った以上に正確な到着予測時間となっています。

どの駅を使うかも自分で選択でき、それに沿った形で目的地までの距離や到着時間を表示してくれのが嬉しい。

 

また、東京の例となりますが、乗換案内に対応している公共機関は、JR・小田急線・都営地下鉄線・東京メトロ・成田エクスプレス・京王線となっています。今の所都営バスや京王バスでを使った乗り換えは対応していないみたいです。今後に期待しましょう。

 

最後に

Appleは乗換案内機能を10月25日にApple Payと同時に「iOS10.1」を配信する予定です。

今後はiPhoneユーザーもGoogleMapではなく、Apple MAPを使う機会が増えそうですね。Apple Payと一緒に使いたい人はSuicaの登録も忘れないようにしておきましょう。

スポンサーリンク

★オススメ記事特集

ios-map1

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。