2017年ドコモ学割情報まとめ!条件はU25歳以下で家族割適用はなさそうです

2017年になると、一気にドコモ・au・Softbankの大手3大キャリアの活動が活発になります。その理由は年始から始まり、5月末まで行われる長い学割キャンペーン期間に入るからです。例年学割は大盛況なので、2017年も期待して待っていていいと思います。

このページでは、2016年ドコモの学割情報のおさらいと、2017年の学割情報をまとめています。学生のみなさんはこの機会を逃さず、必ず学割を適用して契約するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

2016年ドコモ学割キャンペーンのおさらい

最初に2016年のドコモ学割キャンペーンをおさらいしましょう。

ドコモの学割は至ってシンプルですので、復習もサクッと終わると思います。

 

2016年ドコモ学割キャンペーン期間と対象

2017-docomo-st-discount1

キャンペーン期間

ドコモ学割キャンペーンは、本人と家族で期間が異なってきます。

  • ドコモ学割(本人):2016年1月21日 ~ 2016年5月31日
  • ドコモ学割(家族):2016年1月28日 ~ 2016年5月31日

家族にドコモの学割を適用する場合は、1月28日からの受付となっていますが、1月21日 ~ 27日の間に新規契約またはMNPで学割条件を満たす場合は適用となります。

 

ドコモの学割対象

学生の有無を問わず25歳以下でしたらドコモの学割対象となります。また、その家族の場合もドコモの学割(家族 ver)が適用されます。

 

学割適用条件

25歳以下の本人の場合…

以下の6項目をクリアすると学割適用になります。

  • 契約種別:Xi
  • 対象オーダー:新規契約/MNP/契約変更(FOMA > Xi)/機種変更 ※1
  • 対象料金プラン:カケホーダイ/カケホーダイライトプラン ※1
  • 必須パケットパック:データM・Lパック/シェアパック15・20・30 ※1
  • U25応援割
  • 機種購入:上記条件を満たしたうえで、ドコモが指定する機種を購入すること

※1…どれか一つを満たすだけでOKです。

 

ご家族の場合…

家族に学割を適用する場合は、下記項目が変わってきます。

  • 対象オーダー:新規契約/MNP
  • 必須パケットパック:シェアパック15・20・30
  • U25応援割はいらない

 

U25応援割について

U25応援割とは、26歳の誕生月までずっと基本使用料から500円/月割引されるキャンペーンです。

さらに、ボーナスパケットを毎月1GB付与してくれます。

例えば、カケホーダイプランを契約した場合、25歳以下の人だと、年間で最大18,000円割引されます。

そして、13歳から25歳まで利用した場合は、13年間で最大234,000円お得となります。毎月500円の割引は案外バカにできないですね。

カケホーダイプランのみとなっています。

 

ドコモの指定機種

ドコモの学割を適用するには、対象機種もありますので注意してください。2016年の対象機種は次のとおりでした。

  • iPhone
  • ドコモのAndroidスマホ
  • らくらくスマートフォン
  • スマートフォン for ジュニア
  • Nexus

スポンサーリンク

2016年ドコモの学割内容

2017-docomo-st-discount2

ドコモ学割(本人)の場合

ドコモの学割は次の2点が特典として付与されます。

  • データ通信量の増量
  • 基本使用料割引

データ通信量の増量

最大36ヶ月間、ボーナスパケットを毎月5GB付与されます。さらにU25応援割と合わせると、毎月6GBが付与されることになります。

データSパックで契約したとしても、毎月2GBから8GBまで使えるようになりますので、非常にお得な特典となっています。

 

基本使用料割引

最大12ヶ月間、基本使用料から割引されます。

  • カケホーダイ:U25応援割も適用して、毎月1,300円の割引
  • カケホーダイライトプラン:毎月最大800円引き

 

ドコモ学割(家族)の場合

家族に学割を適用したときに受けられる特典は、基本使用料の割引のみとなります。割引金額は、最大12ヶ月間月額800円割引となっています。

もし家族全員がドコモであったなら、家族まとめて割のキャンペーンを適用すると、その場で機種購入代金が1台あたり最大5,184円割引されます。

家族まとめて割の条件は、ドコモを使っている家族の誰かがシェアパックである必要があります。購入対象となる端末は、iPhone・Xiスマートフォンとなっています。

 

2017年ドコモの学割はいつから?

2017年1月17日、NTTドコモから『ドコモの学割』についての発表がありました。今年もドコモの学割が開催されるようです。日程は次のとおりとなっています。

開催期間:2017年1月20日(金) ~ 2017年5月31日(水)

 

学割の対象は

新規契約 / MNPの場合

  1. Xi契約で基本プランに加入していること
  2. 対象のパケットパックに加入していること
  3. 申し込み時点で利用者が25歳以下であること

<対象パケットパック>

「データSパック(2GB)」「データMパック(5GB)」「ウルトラデータLパック(20GB)」「ウルトラデータLLパック(30GB)」「シェアパック5(5GB)」「シェアパック10(10GB)」「シェアパック15(15GB)」「ウルトラシェアパック50(50GB)」「ウルトラシェアパック100(100GB)」

 

機種変更(契約変更)の場合

  1. Xi契約で基本プランに加入していること
  2. 対象のパケットパックに加入していること
  3. ウルトラパックの申し込み時点で利用者が25歳以下であること

<対象パケットパック>

「ウルトラシェアパック50(50GB)」「ウルトラシェアパック100(100GB)」「ウルトラデータLパック(20GB)」「ウルトラデータLLパック(30GB)」

 

今年のドコモの学割適用条件は上記のようになります。

既に「カケホーダイプラン」やスマホやタブレットの「ライトプラン」に加入している人は「機種変更」扱いの学割適用となります。今回の学割キャンペーンは家族の新規契約などは条件として組み込まれていないので、学割を適用できる人は増えるのではないかと思います。既にドコモと契約している場合は、適用条件を満たしていると自動的に学割キャンペーンが適用されるようです。

 

2017年の学割内容

今回の学割特典は、新規契約・MNPと機種変更(契約変更)で内容が異なってきます。

新規契約 / MNPの場合

  • 最大1年間、毎月の基本使用料から1000円割引

U25応援割』と合わせて併用すると、1年間は最大毎月1500円の割引となるので必ず『U25応援割』は使っておきましょう。

機種変更(契約変更)の場合

  • 最大1年間、毎月1000ポイント進呈

既にドコモでカケホーダイプランやライトプランに加入している人は、学割を適用して『U25応援割』も適用すると、実質1年間は1500円相当の割引となります。なぜならdポイントはケータイ料金の支払いにも使うことが出来るからです。基本的にはどちらも割引内容は変わりません。

 

また、このほかにもドコモの学割を適用した人を対象に、「dTV」「dマガジン」「dヒッツ powered by レコチョク 」「dアニメストア」「おすすめパック」の中に1つを新たに契約すると、dポイントを2017年7月利用分まで、毎月500ポイント進呈するキャンペーンも行っています。ぜひ学割を適用したら、こちらも契約してみて下さい。

 

2017年も家族の学割適用ができるのか

家族への学割適用は特に発表されておりません。

 

ドコモオンラインショップで購入するメリット

ドコモでは店頭で購入するより、オンラインショップを経由してスマホを契約した方がお得な場合が多々あります。特にお得になるパターンとして多いのが、『スマホ本体の割引キャンペーン』です。ドコモでは度々、スマホのお買い得セールを行っているので、このキャンペーンを利用してオンラインショップで契約する人が多いです

このように人気の端末もかなり安く購入することができるので、学割と合わせて契約すると、かなりの節約にもなります。スマホデビューするお子さんにはぜひおすすめしたいキャンペーンです。もちろん、学割を使わずに契約する成人の方でもこのキャンペーンは非常におすすめですので、人気端末がなくならないうちに必ずチェックしてくださいね。

 

最後に

以上が、2016年ドコモ学割情報のおさらいと、2017年の学割情報まとめでした。

2017年もドコモの学割は非常にお得となっています。iPhone7やXperia XZを狙って契約するのもいいですし、ドコモオンラインショップでセールとなっている人気端末を購入して契約するのも選択肢としてはアリだと思います。自分のスタイルに合ったスマホを選んで契約してください。

【学割モンスター】ソフトバンク学割2017まとめ!iPhone7の新規/MNPが狙い目か

2016.12.06

ワイモバイル学割2017「ヤング割」情報まとめ!家族割を適用し2年間月額1480円でワイモバイルを使いこなそう!

2016.12.28

【UQ学割】UQ mobileの2017年学割まとめ!ワイモバイルと比較するとどっちがお得だろうか

2017.01.26
スポンサーリンク

よく読まれている記事です

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪