ビックカメラ福袋2017のネット予約開始日はいつ?注目の中身はiOS福袋からのiPadか

biccamera-hukubukuro1

スポンサーリンク

2016年ビックカメラ福袋はめちゃくちゃ売れました。初売りと同時に販売される福袋の他にネット予約注文も受け付けているので、買えるかどうかは結構ハードルが高いです。

そこで今回は、2017年ビックカメラ福袋のネット予約開始日はいつか、そして今回注目される中身は何なのかをネタバレ予想しました。同時に2016年の福袋の中身も紹介したいと思います。今回もネット予約はライバルが多いと予想されるので、準備は万端にしておきましょう。

 

2017年ビックカメラ福袋の買い方

2017年もビックカメラ福袋の買い方は変わっていません。例年通り、2種類の買い方が可能です。

  • ネット予約で注文
  • 初売りに並んで購入

その他の方法としては、オークションで購入するという手段がありますが定価の2倍近い値段で落札価格が設定されるのであまりオススメできません。しかし、福袋の中身が残念だったら投げ売りという形で定価近い値段で買うことが出来ます。

そもそもハズレだとわかっていたらオークションで買うことはなさそうですが。

 

1.ネット予約で注文

まず一つ目が、ビックカメラ.comに行き、ネット予約開始日になったらページに行って予約する方法です。相変わらずの激戦区なので、結構頑張らないとネット予約はできません。

ネット予約のメリットは、初売り時に並んで福袋を購入する必要がないこと。さらに、自宅で受け取れるところにあります。ただし、全国からの傘下になるのでお目当ての福袋をゲットするのはかなり大変です。完全に運勝負となるので、買えなかったらしょうがないと割り切りましょう。

 

ネット予約のデメリットは、ツーラーにスピード勝負で中々勝てないことです。ツーラーとは、自動決済ツールを使ってワンクリックで商品購入までしちゃう人たちの事です。iOS福袋なんかは非常に人気なので、勝てる要素がかなり薄いです。

もう一つのデメリットが、サーバーがダウンしやすいことです。2016年のネット予約はサーバーがダウンしてしまい、そのまま販売中止となりました。2017年もビックカメラではアクセス過多の場合このような対応を取る可能性があるので注意してください。

 

2.初売りに並んで購入

ネット予約ができないとなると、店頭に並んで購入するしかありません。

しかし、店頭での購入となると相手となるのは転売屋です。転売屋は数日前からビックカメラ周辺で待ち構えて場所取りを始めます。それも2,3人ではなく、50人とかいることがあるので人気のiOS福袋やsurface福袋はすぐに売り切れとなってしまいます。

ヤフオクなどを見ると定価の2倍で売っていたりします。どうしても欲しい人は購入するんだとは思いますが、なんとなく悔しいですね。

多分始発でビックカメラに向かったとしても、人気のない福袋くらいしか買えないかもしれません。

 

2016年の福袋一覧

下記が、2016年の主要なビックカメラ福袋一覧です。

【パソコン】

  • Windowsタブレット12インチ(Core i3):49,800円
  • Windowsタブレット12インチ(Core i5):69,800円
  • Apple iOSタブレット:24,800円

 

【カメラ】

  • ミラーレス一眼ズームレンズキット袋:34,800円

 

【スマホ】

  • 格安スマホ:9,900円

 

【オーディオ】

  • ハイレゾ対応デジタルオーディオ袋:24,800円

 

【その他】

  • 布団ケア袋:29,800円
  • ヘアケアセット袋:2,980円

スポンサーリンク

2017年のネット予約開始日はいつ?

過去のネット予約開始日は次のとおりです。

  • 2012年:2011年12月24日 AM10時~
  • 2013年:2012年12月25日 AM10時~
  • 2014年:2013年12月25日 AM10時~
  • 2015年:2014年12月25日 AM9時~
  • 2016年:2015年12月25日 AM9時~

いずれもクリスマスのネット予約が開始されています。平日とか休日・祝日は関係ありません。

なので2017年も「12月25日 AM9時~」が濃厚となります。それまでに必ず済ませておきたい準備がコチラです。

  • ビックカメラ.comの会員登録
  • クレジットカードの登録
  • 配送先登録

この3点は、前日までに必ず行うようにして、スムーズに福袋を購入できる準備だけはしておきましょう。

 

2017年福袋のネタバレ予想

個人的に価値の高いものの中身を予想してみました。

Windows タブレット

去年のWindowsタブレットは「Surface PRO3(64GB)」でした。これはめちゃくちゃお得です。「タブレット約90,000円 + キーボードカバー約10,000円 + 備品約3,000円」で100,000円以上の価値がありますが、福袋で約70,000円という驚異の価格で売られました。

ビックカメラが去年の路線で行くとなると、2017年の福袋は「Surface Pro 4」もあり得る!?

Surface Pro 4の画面サイズが12.3インチなので、12インチのWindowsタブレット福袋と広告がでたらSurface Pro 4の可能性大ですね。それか、今年もSurface Pro 3ってものあり得ます。ただ、一番安いのでも100,000円以上なので、福袋もそれなりに高いと予想されます。

 

iOS タブレット

2016年は「iPad mini3 128GB ゴールド」が福袋の中身として同封されました。

福袋が24,800円だったので、iPadが定価で45,000円ほどだとしても、約半分くらいの値段でiPadを手に入れられたようです。これは激アツですね。

 

店頭で購入できた人もいるようです。ただし個数は10個以下なので倍率は高いです。並んでも買えないことがほとんどなので、仕方がないと割り切りましょう。

 

2017年はもしかすると「iPad mini 4」の可能性が出てきましたね。いずれにせよ2017年もiOS福袋は激戦区でしょう。iPad AIR2は期待しちゃダメでしょうか?

 

格安スマホ

格安スマホは正直そんなに期待できませんね!

去年は「HUAWEI G620S」と「BIC SIM音声プラン新規無料加入権」でした。

うーん、10,000円だして購入する端末ではないですね。格安スマホはヨドバシの方がラインナップが上でした。

2017年も期待はできませんが、FREETELか、HUAWEIのP9 liteあたりが福袋に入ると信じています。

 

最後に

以上が、2017年ビックカメラ福袋のネット予約開始日と、中身のネタバレ予想でした。

今年もiOS福袋とWindowsタブレット福袋に注目が集まります。ネット予約で注文予定の人は、必ず事前準備をするようにしてください。

 

★2017年福袋特集

スポンサーリンク

★オススメ記事特集

biccamera-hukubukuro1

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。