Apple Payで使えるポイント還元率が良いクレジットカード特集

jarmoluk / Pixabay

スポンサーリンク

Apple Payのサービスが開始されました。これまでスマホで電子マネーを使えるのはAndroidの特権だったのですが、iPhoneにもApple Payという形で実装されたことで、これからますます日本国内でも電子マネーが普及していきそうな予感がします。

しかしながら、Apple Payを利用するにはクレジットカードの登録が必須です。

 

おそらくSuicaのチャージやコンビニでの支払いで利用する人が多いと思います。なので日常的に使うなら、ポイント還元率の良いクレジットカードを使うべきです。

今回は、「Apple Payで使えるポイント還元率が良いクレジットカード」をまとめた記事となります。現在持っているクレジットカードでは使えないカードもありますので、そちらも合わせて紹介しています。

 

Apple PayはVISAカードに注意!

Walletアプリ内でVISAカードを使う時はSuicaのチャージが出来ません。Suicaだけではなく、アプリ内での決済にも対応していないです。ただし、Suicaアプリ内ではVISAカードでのチャージは可能になっています。この辺りの区別が面倒なので、個人的にVISAカードを利用するのは避けた方が良いと思っています。

Suicaも使って、WalletアプリでQUICPayやiDを使う人は、JCBやMasterCardがベストでしょう。今後のアップデートでVISAカードでSuicaのチャージが出来るようになるかもしれませんが、現状で考えるとあまりメリットを感じません。

 

Apple Pay対応のクレジットカード

※ 2016年10月27日時点の対応クレジットカードです。

以下の企業が発行しているクレジットカードはApple Payの全機能を使うことが出来ます。

2016-10-25_162413
  • 楽天カード
  • dカード
  • JCB
  • MasterCard
  • ビューカード
  • 三井住友カード
  • au WALLET クレジットカード
  • オリコカード
  • イオンカード
  • Softbank
  • セブンカード
  • TS CUBIC CARD
  • アメリカン・エキスプレス
  • クレディセゾン

 

Apple Pay非対応のクレジットカード

※ 2016年10月27日時点での非対応クレジットカードです。

これからApple Payに対応していくクレジットカードもあります。

  • MUFGカード
  • DCカード
  • UCカード
  • AmericanExpressカード

 

Apple Pay利用でのポイント特典はある?

Apple Payを介して決済したとしても、ポイント特典はありません

ですので、Apple Payでポイントを効率よく貯めるには、もともとポイント還元率の高いクレジットカードを使う必要があります。

 

ポイント還元率が良いクレジットカード5選

5.OricoCard THE POINT

apple-pay-creditcard-point1
カード名 還元率 ポイント有効期限 電子マネー 年会費
OricoCard THE POINT 1.0~2.5% 12ヶ月 iD / QUICPay 無料

OricoCard THE POINTは常時還元率が1.0%以上のクレジットカードです。オリコポイントは通常100円で1ポイント貯まり、新規契約から6ヶ月間は還元率が2.0%まで引き上げられます。

また、オリコモール経由でお買い物をすると還元率が0.5%上乗せされます。オリコモールは楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングなどの大手ネットショッピングサイトにも対応しているので、ぜひ活用しましょう。

貯まったオリコポイントは、Amazonギフト券やiTunesギフトコードなどと交換可能となっています。電子マネーもiD / QUICPayに対応しているのでApple Payで使うならちょうどいいクレジットカードになっています。

 

4.イオンカード・セレクト

apple-pay-creditcard-point2
カード名 還元率 ポイント有効期限 電子マネー 年会費
イオンカード・セレクト 0.5~1.0% 12ヶ月 WAON 無料

イオンカード・セレクトは200円につき1ポイント貯まる仕組みになっています。イオンカードとの大きな違いは、WAONのチャージでポイントがゲットできるところです。チャージしただけでポイントが貯まるのは、イオン系列店で買い物をする人にとって非常にありがたい機能です。

また、イオンカード・セレクトを作ると、イオン銀行の金利が通常の6倍、0.12%まで上がります。

イオンカード・セレクトで買い物すると毎月20日、30日の「お客様感謝デー」でお買い物代金が5%OFFになるのも嬉しいです。貯まったWAONはお買い物でそのまま使うことができます。イオンカードは何種類か存在しますが、イオンカード・セレクト1枚あれば、それらのカードすべての代わりとなるのでオススメです。

Suicaのチャージにぜひどうぞ!

 

3.楽天カード

apple-pay-creditcard-point3
カード名 還元率 ポイント有効期限 電子マネー 年会費
楽天カード 1.0~4.0% 12ヶ月 QUICPay 無料

ポイントがザクザクたまるのが嬉しい楽天カードです。還元率は基本1.0%の100円につき1ポイントですが、楽天市場で買い物をすると還元率が4倍の4.0%まで上昇します。稀に楽天市場内のキャンペーンでポイント6倍などのサービスもおこなっています。還元率だけで言えば楽天カードはクレジットカード業界トップクラスです。

入会キャンペーンで5000円相当のポイントを付与してくれるので、これを使っていきなり買い物できちゃうのも嬉しいですね。電子マネーはQUICPayに対応しています。Apple Payで使う時は「QUICPayで支払う」と伝えて下さい。

 

2.dカード / dカードGOLD

apple-pay-creditcard-point4
カード名 還元率 ポイント有効期限 電子マネー 年会費
dカード 1.0% 24ヶ月 iD 無料

 

apple-pay-creditcard-point5
カード名 還元率 ポイント有効期限 電子マネー 年会費
dカード GOLD 1.0%~10% 24ヶ月 iD 10800円

ドコモユーザーなら持っておきたいのがdカードです。

dカードは初年度無料で、2年目以降は1250円の年会費が発生しますが、携帯電話の利用代金支払いでもショッピングサービスカウントされるので、実質無料で使うことが出来ます。dカード GOLDは初年度から年会費が10800円かかりますが、最大10000円分のiDキャッシュバックとなるので実質初年度は無料に近い年会費で使うことが出来ます。

 

dカードGOLDはdカードと比べるとポイントの貯まり方が非常に早いです。なぜなら、毎月の携帯電話料金・ドコモ光の利用料金の10%がdポイントに変わるからです。(月額料金が2000円だったら200ポイント貯まります)

なので、毎月1000ポイントを貯めることも可能となり、年会費分を補えてしまえます

さらにdカードにはない国内空港ラウンジ無料利用や、ゴールドステージへのご優待など、お得な特典が盛りだくさんです。年会費が補えてしまうのなら、dカードGOLDを使うことをオススメします。

 

1.ビックカメラSuicaカード

iphone7-suica6
カード名 還元率 ポイント有効期限 電子マネー 年会費
ビックカメラSuicaカード 1.0~11.5% 12ヶ月 Suica / 楽天edy 無料

Apple Payで使うなら、なんと言ってもオートチャージができるビックカメラSuicaカードがイチオシでしょう。

ビックカメラで使っても、Suicaをチャージするだけでもポイントが貯まるので、Suicaを使う人はビックカメラSuicaカード以外ありえないと言っても過言ではありません。もちろんオートチャージでもポイントが貯まるので安心してください。

 

年会費は初年度無料ですが、2年目以降も実質無料です。理由はSuicaのチャージだけでクレジット利用とみなされるからです。貯まったポイントはSuicaにチャージできるのも嬉しいポイントです。

また、チャージしたSuicaでビックカメラで買い物すると、支払代金の10%が還元されます。Suicaと合わせて使うなら最強のクレジットカードでしょう。

 

出島のオススメクレジットカード

ビックカメラSuicaカード

apple-pay-creditcard-point6

やはりイチオシはビックカメラSuicaカードでしょう。

現在オートチャージができるのはVIEWカードということと、チャージしたSuicaを使っての買い物で還元率が上乗せされるのが非常に大きいです。通勤・通学にApple Pay、およびSuicaを使う人はビックカメラSuicaカードを検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

★オススメ記事特集

jarmoluk / Pixabay

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。