Huawei nova liteにおすすめなケース&フィルム特集!手帳型ケースと強化ガラスフィルムが豊富

2017年2月24日から販売が開始された「Huawei nova lite」。P9 liteと比較してもスペックが向上しており、それが20000円前後で購入できることから考えて、2017年格安スマホの中では人気の高いスマホになるのではないかと感じています。

液晶画面が非常にキレイなので傷をつけないためにも絶対にフィルムをつけましょう。そしてできればケースもつけて背面や側面を守りましょう。そこで今回の記事では、Huawei nova liteにおすすめなケースと液晶保護フィルムを数点紹介します。Huawei novaに関するケースとフィルムは下記記事を参考にしてください。

Huawei novaにおすすめなケース&フィルム!専用ケースと手帳型ケースがイイ感じ

2017.02.25
スポンサーリンク

フィルムの選び方

フィルムの選び方のコツは、自分が何に重点を置いているかで変わってきます。フィルムによっても特徴が変わってくるので、それぞれのフィルムにはどんな特徴があるのかを必ずチェックしておきましょう。チェックする特徴は次の箇所を参考にしてください。

  • 非光沢(アンチグレア)
  • 指紋防止
  • 気泡レス
  • 全面保護(2.5Dラウンジ加工)
  • 強化ガラスフィルム
  • ブルーライトカット
  • 耐衝撃性
  • 両面(前面と背面)保護
  • のぞき見防止
  • サラサラタッチ
  • 防水

どれか1つの特徴だけもっているフィルムはほとんどないので、どのフィルムでも複数の特徴を兼ねそろえています。例えば強化フィルムですと最近の傾向だと、「指紋防止」「強化ガラス」「耐衝撃性」「全面保護(2.5Dラウンジ加工)」の4つを最低でも兼ねそろえているパターンが多いです。

ケースの選び方

スマホケースもたくさん存在しているのでどれを選べばいいのかわかりにくいですよね。シリコンケースやハードケース、更には手帳型ケースなど色々ありますが、基本的にケースの場合は自分が気に入ったものを選ぶのが一番無難です。素材で選ぶのもアリです。例えばスマホカバーに使われる素材は次のようなものがあります。

  • シリコン素材
  • ポリカーボネート
  • TPU素材
  • アルミ素材
  • レザー素材

これらが現在主流となっているスマホカバーケースに使われている素材です。特に多いのがTPU素材、レザー素材のケースですね。最近のクリアケースなどはほとんどがTPU素材が使われています。そして人気の手帳型ケースはレザー素材となっていますよね。

Huawei nova liteにおすすめなケース特集

1.【JPUP】クリアケースカバー

おすすめ度:★★★★★

JPUPのクリアケースカバーです。対応機種がHuawei nova lite専用となっており、他の端末の使いまわしという事がないので、私もこの商品を注文しました。厚さはわずか1.2mmと極薄で、たったの18gという軽さは非常に魅力的です。クリアケースが入っている箱はこんな感じで結構シックな箱になっています。早速取り付けてみたいと思います。

ケースはジャストフィットしてくれて丁度いいサイズ。側面のボタンもサイズミスがないので押しやすくなっています。カメラ部分に関してはレンズに干渉することがないので特に気になる部分はありませんでした。指紋センサーもベストサイズな穴が空いていたので良かったです。

イヤホンジャック部分に関してはこんな感じです。若干穴が大きめに作られているので問題なくイヤホンを挿すことが出来ました。

このクリアケースカバーにはTPU素材が採用されているので、ぐにゃぐにゃと折り曲げることはできますし耐久性が高いです。Huawei nova liteは背面のアルミも中々カッコいいのでクリアケースが映えるスマホだと思います。背面の指紋センサー部分もしっかり設計されているので満足度が高くおすすめです。クリアケースカバー選びで迷ったらJPUPのこのケースカバーを選択してみましょう。

2.【Kugi】シンプルな手帳型ケースカバー

おすすめ度:★★★★☆

非常に作りがシンプルな手帳型ケースカバーです。無駄なポケットなどはついておらず、スタンド機能しかついていませんが、あまりゴテゴテした手帳型ケースは好きではない人におすすめできます。マグネット式の開閉でもないので、磁気狂いなども発生しないのがもう一つのおすすめポイントです。

素材はPUレザーを使用しており、しっとりとした質感と心地よい手触りを売りにしている手帳型ケース。ビジネスシーンで取り出しても恥ずかしくないスタイリッシュなデザインとなっています。社会人の方におすすめ!

3.マグネット式手帳型ケースカバー

おすすめ度:★★★★☆

シンプルな手帳型ケースとは違い、こちらの手帳型ケースには内側にカードポケットを内装、そしてマグネット式の開閉が可能になっています。この商品に付属しているのはケースカバーだけでなく、両面保護フィルム、クロス、ホコリ除去シートの4点セットになっています。ですのでこのケースカバーを購入すれば、気に入ったフィルムが見つかるまでの繋ぎとしても使うことが可能です。

ケース全体の素材はフェイクレザーでできており、表面は高級感が漂います。カラーは全部でブラック、レッド、ピンク、ブラウン、ホワイトの5種類用意されているのでnova liteのカラーでケースのカラーも変えてあげましょう。

4.ソフトケースカバー

おすすめ度:★★★★☆

こちらはクリアではなくブラックカラーで覆われたソフトカバーケースです。TPU素材のクリアケースに色を付けたイメージですが、こちらのソフトカバーは耐衝撃性を重視したカバーケースになっています。レビューによるとこのケースを使ってもガラスフィルムをきちんと貼ることが出来て高さもちょうどイイとか。

若干重いのがネックですが、手触り、持ちやすさも良く使いやすいソフトケースカバーのようです。サイドのボタンにもカバーがかかってしまいますが、柔らかい素材なので推しても硬くなく意外と押しやすいと評判です。

スポンサーリンク

Huawei nova liteにおすすめな液晶保護フィルム特集

1.【JPUP】強化ガラスフィルム

おすすめ度:★★★★☆

JPUPの強化ガラスフィルムです。このフィルムは私がHuawei nova liteを購入したと同時に注文しました。強化ガラスに使われている素材は日本製旭硝子素材で、3D Touchにも対応しているフィルムとなります。厚さはわずか0.26mmと薄く、おまけに2枚もフィルムが入っているのでコスパが高いです。

この液晶保護フィルムの特徴は、「気泡レス」「強化ガラスフィルム」「防水」と盛り込まれており、光沢のため液晶の透過率も良く、Huawei nova liteのキレイな映像を劣化させずにそのまま楽しむことが可能です。

では実際にどんなフィルムだったかを紹介します。間違って2つ注文してしまいましたので4枚のフィルムが入っていることに。とりあえず箱に関してはちょっと高級感漂いますね。裏面にはフィルムの特徴が書いてあります。ブルーレイカットもついているようですね。

フィルムはきちんと2枚入っていました。他にもクロスが2枚、アルコール消毒シート2枚入っています。777円で2枚入りなのでコスパは高い。ですが、付属してきたクロスはあまり液晶の汚れが落ちなかったので、眼鏡ふきなどのクロスをもっているのでしたらそちらを使用することをおすすめします。

実際に貼ってみたらこんな感じです。強化ガラスなのでやはり厚みはありますね。実際に画面を見てみるとかなり透過率が良かったので満足です。しかし、指の滑りはイマイチでした。

もう一点マイナスポイントを挙げると、一回りシートが小さいことです。そのせいでフィルムの隅が若干浮いているような感じになっています。値段を考えると妥当なフィルムですが、2枚入りという事で、お気に入りのフィルムが見つかるまでの繋ぎとしておすすめします。

2.【TopAce】Huawei nova  lite専用強化ガラスフィルム

おすすめ度:★★★★☆

今回はJPUPの強化ガラスフィルムを選びましたが、いつもは強化ガラスフィルムを選ぶときに買ってしまうTopAceの液晶保護フィルムです。JPUPと比べると暑さは0.33mmと若干厚いのが残念な点ですが、他の機能や特徴はほとんど変わらない強化ガラスフィルムです。

TopAceの液晶保護フィルムは画面を余すことなくピッタリと貼り付けることができるのですが、逆にそれが貼りづらいと言われることもあります。ですので、あまりフィルムを貼るのが得意ではない人にはおすすめできません。逆に得意な人には液晶全体を完全にカバーしてくれるのでおすすめできます。

3.【Qoosea】極薄強化ガラスフィルム

おすすめ度:★★★★☆

個人的におすすめなメーカーその2はQooseaから出しているフィルムです。このメーカーはクリアケースも質の良い製品を多数販売しているのでユーザーからの支持は結構厚いです。極薄のフィルムはわずか0.3mmとJPUPよりは厚いですが、強化ガラスフィルムの中では薄いほうになります。その他の特徴は上で紹介した製品とほとんど変わりありません。

このフィルムもかなりジャストフィットするサイズで作られているので、少しでもズレるとケースと干渉してしまう可能性があります。透過率が良く非常にキレイな映像が楽しめるので、フィルムを貼るのが苦手な人でもトライしてみてはいかがでしょうか。

4.ブルーレイカットフィルム

おすすめ度:★★★☆☆

今のスマホではそこまで重宝するフィルムではありませんが、ブルーレイカットフィルムも紹介します。Huawei nova liteにはデフォルトで「ブルーレイライト約50%カット」の視力保護モードが用意されているのでそれと一緒に組み合わせるとよりいっそう目に優しいかもしれない。

このフィルムは画面サイズより若干小さく作られているので、フィルムを貼るのが苦手な人でも難なく貼れるかと思います。ブルーレイカットフィルムには多くの場合指紋防止コーティングがついているので、非光沢のフィルムがあまり売られていない時につなぎとして使う人もいます。

microSDカードは必須

Huawei nova liteは端末のストレージ容量が16GBです。かなり少なめですのでmicroSDカードが必須となります。読み込めるmicroSDの最大容量は128GBなのでちょっと割高ですが128GBちょうどのmicroSDカードを購入するのが良いかと思います。

それ以上の容量は必要ないので、無駄にならないように128GB以下を購入しましょう。128GBでしたら以下のカードがコスパ高いです。SDHC/SDXC規格に対応しているのでほとんどの格安スマホで利用可能です。10年保証ってのもいいですよね。

最後に

以上が、Huawei nova liteにおすすめなケースと液晶保護フィルム特集でした。JPUPのクリアケースカバーと強化ガラスフィルムは今回紹介した中でもイチオシです。ケース、フィルム購入の参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪