Huawei nova liteのスペック・レビュー評価について紹介!最安値で購入できるのはどこだ

Huaweiが2017年2月21日にSIMフリースマホの新機種「Huawei nova」と「Huawei nova lite」を発売すると発表しました。発売は2月24日から開始で、前者の値段はなんと3万円以上と、少し割高なSIMフリースマホに。

そこで今回はHuawei最新機種二つのうち「Huawei nova lite」のスペックやレビュー評価、最安値で購入する方法をご紹介していきます。Huawei novaに関する記事はこちらを参考にしてください。

Huawei novaのスペックや特徴、レビュー評価を紹介!最安値で購入する方法も合わせてチェック

2017.02.22

また、コチラの記事でnova liteの実機レビューもしていますのでご参考までに。

Huawei nova liteの実機レビュー!口コミ・評判どおり画面はめちゃくちゃキレイだ

2017.03.01
スポンサーリンク

Huawei nova liteのスペックとP9 liteの比較

Huawei nova liteはP9 liteの後継機ともいわれているので、この2つを比較してスペックをチェックしていきましょう。

名称Huawei nova liteHuawei P9 lite
メーカーHuaweiHuawei
サイズ高さ:約147.2 mm
幅:約72.94 mm
厚さ:約7.6 mm
重さ:約147 g
高さ:約146.8 mm
幅:約72.6 mm
厚さ:約7.5 mm
重さ:約147 g
カラーホワイト、ブラック、ゴールドホワイト、ブラック、ゴールド
OSAndroid 7.0Android 6.0
CPUKirin655Kirin650
メモリ3GB2GB
ストレージ16GB(microSD最大128GB)16GB(microSD最大128GB)
バッテリー3,000mAh3,000mAh
ディスプレイ5.2インチ/FHD(1920×1080ドット)/IPS5.2インチ/FHD(1920×1080ドット)/IPS
アウトカメラ約1200万画素(F値2.2)約1300万画素(F値2.0)
インカメラ800万画素(F値2.0)800万画素(F値2.0)
SIMサイズnanoSIM × 2nanoSIM × 2
センサー加速度/ コンパス/ 環境光/ 近接/ 指紋指紋/加速度/コンパス/環境光/近接
測位方式GPS/AGPS/Glonass/BeidouGPS/AGPS/Glonass

カタログスペックを見た感じではほとんど差がないように感じます。メモリ容量は上がりましたが、少しカメラのF値が上がって解像度は下がりました。CPUは少しパワーアップしましたがKirinシリーズなので大きな期待はできません。大きな期待はできませんが、P9 liteを使っていたユーザーであればそろそろバッテリーがヘタってくる時期でもありますので、そのままnova liteに乗り換えるのもアリかと思います。

バッテリーの持ちに関してですが、今回はKirin655+3GBのメモリ+大容量3000mAhバッテリーということで、バッテリーが長持ちするとHuaweiの発表会で話していました。Kirin655が省エネ設計、そして3GBと余裕のある動作メモリサイズがキモかもしれません。

対応周波数帯(バンド数)

  • FDD-LTE:B1/3/5/7/8/19/28
  • TDD-LTE:B40
  • W-CDMA:B1/5/6/8/19
  • GSM:850/900/1800/1900MHz

対応周波数帯はこんな感じです。ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル等が対応している対応周波数帯は次の表を参考にしてください。

周波数帯(バンド)DocomoauUQソフトバンクワイモバイル
2100MHz(Band1)W-CDMA
LTE
CDMA2000
LTE
W-CDMA
LTE
1800MHz(Band3)LTELTE
800MHz(Band6)W-CDMA
900MHz(Band8)W-CDMA
LTE(プラチナ)
W-CDMA
LTE
1700MHz(Band9)W-CDMA
1500MHz(Band11)LTEW-CDMA
800MHz(Band18)CDMA2000
LTE(プラチナ)
800MHz(Band19)W-CDMA
LTE(プラチナ)
1500MHz(Band21)LTE
800MHz(Band26)LTE
700MHz(Band28)LTELTE
2.5GHz(Band41)TD-LTELTE
3.5GHz(Band42)LTELTELTE

表を見るとおり、Huawei nova liteは現在主流となっているMVNOのドコモ回線をキッチリ網羅しているため、ほとんどの格安SIMで利用することが可能です。ワイモバイルも対応していますが、WiMAX2+(Band41)は対応してなさそうですね。UQ mobileの方は注意が必要ですが、auの回線には対応しているのでLTEは利用することは可能です。

2.5DガラスのフルHD液晶

Huawei nova liteでは全面(前面と背面)2.5D曲面ガラスを採用しており、持ちやすさを意識した設計となっています。液晶画面は5.2インチのフルHDを搭載採用しており、画面も非常に繊細で見やすくなっています。側面はHuaweiシリーズには欠かせないアルミバンパーを採用していて、低価格ながらもデザインにはこだわったスマホとなっています。

多彩なカメラモード

カメラには1.25ミクロンの大型ピクセルのイメージセンサーをアウトカメラに採用しているようです。これのおかげでよりクリアでより繊細な写真を撮影することが可能だと紹介されていました。

さらに、今回のnova liteではフードモードやナイトモード、セルフィ―モードなどの多彩なカメラ機能を搭載していて、写真の撮影にもこだわったスマホになっています。真っ暗闇でも明るさを自動的に感知して撮影、そして0.3秒の高速オートフォーカスで移動する物体も素早くピントを合わせて写真を撮影できます。

残念な点

最後に個人的に残念だった点をいくつか紹介します。

まず一つ目は、DSDSに対応していないことです。これは価格を考えると仕方がない部分ですが、Huawei novaについていて、nova liteについていないのだったら、ちょっと背伸びしてnovaを買った方がいいんじゃないかと思ってしまいます。あまりnova liteを購入するメリットを感じられないのです。

二つ目は、au VoLTEに対応していないことです。そもそも対応している機種が少ないのでこれも仕方がないかなと感じましたが、最新機種だったら対応しててくれたら嬉しいなと思いました。auで販売しているような端末ではないので今後もHuaweiは対応しない可能性は高いですが。

最安値で購入するには

予約は発表の2月21日に始まっています。そして今回Huawei nova liteはMVNOから販売されます。だいたいの価格帯は、2万円前後となっています。

MVNOでは、格安SIMとのセットでHuawei nova liteが販売され、発表時点で発売する予定のあるMVNOは次のとおりです。

  • IIJmio
  • イオンモバイル
  • NTTコムストア by gooSIMSELLER(OCN)
  • DMMmobile
  • Nifmo
  • BIGLOBE
  • 楽天モバイル
  • LINEモバイル

この中で現状一番安く購入できるのが一括払い18889円(税抜)のNifmoです。12回払いの月額1575円からの利用も可能となっています。さらにNifmoではHuawei nova /nova liteプレゼントキャンペーンもおこなっています。キャンペーンは2月21日 ~ 2月28日までで、この期間中にNifmoのTwitter公式アカウントをフォローして、公式アカウントのキャンペーンをリツイートすると参加となります。その中から3枚の人にプレゼントしてくれるようですので、是非参加してみてはいかがでしょうか。

Nifmoのキャンペーン詳細はコチラ

IIJmioフォンでは、一括払いで19800円(税抜き)で販売されます。こちらは24回分割払いの月額850円からの利用が可能となっています。IIJmioフォンでは2月24日からHuawei nova liteの販売が開始され、予約等は現時点(2/22)はできないようです。

IIJmioフォンのキャンペーン詳細はコチラ

IIJmioフォン同様に、楽天モバイルでも一括払い19800円(税抜)で販売されています。24回払いも同様の価格です。楽天モバイルは3日間の通信制限を撤廃するという発表もあったので、結構使いやすいSIMになったかなと感じます。楽天モバイルのキャンペーンは2017年2月21日 ~ 2017年4月10日まで開催しています。

楽天モバイルのキャンペーン詳細はコチラ

Huawei novaと違い、nova liteはMVNO限定モデルのため、SIMとセットで購入しないといけないのがちょっと残念な点ではあります。もしかするとそのうちP9 lite同様にAmazonでも販売してくれるかもしれませんが、あまり期待しないでおいたほうがいいかもしれません。

IIJmioフォンはエコプランというものもあり、通常最安値で月額900円のSIMが、0~1GBしか使わなかった場合、請求金額は500円となるプランも存在します。ですので、SIMはそこまで使わないけどnova liteはほしいと言う人はIIJmioでとりあえず契約するのもいいかもしれませんね。

最後に

以上が、Huawei nova liteとスペック・レビュー評価、最安値で購入する方法の紹介でした。正直なところちょっと背伸びしてnovaを買った方がいいのかなとも感じました。やはりDSDSはメリットが大きいです。

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪