Apple PayとビックカメラSuicaのVIEWカードの相性が抜群な理由!iPhone7にSuicaを設定してオートチャージしよう

apple-pay-biccamera2

スポンサーリンク

iPhoneのApple PayでSuicaが使えるようになり、交通系カードを持ち歩く必要がなくなりました。毎日の通勤・通学で使う場合iPhoneの電池残量に気を付けないといけませんが、スマホ一つで買い物や乗車が出来るようになったのは新たな進歩だと思います。

Apple Payの利用目的は大抵の人が各種交通機関で使えるSuicaかと思います。SuicaのチャージはApple Payに登録してあるクレジットカードから行えますが、できるならばオートチャージをしたいものですね。

 

実は、現在オートチャージが可能なクレジットカードは「VIEWカード」のみとなっています。そこでApple PayのSuicaで非常に使いやすいVIEWカードが、私も愛用している「ビックカメラSuicaカード」です。

そこで今回は、「Apple PayとビックカメラSuicaのVIEWカードの相性が抜群な理由」を記事にしました。

Suicaはオートチャージで運用したい方は参考にしてください。

 

SuicaのオートチャージができるのはVIEWカードのみ

前述した通り、現在SuicaのオートチャージができるのはVIEWカードのみとなっています。

通常通りApple Payを介して手動でチャージするのであれば、Apple Pay対応のクレジットカードで出来ます。ただし、Walletアプリ内でチャージできるクレジットカードは基本的にVISAカードではできません。VISAでも使えるのは、次のクレジットカードになります。

  • 楽天カード
  • dカード
  • ビューカード
  • 三井住友カード
  • au WALLET クレジットカード
  • オリコカード
  • イオンカード
  • Softbank
  • セブンカード
  • TS CUBIC CARD
  • クレディセゾン

よく勘違いされているのは、VISAカードは全部Suicaのチャージに使えないと言われていることです。上記で掲げたクレジットカード以外がVISAでSuicaのチャージできないだけです。電子マネーとしてiDやQUICPayで支払うならVISAでも可能なので間違えないようにしてください。

 

繰り返しになりますが、オートチャージはVIEWカードのみとなっています。

 

SuicaとビックカメラSuicaカードの相性が抜群な理由

SuicaカードとビックカメラSuica VIEWカードの相性が良い理由は大きく4点あります。

  1. Suicaアプリ内でオートチャージ可能
  2. ビューサンクスポイントが貯まりやすい
  3. ビックカメラでの買い物でポイント還元率が11.5%に
  4. 貯まったポイントはSuicaに交換可能

上から順番に詳しく解説します。

 

1.Suicaアプリ内でオートチャージ可能

何度も書いてすみません。やはりSuicaアプリ内でSuicaにオートチャージが可能なVIEWカードは非常に便利です。

改札を通るときに、いちいち残高を気にしなくても良くなりました。、時間短縮にもなり、改札前でもたつくことがなくなるのでデキる奴だと思われます(主観)。

現在オートチャージ可能なエリアは、自動改札機を入場するときのみです。買い物の際はオートチャージができないので注意してください。

 

オートチャージはSuicaアプリで設定した金額以下になると自動的にチャージしてくれます。オートチャージは首都圏・新潟・仙台の各Suicaエリアと・PASMOエリアで利用可能です。オートチャージ設定に有効期限は存在しませんが、VIEWカードの有効期限が切れるとチャージしてくれないので注意してください。

 

2.ビューサンクスポイントが貯まりやすい

ビックカメラSuicaのVIEWカードでチャージすると、勝手にポイントが貯まります。

さらに、オートチャージを設定して利用すると、ビューサンクスポイントが通常の3倍付与されます。1000円チャージしたとすると、通常は2ポイントですが、オートチャージだと6ポイント貯まります。

 

ポイントが3倍になるタイミングは次の通りです。

  • 乗車券、定期券、回数券、特急券購入時
  • JR東日本国内ツアー利用時
  • Suica定期券、Suicaカード購入時
  • VIEWカードでのSuicaチャージ
  • オートチャージ
  • モバイルSuica、またはSuicaアプリ内での利用

電車やバスで通勤・通学をしている人はSuicaを毎日使うのでポイントがザクザク貯まります。

 

3.ビックカメラでの買い物でポイント還元率が11.5%に

apple-pay-creditcard-point6

まず、チャージしたSuicaでビックカメラにて買い物をすると、支払金額の10%がビックポイントとして付与されます。

そして、Suicaにチャージするときは通常の3倍、1.5%のビューサンクスポイントが貯まるので、これらを合計すると11.5%の還元率となります。

つまり、ビックカメラで10,000円の買い物をしたときに、Suicaで支払いをした場合、ビックポイントが1000ポイントビューサンクスポイントが60ポイント貯まります。この貯まったポイントは、Suicaと交換したり、商品券やクーポン券に交換できます。

 

4.貯まったポイントはSuicaに交換可能

貯めたビックポイントやビューサンクスポイントはSuicaに交換できます。

 

ビューサンクスポイントは1ポイントにつき2.5円となるので、400ポイント貯めるとSuica1000円分と交換可能です。

ビックポイントは1500ポイントでSuica1000円分と交換することが可能です。

ビューサンクスポイントとビックポイントはお互いに移行可能なので、ある程度貯まったらどちらかに統一しても良いでしょう。

 

その他、ビックカメラSuicaカードの便利でお得な機能

ビックカメラSuicaカードには、まだまだ便利な機能があります。

特に年会費の部分は必ずチェックしましょう。

 

初年度年会費無料、2年目以降も実質無料

ビックカメラSuicaカードの年会費は初年度無料となっていますが、2年目以降は477円(税抜)の年会費が必要です。

しかし、1回でもカードを利用すると無料になります。オートチャージで1回は利用すると思うので実質無料と言えなくもないです。

 

紛失保証

万が一、VIEWカードを紛失したとしても、クレジットカードの補償・定期・Suicaのチャージ残額の補償をしてくれます。

 

国内・海外著効損害保険付き

切符や旅行商品をVIEWカードで購入すると、改札を入ってから出るまで保証してくれます。

海外旅行に行く際も、自動的に損害保険がセットされるので非常に便利です。

 

現在キャンペーン開催中

apple-pay-biccamera1

今なら新規入会で、ビューサンクスポイント800ポイントが必ずプレゼントされます。800ポイントは2000円相当に値します。

さらに、2017/2/28までにオートチャージ3,000円以上の利用でビューサンクスポイントが200ポイント(500円相当)付与されます。

そして、2017/2/28までにオートチャージ50,000円以上の利用でビューサンクスポイントが1400ポイント(3500円相当)付与されます。

キャンペーン期間は、2016/10/1 ~ 2016/12/31 となっていますので、申し込むなら2016年以内にお早めに!

 

ビックカメラSuica VIEWカードまとめ

iphone7-suica6
カード名 還元率 ポイント有効期限 電子マネー 年会費
ビックカメラSuicaカード 1.0~11.5% 12ヶ月 Suica / 楽天edy 無料

 

最後に

以上、「Apple PayとビックカメラSuicaのVIEWカードの相性が抜群な理由」の紹介でした。

オートチャージはVIEWカードからしかできないので注意してください。

 

★こちらも読まれています

スポンサーリンク

★オススメ記事特集

apple-pay-biccamera2

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。