BIGLOBE SIM 通信速度を実測!他格安SIMとの比較計測も【2017年3月】

このページは、BIGLOBE SIMの通信速度を毎月計測して、その結果を更新したページとなっています。

BIGLOBEといえば昔から存在するインターネットの大手プロバイダとして有名ですが、BIGLOBEでは格安SIMにもかなり早い段階で参入しており、いわゆる”古参”と呼ばれる分類に相当します。昔からMVNO事業に参入していて、現在でもサービスを続けているということは、ある一定の通信速度を確保している証拠であり、測定結果も期待できそうです。

それでは、快適な通信速度はどのくらい確保できれば充分なのか、Youtubeなどの視聴にはどの程度の通信速度が必要なのかをまず紹介していきます。

スポンサーリンク

快適な通信速度の目安

おそらく数値だけ見ても結局どの程度の通信速度だったら快適にネットサーフィン、Youtubeの閲覧ができるのかわからないと思いますので、ある程度の目安となる通信速度を紹介します。なお、この通信速度についてはサイトによっても目安は変わってくるので、あくまでも当サイトでの快適な通信速度の目安だと思ってもらえたら幸いです。

動画閲覧時に必要な通信速度

今回は動画閲覧に使うサービスとしてYoutube動画を例に通信速度のお話をしていきます。Youtubeの動画は、ストリーミング再生方式となっているため、動画を読み込みながら再生を行っています。つまり、動画のダウンロードをしながら再生をしているので、それなりのダウンロード速度(下り速度)がないと、画質が低下したり、プツプツと再生が途切れてしまうことになります。

Youtubeをスマホから見る場合の画質は最大720pとなっていて、いわゆる高画質で動画を見る場合は最低でも1.6Mbpsの通信速度がないと画質が480pまで下がったり、プツプツと再生が途切れてしまうことになりますので注意しましょう。

  • スマホから720pの高画質の動画を見る場合は、最低でもダウンロード速度1.6Mbps必要
  • スマホから480pの標準画質の動画を見る場合は、最低でもダウンロード速度0.9Mbps必要

動画をよく視聴する人は、混雑時でも最低0.9Mbpsのダウンロード速度を確保できる格安SIMを選択しましょう。高画質のYoutubeをサクサクと楽しみたいなら、1.6Mbps以上、欲を言えば最低でも2Mbps欲しいところです。

ネットサーフィンで必要な通信速度

ネットサーフィンの場合は、動画閲覧時よりも通信速度が遅くても大丈夫ですが、画像などの読み込みに時間がかかるとかなりストレスが溜まってしまいます。では、どの程度が最低でも必要なのかというと、最低でも0.5Mbps以上は必要と言われています。画像の多いキュレーションサイトのようなメディアの場合ですと、0.5Mbpsだとかなり読み込みが遅いので、1Mbpsは必要だと思ってください

以上、快適な通信速度の目安を紹介しました。これらの通信速度の目安を踏まえまして、このサイトでは、次のように低速、中速、高速を分類しています。

  • 0.5Mbps(500Kbps)未満:低速
  • 0.5Mbps(500Kbps) ~ 1.5Mbps(1500Kbps):中速
  • 1.5Mbps(1500Kbps):高速

上記の通信速度を参考に、これから紹介するBIGLOBE SIMの通信速度は速いのか遅いのかを見て頂ければと思います。

スポンサーリンク

BIGLOBE SIMの通信速度測定方法

BIGLOBE SIMの通信速度結果を測定するのに使うスピードテストアプリは、下記アプリとなります。このアプリを使って計測している人は結構多くいますので見たことがあると言う人も多いかもしれません。その名も「Speedtest.net」。

Speedtest.net
Speedtest.net

測定時間について

基本的に測定する時間は回線が混みやすいと言われている、「12時~14時」「20時~22時」の間で測定していきます。それぞれ計測するものとして、「PING」「ダウンロード速度(下り速度)」「アップロード速度(上り速度)」の3つを結果として表示させていきます。

2017年3月のBIGLOBE SIM通信速度測定結果

2017年3月3日にBIGLOBE SIMの通信速度を測定した結果が下記となります。

まずは会社員の休憩時間である12時~13時台の通信速度です。この時間帯に約5.74Mbpsでているのは充分すぎます。Youtube等の動画もサクサクと再生できるでしょう。そしてPING値も31と非常に低いので、サーバー間の応答速度も速くかなり優秀なSIMです。

サラリーマンの帰宅時間である18時~20時台の間で測定した結果では、さすがに約1.01Mbpsと通信速度が落ち、アップロード速度やPING値も悪化してしまう結果に。ギリギリYoutubeは見ることができる数値ではありますが、おそらく何度か再生がプツプツと切れてしまう可能性が高いです。

夜のゴールデンタイムである21時台では少し速度が上がって約1.74Mbpsという結果に。ですがアップロード値は大幅に速くなっていい感じです。BIGLOBE SIMは夜でもギリギリ耐えられるくらいの通信速度といったところでしょうか。

スピードテストの結果からわかるとおり、BIGLOBE SIMはアップロード速度で非常に優秀な数値を叩き出しております。アップロードで5Mbps以上の速度をだせる格安SIMはほとんどないですね。PING値も一番悪くて41、一番良いと31なので応答速度もはかなり良い部類に入るでしょう。

BIGLOBE SIMの体感速度

BIGLOBE SIMを実際に使ってみた感じでは、お昼の時間帯は画像のダウンロード速度も速いですし、ブラウザ上でブログコンテンツを表示してもわりとサックリ読み込みが終了します。ですが、夜になると結構コンテンツの表示に時間がかかったり、Youtubeを視聴すると画質が480pと720pの間をウロウロしたりといった感じになります。

スピードテストでもかなりの高数値を叩き出したアップロード値に関してですが、正直に言ってしまうと、かなりアップロード速度は速いです。このブログに使っている写真やスクリーンショットは毎回スマホからドライブにアップロードしているのですが、そのときにWi-FiなしてBIGLOBE SIMを使って上げてみた所、かなり速くアップロードが終了しました。

ですので、BIGLOBE SIMはダウンロード速度はスピードテストよりちょっと遅い、アップロード速度はスピードテストとそこまで変わらない、という感じを受けました。あくまでも体感速度ですので参考までに見てください。

公式サイト:BIGLOBE SIM

他の格安SIMとの比較

13時台

SIM名下り速度上り速度PING
ワイモバイル8.650.4266
楽天モバイル26.759.0874
LINEモバイル28.439.2858
BIGLOBE5.7414.2431
Y.U-mobile6.3712.9138
mineo(Dプラン)1.713.5989
UQmobile12.854.1941
DMMモバイル3.615.84160

21時台

SIM名下り速度上り速度PING
ワイモバイル5.560.1264
楽天モバイル27.462.7676
LINEモバイル33.145.20158
BIGLOBE1.7412.3837
Y.U-mobile1.845.7595
mineo(Dプラン)6.239.8183
UQmobile13.843.6736
DMMモバイル1.646.86139

BIGLOBE SIMはこんな人におすすめ

最後にBIGLOBE SIMをおすすめしたい人について書いていきます。BIGLOBE SIMはこんな人におすすめです。

  • 動画をよく見るので、30GBほどの大容量プランが欲しい人
  • 画像や動画のアップロードをよく行う人
  • 長く続いている安定したMVNO事業者を使いたい人
  • 電話かけ放題オプションが欲しい人

BIGLOBE SIMでは1GBのプランもありますが、音声通話プランが必須となります。データ専用SIMの場合3GBの900円/月 ~となっているので注意してください。また、ドコモ回線を使っているので通信エリアはかなり広いのが使いやすいポイントとなっています。

契約するとBIGLOBEメールという、キャリアのようなオリジナルドメインのメールアドレスも取得可能になるので、gmailを使いたくない人におすすめなオプションです。また、端末セットで契約するとキャッシュバックがついてくるキャンペーンを行っているときもあるので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

公式サイト:BIGLOBE SIM

最後に

以上が、2017年3月のBIGLOBE SIMの通信速度測定結果でした。BIGLOBE SIMは昔から続いている格安SIMなので、ある意味サービスが終わりにくく安定したMVNO事業者とも言えます。WiMAX 2+や光ファイバーも提供しており、セットで契約すると月額料金が300円/月安くなったりとお得に使うことが可能です。ぜひ一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

公式サイト:BIGLOBE SIM

スポンサーリンク

よく読まれている記事です

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪