GoogleChromeのメモリが不足しています。と表示されたときの対処法

GoogleChromeを使ってネットサーフィンをしていると、たまに強制終了したり、クラッシュしたりすることがあります。それらはGoogleChromeを再起動することで解決することが多いのですが、今回ご紹介するGoogleChromeのエラーは再起動だけでは直らないときが多いです。または、直ったと思ってもすぐに再発するなど…。

そこで今回は、「GoogleChromeのメモリが不足しています。」と表示され、ネットサーフィンが出来なくなったときの対処法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

GoogleChromeメモリ不足の原因

まずどのようなエラー出るのかというと、次のようなエラーが表示されてブラウザ上にWebページなどが表示されなくなります。

メモリ不足と呼ばれるエラー原因についてですが、とりあえず「詳しく見る」をクリックすると、GoogleChromeのヘルプに飛びます。飛び先は英語のWebサイトの人もいるようなので、日本語のヘルプページを下記リンクから参照してください。

このヘルプページを見ると、エラーの原因は書いていませんが、メモリ不足でサイトを読み込めないときの対処法が書いてあったのでそれを試すことにしました。

GoogleChromeメモリ不足の対処法

GoogleChromeのヘルプページにはメモリ不足の際の対処法として、次のように記述されていました。

メモリを解放するには:

  • エラー メッセージが表示されているタブ以外のすべてのタブを閉じます。
  • 実行中の他のアプリやプログラムを終了し、アプリやファイルをダウンロード中の場合は一時停止します。
  • パソコンで、不要な拡張機能を Chrome からアンインストールします。手順については拡張機能をアンインストールするをご覧ください。

エラーが発生したタブの再読み込みを試します。

そこでこれらを全て試してみましたが、一時的にWebサイトが表示されたものの、1時間もしないうちに再度「GoogleChromeのメモリが不足しています。」と表示されました。ということで、これらはそこまで有効な手段ではないことがわかったので、別の手段を試してみることに。

GoogleChromeのシステム設定を変更する

私が次に試したのは、Googleのシステム設定です。このシステム設定を変更したことで結果的にはメモリ不足が解消されて、エラーメッセージが表示されなくなりました。とりあえず2、3日使ってみて一度もエラーはデていません。

それではシステム設定変更の手順を紹介していきます。

まずはGoogleChromeの設定画面を開きます。GoogleChromeの設定を開くには、右上の縦になっている3点リーダから選択することが可能です。

設定タブを開いたら、下の方にスクロールしていって詳細設定をクリックしてください。するとシステムと言う項目の中に「ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する」のチェックボックスがありますので、もしチェックがつけられていたらチェックを外してください。

ちなみに私の場合は、その上にある「GoogleChromeを閉じた際にバックグラウンドアプリの処理を続行する」のチェックも外しました。理由は、バックグラウンドアプリのせいでメモリが無駄に食っているかもしれないからと思ったからです。

とりあえず私の場合はこの方法でメモリ不足を解消することが出来ました。

最後に

以上が、GoogleChromeのメモリが不足していますというエラーメッセージが表示されたときの対処法でした。

この記事がご参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪